« 被災地から被災地へ | トップページ | たぶん十五夜 »

2018年9月23日 (日)

やっちまった

朝、出張に出る両親を関空へ・・・
じゃなかった、「りんくうタウン駅」へ車で送るcar

タンカー衝突の影響で、まだ
一部の方々をのぞいて、アクセスは公共機関のみ。

Img_20180923_071152 閉鎖中。

お昼は神戸でレッスン。
夏の弦楽合宿のDVDを見ながら、
自分たちの編曲が、どのように演奏されたか
次回12月の本番にむけて、細かくチェックしていく。
生徒さんたちが目指しているのは、作曲家ではないけれど
小さい子たちや初心者が、「弦楽に(音楽に)親しめるように」と
取り組む姿勢こそが、音楽で人を育てていくことにつながっている。

単に、管弦楽法的に楽器の仕組みを勉強するのではなく
それが、きちんと音楽本来の「人の心を動かしていく」
事に、直接つながっていくのだ。

そんな充実の時間が終わって、次なる地へ。

と。
改札に向かうのに階段を昇ろうと
キャリーバックの取っ手を縮めようとした瞬間。

 えっ!?

スパーん。
やってしまいました。

爪ごと右手小指をま横に。
真っ二つ。

旅専門の全日空製キャリーバックのどこに引っかかったんだか。
品を信頼していたし、まったくの想定外の事態。

いつも修羅場をくぐってきたので、

 ペロンチョ→止血→バンドエイド

すぐに、対処を冷静におこなったつもりでも、
さすがに指のケガは動揺していた。

ホームへのエレベータの前で、ボタンも押さず立ち尽くしていたらしい。

見知らぬおじいちゃまが、「あのぉー」っと
下へのボタンを押してくださって我に返った。

そのあとは。

近々の本番に備えて、万が一の計算。
うぅ~ん、あの曲を今から弾いてくれる人いるかなぁ。

それから、今日の滞在先の三島市の消防署に電話して、
日曜夜間の対応病院もきいた。

「どちらにお住まいの方ですか? 東京です。」
「どちらでけがをされましたか? 神戸です。」

今思えば、この三島市の消防署員さん、
よくお話を理解してくださったもんだ。すごい。
21時前に着いた休日夜間専用の三島メディカルセンターは
お子さん連れや、けがをされた方でけっこうにぎわっている。

外科は女医さんだった。

開口一番、訊いてしまった。

「明後日本番なんですけど、ピアノ弾いてもいいですか?」

と。

「きれいに二つに割れたねぇ。激痛走ると思うよ。それでもよければ。」

よっしゃ。良かった。
止められなかった。

というわけで、次なる作戦を考える。

« 被災地から被災地へ | トップページ | たぶん十五夜 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 被災地から被災地へ | トップページ | たぶん十五夜 »

コンサートのご案内

  • <第45回 つくしコンサート>

    ~第45回つくしコンサート~
     6月9日静岡県御前崎

  • <フォルテピアノとモダンピアノ>

    ~フォルテピアノとモダンピアノ~
     5月12日(土)富山県砺波市

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ