« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月28日 (金)

ピアニストの指損傷と演奏

やっと午前中あいた。病院に行ける!
というわけで、外科皮膚科の病院に出かける。

質問攻めにしてしまった。
「真っ二つになった爪はどうなるのですか?」

 「自然に伸びます。」

「切れてしまった上のほうの爪は生きているんですか?」

 「生きてます。」

「え!では同時に成長したら、上が2重になるのではないですか?」

 「それがないんだなぁ。不思議なもので。」

必死に理解しようとしていたら、
爪ができる過程を絵をかいて説明してくださった。

Img_20181006_093450 記憶で再現pencil

爪は皮膚から成長するらしい。
ほぅ。
少しわかった。

「目下の心配は、上の爪が鍵盤にひっかかって外れるのでは…なのです。」

 「そんなに心配なら、セメダイン使えば?いずれ自然にはがれるよ。」

「えっ。セメダインって・・・あのくっつけるやつですか。」

絶句。

いまでこそ、こうしてブログを書けるけど
秋のコンサートシーズン、色んな本番の時々までに
自分の指がどうなるのかが恐怖だった。

(ちなみに、これ書いているのは10月6日)

楽器を演奏する人なら、指のけがには一番気を遣う。

と、思われがちだけど、実際には
ピアノの蓋の開け閉めはモチロン、
毎日ご飯も作るし、出勤時や旅でさまざまなものを持つ。
ましてや、授業となれば資料を運んだりさまざま。

今回、思わぬ形で指をスパンと切ってしまった時
とにかく、爪の成長についての具体的なデータが無くて困った。
「指の爪の伸びははやい」とか、「ゼロから生えてくる過程」
は、あるんだけど。

なので、少し記事にしておこうと思う。

キモチワルイと思う方は、この下は読まないように…

ケガから約1週間後の小指。
みせても差し支えないと思えるほどになったので
写真をとった。

Img_20180929_084302 上の爪にもピンクの部分。

切った当初は、ほぼ半分(より少し上)くらいの部分で真っ二つ
だったので、ずいぶん伸びたと言える。

今回のけがは、それこそ爪の存在のおかげで
神経が切れるほどの深さではなかったため、
割とはやく、身?はくっついた。

<ケガから2日目後リハ、3日後の本番>

全くと言っていいほど、小指は使えない。
よって、右は4本の運指を考え直す。
ちなみに、私の手の大きさは1オクターブがギリギリの手です。

~オクターブ奏法~
ピアニストならご存知の通り、手を広げた時の
親指と薬指の距離は、小指を使用する時とほぼ同じ。
よって、すべて親指と薬指で弾くことにした。
困ったことは、左右の平衡が崩れるので
跳躍の距離の感覚がいつもと違う事。
曲は、フォルティッシモで左右対称に
オクターブユニゾンの跳躍が音楽の大切な要素だったので
苦労した。

指によるオクターブレガートは不可能。
なぜなら、5→4→5→4…ができない。
作曲家の書いた音がお届けできないのはイカンのでその部分は、
左手部分を、譜めくりリスト(兼ピアニスト)に手伝ってもらい
右手部分を両手で弾くことにした。

~和音~
意外にも、楽曲において右手が5声ぶん弾くことは
少ないという事がわかった。

よって、七の和音系も含めてほぼ弾けたけれど
1オクターヴより広い、和音の跳躍だけは、
小指がどこかにぶつからないかの恐怖と戦う羽目になる。
が、どうにかなる。

~演奏後~
右手を、くの字型に手首を曲げる時間が長く
しかも、あまり普段使わない薬指を広げて使ったので
薬指の第2関節と第3関節の間の筋肉と、その下の部分
そして、上腕の総指伸筋の疲労が半端ない。

<指の固定>
演奏時は、小指全体を緩めに固定し、
ケガ部分に鍵盤があたる恐怖を和らげるため
すこし厚めに包帯をまく。
(爪部分は、医療用テープで固定してある。)

続く

2018年9月27日 (木)

やっと出版…

ぴぃーんぽーん。

昨日の朝早く、FedEx が我が家にやってきた。

本番も授業もある日で、

「なんだ!この忙しい時間に…annoy

と、来たものを放りなげて一日過ごしたけど。
待てよ?

 あ!

思い当たった。

Img_20180925_093746 よく見るとシコルスキ社

とうとう、我が家にやってきた。

Img_20180926_082903 開けてもまだ梱包。

丁寧な梱包の中に現れたるは、
デニソフの「ヴィオラ協奏曲」。
今回は、サクソフォン協奏曲としての出版。

いずれ、きちんとその過程を記したいが
ともかくは、とうとう!

出版されたらしい。

いやぁ、寝ても覚めても移動中も編曲していたのが
遠く昔のように思える。

Img_20180926_083625

クラスターの中から、音列の紐がほどけていき、
第4楽章でシューベルトのAs-dur(D935)の Impromptu が明確に姿を現す。
そして、それが天に昇華していくまでの道のり。

今となっては、幻のように思える。

Img_20180926_084054 背後は、マニュスクリプト。

サクソフォン協奏曲としてはモチロンだけど、
原曲のヴィオラ協奏曲としても、広く伝えていくべき作品。

私は、きっかけに携わらせていただいたに過ぎない。

末永く、受け継がれていきますように。

入手先はこちら↓

シートミュージック  (←シコルスキ社のサイトにリンクしています。)

もちろん、従来の紙の楽譜もあります。
ヴィオリストみなさま、是非!

2018年9月26日 (水)

9本指

爪ごと真っ二つで、
右手小指が使えない。

困ったな。フェルドのソナタは和音がいっぱい。

っと思ったけれど。
和声的な曲においても、片手で5音を担当するということはあまりない。
密集で書きすぎると、音の濁りが目立ちよい響きを得られないからだろう。

移動の新幹線で代替運指を考えながら、

「ひょっとしたら指9本で行けるかも。」

と希望的観測を抱いていた。

なんたって、おらの指は
祖母からの遺伝で、「節がしっかり」の結節型。

考えに考えて、殆どはシュミレーションできた。

しかし。
片手でオクターヴユニゾンのレガートには、限界が。
曲のなかで、数少ないエスプレッシーヴォの表現なのに、
どうしても、その表現が納得できない。と苦しんでいると、

デュオの相棒が心強い一言。

「めくりながら手伝う。何かできる?」

と。

おぉ!

とはいえ。
楽譜は、16分の17拍子→16分の14拍子→16分の12拍子
のようなオンパレード。

でも、石田センセなら問題ない。
結局、5か所だけ左手を手伝ってもらった。

(↑きっと、ずっと弾くより難しい。)

それにしても。

人間というのは、極限状態になると野性的な本能が発揮され、
しかも、恐ろしい集中力が働くものだ。

ソリストの荒木さんも、舞台の上での演奏が一番、
理性と本能のバランスが素晴い本番となった。

Img_20180926_193050 今日の仲間!

きっと、彼の優しい人柄にもよるだろう。
ありがとうござりました!

音楽はやはり、「信頼」。

そのことを、身をもって感じた一日。

それにしても、ステージスタッフの皆さんご迷惑をおかけしました…。
修羅場は続く。

2018年9月24日 (月)

たぶん十五夜

やっと帰った東京駅にて。

Img_20180924_183106

東京駅舎の横に、月がのぼった。
「今日は曇りでみえないはずなのに!」

どうやら十五夜らしい。

2018年9月23日 (日)

やっちまった

朝、出張に出る両親を関空へ・・・
じゃなかった、「りんくうタウン駅」へ車で送るcar

タンカー衝突の影響で、まだ
一部の方々をのぞいて、アクセスは公共機関のみ。

Img_20180923_071152 閉鎖中。

お昼は神戸でレッスン。
夏の弦楽合宿のDVDを見ながら、
自分たちの編曲が、どのように演奏されたか
次回12月の本番にむけて、細かくチェックしていく。
生徒さんたちが目指しているのは、作曲家ではないけれど
小さい子たちや初心者が、「弦楽に(音楽に)親しめるように」と
取り組む姿勢こそが、音楽で人を育てていくことにつながっている。

単に、管弦楽法的に楽器の仕組みを勉強するのではなく
それが、きちんと音楽本来の「人の心を動かしていく」
事に、直接つながっていくのだ。

そんな充実の時間が終わって、次なる地へ。

と。
改札に向かうのに階段を昇ろうと
キャリーバックの取っ手を縮めようとした瞬間。

 えっ!?

スパーん。
やってしまいました。

爪ごと右手小指をま横に。
真っ二つ。

旅専門の全日空製キャリーバックのどこに引っかかったんだか。
品を信頼していたし、まったくの想定外の事態。

いつも修羅場をくぐってきたので、

 ペロンチョ→止血→バンドエイド

すぐに、対処を冷静におこなったつもりでも、
さすがに指のケガは動揺していた。

ホームへのエレベータの前で、ボタンも押さず立ち尽くしていたらしい。

見知らぬおじいちゃまが、「あのぉー」っと
下へのボタンを押してくださって我に返った。

そのあとは。

近々の本番に備えて、万が一の計算。
うぅ~ん、あの曲を今から弾いてくれる人いるかなぁ。

それから、今日の滞在先の三島市の消防署に電話して、
日曜夜間の対応病院もきいた。

「どちらにお住まいの方ですか? 東京です。」
「どちらでけがをされましたか? 神戸です。」

今思えば、この三島市の消防署員さん、
よくお話を理解してくださったもんだ。すごい。
21時前に着いた休日夜間専用の三島メディカルセンターは
お子さん連れや、けがをされた方でけっこうにぎわっている。

外科は女医さんだった。

開口一番、訊いてしまった。

「明後日本番なんですけど、ピアノ弾いてもいいですか?」

と。

「きれいに二つに割れたねぇ。激痛走ると思うよ。それでもよければ。」

よっしゃ。良かった。
止められなかった。

というわけで、次なる作戦を考える。

2018年9月22日 (土)

被災地から被災地へ

のぞみ126号 広島→新大阪

昨夜は、お花ばぁちゃんの好物を伯母さまに作っていただきました。

Img_20180921_192142 コロダイの煮つけ

瀬戸内にはぷりんぷりんの白身がたくさん。
ありがとうございます。
伯母さん家は、原爆の爆風で傾いたものの
いまだにしっかりと立っている近所で3軒のうちのひとつなんだそうだ。

さて、熊取の復旧作業へ行く前に、マツダ病院へ。
別れ際、あんなにもうろうとしていたはずなのに。

 ギュっ

と握手をしてくれる。
そう、いつもバイバイするときの習慣。
とにかく、握力が強く

「ほれ、いってこい!」

と、いつも元気をもらうのだ。
なんだか、涙がでてきてしまった。
本当にしんどそうなので、無理してほしくないけれど
やっぱり、花ばぁちゃんはすごいのだ。

さて、優勝目前で盛り上がる広島

Img_20180922_105117 新幹線より。
見えますか?朝からこの賑わい!
開門時間にはまだまだながら、通路は真っ赤っか。

・・・を後にし、大阪へ。

午後は、再び実家の復旧作業を。

台風の日に焼け落ちてしまい、
前回はすべての電車が「通過」だった尾崎駅も・・・

Img_20180922_133034 それぞれのホームに直接ながら

改札が設けられていた。

前回から3週間。
ブルーシートが増えていた。このことは、
あれから被害がひどくなったのではなく、

「台風直後はブルーシートが不足していた」

という事実を物語っているのだろう。

泉南市から実家に向かう途中。

Img_20180922_134612

相変わらず、空飛ぶカラスのための道路標識な角度。
でも、信号はほぼ、本来あるべき方向を向いていた。

大阪名物、看板も骨組みだけが残る。
かろうじて文字があるものも

Img_20180922_134958 たなびいたまんま!

ちなみに前回のローソン

Img_20180922_175119_2

キチンとブルーシートに覆われていた。

本日の収穫。

前回行方不明だった通知表が、中学時代以外のものが
ガビガビながら発見された。

Img_20180922_171121 小学1年の時のもの。

途中で転校したので2枚。
不思議と両方の校歌を覚えているものだ。

とくに、西鳥取小学校のものは、校歌を
楽譜に書いてほしいと言われて在学中に書いた。

そしたら…

どうしても、字余りの拍が出てきて
小学生ながら悩んだのを思い出す。
2分の1拍子の小節を作ったんだっけなぁ。

9月も末となり、家の前も

Img_20180922_173330 稲がたわわに実る。

街中はこんなだけど、

Img_20180922_180714 本当は、「はまずし」

交差点の車線表示器も割れたまんま・・・

Img_20180922_200309 電球が見えとる

でも。

Img_20180922_180303

風にたなびいたまんまの道路標識が、
とっても、自由に見えた。

みみずも鳥も、みんなから見えるんだもの。
地球は、みんなのものだ。

2018年9月21日 (金)

表彰!

ANA671 羽田→広島

霧の中、8時25分無事到着!

Img_20180921_083035 広島空港

祖母が表彰されるときいていた日。
が、再び入院。

というわけで、お見舞いの日となりました。

マツダ病院の看護師さんは、とってもキビキビとして
かつ、とても明るい。
広島の女性はみんなたくましいなぁ。

午後には、病院に大きな風呂敷を運び
皆さんが喜んで見に来てくださったもの。

Img_20180921_190307
 国からの表彰

Img_20180921_190339  銀杯 

「ご利益がありますように…」と、スタッフの皆さんで触りました。
喜んでいただけて何よりです!

Img_20180921_190413

広島市からの表彰。実はこちらの方が大きい。

Img_20180921_145220

檜の香り高い時計をいただきました。

夕方に、はなばぁちゃんのすこし呼吸が落ち着いたので
耳元で読み上げ。

「どこに置こうかねぇ~」

と元気に。

よかった。誕生日は12月。
無理せず、おばぁちゃんらしく過ごせますように…。





2018年9月20日 (木)

ルーツの味

生協の注文用紙で、みつけた。

大阪発祥のお店による、自分のルーツの味。

Img_20180918_133502

期間限定「瀬戸内レモン」味のシュークリーム。
広島におけるレモン発祥の地「大崎下島の大長レモン」

とある。

いまや、ミカンよりはレモンで有名な島になった。

2018年9月18日 (火)

せんせい~!

朝8時過ぎから合わせをして、久々の母校へ。

懐かしの5-109。
木の椅子が・・・

Img_20180918_104213 とってもスッキリ。

しかし。座るまでがハテナ。

Img_20180918_105912

引っ張るだけだと、微妙な角度。
座ると、しっくりくる不思議な椅子。

しかし、落ち着きなく座るとツンノめる。
うたたねするなら、しっかりと深く座らねばならんという事か。

お昼、門をでると・・・

んんeyeglass

Img_20180918_120902_2 ・・・もしやっ!

せんせい!

Img_20180918_120921

なんと、澤先生でした!!!!!

何が始まるんでしょう。
この撮影現場を見てみたかった。

2018年9月12日 (水)

秋の味覚

お昼休みを取れる時は、よくお世話になる教員食堂。

いつもは「サバの塩焼き」のボタンが

Img_20180910_123220

「今日はさんま」。

いつも、玄米でいただきます。
時々、面白いメニューも。

Img_20180912_121227 何定食だっけか?

ビビンバ定食だったかな。
おかげで22時までもちます。

感謝。

2018年9月 9日 (日)

ひとつひとつ

昨夜、玄関の扉をあけたら、
洗面器にお椀にやボールにクッションなど…
ありとあらゆる水を受け止める道具たちとご対面だったが。

夜が明けると。

うちも棚田吹き上げの風の被害がひどいけれど

Img_20180909_064119

棚田元の集落も、瓦が乱れ数々のビニールシート。

青果市場近くでも…

Img_20180909_115849

屋根がない。

そんな状況は、このあたりでは当たり前。
街路樹だってこのとおり。

41328292_236728896998798_4663080988 それでも立つ樹木たち!

3つの市や町にまたがって、通った4件のローソン中…

41359005_554785134955833_8399580692  どこか不思議なローソン。

道の信号だって、あっちむいてホイ!のまま稼働し、
(それでも、点灯しないよりは良い)
道路標識は、空を飛ぶカラスのために有るようなもの。
風に吹き飛ばされた向きのままフリーズしていた。

41286195_1878460758902683_5061344_2

膨大なお片付けでボーゼンとしそうな状況にも拘わらず
同僚や同級生が手伝ってくださり、
ありがたい限り。

明日も朝から東京で授業をせねばならんので
弾丸帰郷の復旧作業でしたが、
人の温かさもしっかり感じられる1日でした。
感謝!

久々ののこぎり作業に、午後は中腰作業な一日。
こりゃ明日は筋肉痛だ。

そして・・・
ワタクシの若き頃の通信簿。
どこへ飛んで行ってしまったのか、行方不明typhoon

あぁ~えらいこっちゃ。

2018年9月 8日 (土)

故郷へ

のぞみ235号 東京→新大阪

まさか、こんなにすぐに故郷へ帰ることになろうとは…

台風21号で、地元南大阪の泉州地域は大変な被害。

停電が解消されないところもまだまだ有り、
SNSなどにも現状の報告がなかなか上がってこない。
更に北海道の震災も発生。

どうなっているのだろうか…

そんな状況で夕方、故郷関西に向かう。
軍手に雨がっぱにマスク、実家の雨漏りに備え色々と携えて。

関空の連絡橋が破壊されてしまい、さらにターミナル1が水没。
飛行機も使えないため、
今日は久々に新大阪経由。

関空からは車で25分ほどの我が家も、
新大阪からは、在来線、そして最寄り駅から
1時間に1本のバスを乗り継げば
2時間ほどかかる道のり。

っというわけで、今日は新大阪から…

Img_20180908_181636 関空連絡橋は不通

普段は関西空港行きの特急はるかに乗って先を急ぐ。

Img_20180908_182817 関空より2駅手前が終点

週末にもかかわらず、乗っている人はほとんどいない。
そりゃそうだ。
飛行機がほとんど復活していない。
窓から外を見るが、暗くてほとんど状況が読み取れない。

我が家は、臨時終点の日根野駅から10分ほどのところ。

夏には35度以上の猛暑日にもかかわらず、
自然の風で過ごせるような「風の通り道」な立地だ。

・・・色んなものが吹き飛んでしまった。

と、連絡を受けている。
どうなったんだろか。

夜、我が家に到着し、

ブルームーディーな部屋?は確認したけれど
他は、詳しくは夜が明けてから確認することに。

関西は、すでに秋モードの涼しさというのに
まだ、停電したままの地区も多い。

明日、夜が明けたらどんな世界がみえるんだろか。

2018年9月 7日 (金)

関空へのアクセス情報

災害が続きます。
北海道ゆかりの学生さんも多く…
ご家族やお仲間のみなさまのご無事をお祈りいたします。

私の故郷、南大阪の泉州地域も
すさまじい台風の爪あとで、エライことになっております。

が。そんな中…

なんと、空港への連絡橋の運行を今朝から開始とのこと。
(ただし、これまでの緊急車両に加え、リムジンバスなどのみ)

しかも、その応急処置がすごい。

Kanku0906_2

報道で多く流れた、タンカーが衝突したところまでは、
そのまま道路を使い、対面交通の部分は一部にとどめた。

いったいどんなバイパス手術をしたのだろうか。すごいなぁ。

なお、関空へのアクセスは以下の通り。

関西空港HP

空港へのバスや船について

ちなみに、「りんくうタウン~関空」への時刻表は

Kankuaccess 9月8日のダイヤ

私も明日の夜、熊取に向かいます。

つい先ほど停電が解消されたという友人も。
あまり報道されませんが、南大阪も停電が続いております。

あと、ブルーシートが足りていないという情報もあります。

2018年9月 4日 (火)

えらいことに・・・

見覚えのあるところが、
見覚えのないところと思いたくなるほど
信じられない光景が報道されております。

Saidai

熊取も風速51.2m/s って、なんだ!!!?

みなさんご心配ありがとうございます。
とりあえず、人間の無事は確認されました。

それにしても、トラックや電柱、信号など
そこいらじゅうに倒れているという状況で…

停電。

色んなものが吹き飛んでいるらしいので
復旧作業にいくべく、算段中。

関空が水没しているし、どうなるかワカリマセンが
必要なものなど、お役に立てそうなものがあれば
ご連絡くださいませ。

電力消費が心配で、こちらからは連絡を控えております。

2018年9月 2日 (日)

おたまじゃくし!

今日は、「Têtard の会」!

Otamajakusi  Allen殿の絵
ピアノは不思議の玉手箱!?

コンサートのオープニングも、
5歳児Allenどの作曲「カエルの階段」。

発表会だけど、普通の発表会ではない。
幼稚園児からおじいちゃまおばぁちゃままで、
「やりたいことをやりきる」
発表会。

いんやぁ、楽しかった。
ピアノはもちろん、ヴァイオリンもチェロも
合唱も、自作も、語りも、パーカッションも。

みんな入り乱れて、そして。
それぞれに緊張もし、そして楽しむ。

世代も立場も越えて、みんなが集う会。

そう、テタールとはおたまじゃくしだもの。
カエルになるまでをみんなで観察しようじゃありませんか。

あ、プログラム最後はオヤビン・島貫カエルどの。
「親愛の言葉」

まさに今日参加してくださった皆さんに送る言葉でした。
また、次の機会を楽しみにしています!





2018年9月 1日 (土)

昔ながらの風景

明日の音楽会に向けて合わせをしに行った先にて。

Img_20180901_125048 なつかしい…

道路にチョーク。
いいなぁ。

小さいころは道路で遊んでいたけれど
(車がめったに来ないところだからこそ)
お江戸でも、こんな風景が見られるとは…

昭和だ。

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

コンサートのご案内

  • <第45回 つくしコンサート>

    ~第45回つくしコンサート~
     6月9日静岡県御前崎

  • <フォルテピアノとモダンピアノ>

    ~フォルテピアノとモダンピアノ~
     5月12日(土)富山県砺波市

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ