« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月30日 (金)

羽後町2019結団式!?

今年も、羽後町で羽後中のみなさんと
コンサートをさせていただくことになりました。

夏から少しずつ進めていた準備も、いよいよ本決めの時。
夜20時前、それぞれのお仕事を終えて
上野に大集合。

テノール竹ちゃんマンが鳥のおいしいお店を予約済み。
なんたって世の中は花金。さらに何とかフライデーだ。

Doron どろん!(涙が・・・)

ケムケムにもめげず、更にコーヒー屋さんに場所を移し
お話合いは続く。

あっという間に、23時となりました。

Img_20181130_225521 怪しい仲間たち?

今年は、羽後中さんが夏にノートルダムの鐘を演奏されたこともあり
主に、ミュージカル作品を。
そして、もう半分はオペラや日本歌曲のスタンダード、
そしてそして、我々デュオ。

というプログラムになりました。
また、次世代のみなさんと演奏できることが楽しみ。
そしてなんといっても、心温かな羽後町の皆さんに会えるのが
楽しみなメンバー一同でありました。

さてと。

編曲作業が大変だ・・・

2018年11月29日 (木)

ご案内

今週末は、かつて
授業や実技でともに過ごした方々企画のコンサートです。

12月1日(土曜日) 14h30 開演 雑司ヶ谷音楽堂

<コントラバス発表会 2018>

Img_20181130_093714

学生さんのころから、お母ちゃんの温かさと
チャレンジ精神にあふれた江川さん。
そんな彼女の元に、集まるコントラバシストたちの発表会デス。
生徒さんたちの成長が毎年楽しみな会でもあります。
コンサート後のお話もとても楽しみ!

12月2日(日曜日) 19h開演 サルビアホール

<SAXOPHONE RECITAL>

Kishisan_2

とっても凝り性で堅実。
はじめての合わせの事もよく覚えています。
そんな気配り細やかな、岸さん企画のコンサート。
彼女の音楽人生に関わってこられた皆さんとのコラボも多彩。
途中は、映像も交えての演奏も!(楽譜見えるかなぁ…)
合わせで初めて出会う方々もいらっしゃいましたが
みなさん、岸さんのお友だちならではの温かさに満ちています。


卒業されてからも、意欲的に活動されていることに
またこうしてご一緒できることををとてもうれしく思います。

よろしければ是非!

2018年11月25日 (日)

第54回!

第54回を迎えるコンサート。

Img_20181127_144436

長年!にわたって、芸術に造詣が深いみなさまによって
行われてきました。

今回も、声楽・ヴァイオリン・チェロ・フルート・・・
室内楽も多彩!

そんな仲間に、同級生の島貫カエル殿と共に
ゲストとして、お声がけいただきました。

普段は専門職の方々が多いので
いつも終演後のお話が楽しい。前回は、

「カーボンの弓」

について、大議論が巻き起こりました。
今回は・・・

伊福部昭さんの作品について。
私にとっては、管弦楽法の分厚い本で神さまのような存在です。
「リトミカ・オスティナータ」
をお勧めいただきました。

ありがとうございます!

帰り道。

Img_20181125_185616 パンダだらけ!

楽しい楽しい一日デシタ。

2018年11月24日 (土)

小さなコンサート

今日はプライベートな「小さなコンサート」。

フランセの「ルノアールによる15の子供の肖像」に始まり、
オペラの名曲や、童謡、日本歌曲…などなど。

多彩なプログラム。

46521811_2067071580257495_5603544_2

久々に、やぎさんゆうびんにも出会った。

「しろやぎさんさんから おてがみ ついた・・・・」

大好きな歌。
降り番で聴きながら、ついつい歌ってしまう。

去年に続いて、かつてお世話になっていた方々に届ける音楽。

Img_20181124_221515_2

なごやかな日。

2018年11月21日 (水)

冬仕様?

大学芝生テラスの働き者。

Img_20181121_091819

こっ…これは、クリスマス仕様!?
大変な季節がやってきました。

2018年11月18日 (日)

集合!

昨夜のうちに広島へ。
祖母のそばで、一晩中伯父からたくさんのお話をききました。

手作りマヨネーズを作るときの話。
島育ちなので、野球のファールボールを拾うために
常に船で待機している人がいたこと。
(祖母は熱烈カープ女子!)
銀杏をひろってお小遣いをもらっていたこと。
玄関先のブドウを収穫して、足で踏んでワインを作っていた事…

などなど。祖母にまつわる話は次から次へと。

そして、今日はお見送りの日。

さすが、祖母花代どのの末裔たち。
にぎやかなことすごいったら、ビックリ!

昨夜も親戚一同大集合の大盛り上がりで、
あっという間に、いとこ会も結成されたそうだ。

Itokokai_2 強力いとこ会!?

30年以上ぶりのいとこもいるけれど、
公園でみんなで遊んだことや、団地探検など
あっという間にいろんな事を思い出して大盛り上がり。

いとこの中では、最年少の兄弟だった私たちは、
みなさんに、よく遊んでいただきました。

祖母のおかげで、たっくさんの思い出があることに
気づかされます。すごいなぁ・・・

それにしても、にぎやかな一日。
きっと祖母もお空で笑っているだろうなぁ。

Hanachan ルーツ表

花ちゃんの末裔であることに感謝。
ご先祖様に感謝。

2018年11月17日 (土)

色鮮やかなフランスの作曲家たち

須磨でのコンサートは1年ぶり。
今日も、美しい夕日とともに夜が訪れました。

Img_20181127_144536

ヴァイオリンの後藤さん、チェロの聖子ちゃん

そして、ピアノ・デュオという不思議な組み合わせのコンサート。

後藤さんと多紀乃さんは昔福岡でリサイタルをされたことがあり、
聖子ちゃんとワタクシは、藝大時代の同級生。

というわけで、プログラムが多彩なことに…

ラヴェルのヴァイオリン・ソナタ
ドビュッシーのチェロ・ソナタ
フォーレのピアノ・トリオ、組曲「ドリー」

は、王道として…

シャブリエ サティ オネゲル ミヨー プーランク

普段の演奏会どころか、
演奏家でもめったに採りあげそう…にない曲特集。

かなり、頭を使いました!?

Suma3_2

このメンバーだからこそ!のコンサート。
ご一緒させていただいたみなさま、ありがとうございました!

関空その後

朝、関空へ。
台風で連絡橋が破損してから、はじめて
車で橋を渡る。

半分くらい過ぎたころ…

Img_20181117_083626

左へ寄れとの指示

Img_20181117_083646

その後・・・ いつの間にやら反対側車線のシェア部分に移動。

Img_20181117_083733 左は工事車両用入り口

関空の敷地に入ってからがややこしい。
破損個所工事で行きの車線が使えず、
帰り道として使用していた車線を走行したため
逆走状態になるのだ。
よって、従来の入り口ゲートへの道は、
「空港内の道路をぐるっと逆走」
となる。

Img_20181117_083946 逆走中。

道路標識も反対だし、いままで見慣れた道路を
反対向きに走るのは、けっこう気持ちわるい。
おかげで、ゲートをくぐってからの普通の道を間違えてしまった。

Img_20181117_084942 再び陸へもどる道

夏の台風の影響は、まだまだ南大阪では色濃い。
焼失した尾崎駅のその後。

Img_20181117_131212_4 缶詰バーが有った付近。

屋根はすっかり取れて、青空が見えていた。

Img_20181117_131219
地元のタクシーの運転手さん曰く、
かなり時間がかかるそうだ。

ブルーシートのままの家もたくさん。
これから冬がやってくる・・・

2018年11月16日 (金)

天界へ

本日の夕方、祖母が天界に旅立ちました。

伯父の言葉によると、
いつ旅立ったかわからないほど、自然に

だったそうです。

昨夜から一晩、ずっと一緒に居ましたが、
手をにぎるとしっかり握りかえしてくれました。
それが、いつもバイバイする時の習慣。

いつもと変わらぬ力強さでした。

「枯れ木が枯れるように寿命までめんどうをみてください。」
という言葉どおりの旅立ち。

今頃きっと。
体という殻から自由になって、
ずっと会うのを楽しみにしていたお友達やご先祖さまと
花ちゃん節を炸裂させているに違いない。

なぜか、幸せそうな祖母の姿が浮かびます。
たくさんの楽しい日々をありがとう!

これからも天界から見守ってくださいますように。

Hanachan 故郷へ向かう船にて

2018年11月15日 (木)

神戸へ

授業後、今週は関西へ向かう。
神戸での毎月の授業と、須磨でのコンサート。

Img_20181115_153715 今日の富士山

今日の作曲の楽しみは…
急きょ編成の変わった魔笛の編曲。
ホルンが1本しかいないので、とても頭を使う。
しかし、既にベテランのワカモノの手にかかると
意見がどんどん出てくる。
あっという間に仕上げて、パート譜まで書いてしまった。

実は夕方に、花ばぁちゃんの具合が良くないと連絡があり、
21時過ぎ、新幹線に乗り広島へ向かう。

夏から何度も奇跡を起こしてきた花ばぁちゃん。
頑張りすぎなくてもいいからね。
っと思ってきたけれど、やっぱり会いたい。

神戸から広島は1時間と少し。
病院に着いてしばらくすると、目を開けてくれた。
散髪したばかりだそうで、キューピーさんのような髪型。
思わず笑みがこぼれる。
いい夢みてるかなぁ。

2018年11月11日 (日)

松山空港から

松山空港といえば!

伝説の、蛇口からミカンジュース。

Img_20181111_104628-2

ありました。
みきゃんは東京でも人気者。

そしてサルは、最後の飲み納め。

Img_20181111_111658えへへ。

離陸。風の影響で昨日来た道の上空をとおる。

Img_20181111_120839
山に囲まれた細い道。
よく、開拓したもんだなぁ。

久々の休暇もこれでおしまい。
東京に帰ると、近所の豊洲市場がにぎやかだった。

Img_20181111_144744

開場からひと月ほど。どうなっているのだろうか。

2018年11月10日 (土)

四万十川沿いを

今日は西へ向かう予定。

その前にせっかく高知へ来たのだから…
海へ。

Img_20181110_112951名物のアイスクリンとともに。

広い広い太平洋。
とても深く吸い込まれそうだ。
午後は四万十へ向かう。
途中寄った道の駅では・・・

豪快!Img_20181110_144755-3

カツオのたたきを焼いていらした。すごい。
四万十川沿いに北西方向へ。

Img_5881
佐田沈下橋

水量が多くなったら流れる仕組みの橋だ。
日が傾くにつれて、とても微妙な色具合。

Img_20181110_164941

と。
んん!?

Img_20181110_171105 勝間沈下橋

よく見ると、本当に沈下してしまった橋があった。
というわけで、再建を応援するTシャツを購入。

Img_20181116_230932

夜。
無事、今日の宿泊地の松山に到着。

Img_20181110_193456

久々の道後温泉。いつぞや、建物ので堪能したなぁ。
それにしても、高知から宇和島までの道は…

すさまじく狭かった!!

緊張したぁ。

2018年11月 9日 (金)

自然とともに

答えは・・・

Img_20181109_111102

高知。

今日は、ゆっくりと過ごそうと決めた場所へ。

Img_20181109_120553

珍しいキノコ?

Kiiretuchitorimochiキイレツチトリモチ

薬草エリア

Img_20181109_123040

温室入り口

Img_20181109_132750_2 空が丸い

高知県立牧野植物園。
「原色牧野植物図鑑」は、誰しも見覚えがあるだろう。
その牧野博士の業績と意思を表現した施設。

とても心が落ち着く。

夕暮れ時。
行きたかった村へチョイと。

Img_20181109_165216 ゆずの香りがいっぱい!

山の斜面の石垣に、めいっぱいの柚子。
夕暮れ時の村には、人影もなく
静かなものだ。

すっかり日も暮れて高知市への帰路。

Img_20181109_181827

ん!風流な名前の地域だ。

素敵な誕生日休暇となった。

2018年11月 8日 (木)

久々の地へ

ANA567

授業後、羽田から空を飛ぶ。

Img_20181108_161850 頭を雲の上に出し…

いつも乗る関西便とは違う航路だ。

Img_20181108_162732

着いたところは・・・

Kochiryoma 小さな空港

市内に向かって運転していると・・・

Img_20181109_185508  ごめん!

という路面電車が走る。

さぁて、どこでしょ。

2018年11月 7日 (水)

ある日の

今週の教員食堂の日替わり定食メニューに、
なんと。

Img_20181105_122222 松茸ごはん

が登場。

いつもは玄米ですが、おいしくいただきました。
ありがたやぁ~

2018年11月 6日 (火)

どどんっ

午前中、来月のコンサートのホールリハ。

午後は、半年に1度の調律の日。
急いで帰って、家に居ると…

 ぴぃ~んぽ~ん

宅急便のお兄さんが、しずしずとやってきました。

↓運んでくださったもの。

Img_20181106_154702 この向きです。

観音開きをあけると、たくさんの宝物が!
いつもありがとうございます。

大切に、いただきます。

2018年11月 5日 (月)

たっぷり

長野では、いつも直売所に寄る。

Img_20181104_222544

一株のセロリを少し分けていただき、
さらに根つきのパクチー。

ほかにも、レタスにきのこにカブなどなど。

しばらくお野菜三昧。

2018年11月 4日 (日)

落葉松 標高1500メートル。

Img_20181104_125751

山をおりていくと・・・
春には桜を楽しませてくれるみち。

Img_20181104_131654

長野はすっかり秋の様相。

Img_20181104_141854
お寺のさんの木々も紅葉。
天に向かって手を合わせる。

帰りに通った長野駅。
Img_20181104_160834

いつの間にやら改装が終わって、きれいになっていた。
さ、200キロ運転して帰るべ。

2018年11月 3日 (土)

ちょっと早めの

1500メートルから・・・

Img_20181104_131017

紅葉前線を逆走し、長野芸術館へ。

今日はちょっと早めのクリスマスコンサート

Program

リサイタルホールは音の余韻が美しく、
絵が描けそうだ。

いよいよ本番。
今年も、長年ご縁をいただいている皆さんと
舞台をご一緒させていただき、幸せな時間。

Img_20181103_160119 ←おサル合奏団?

小さな子供たちの音楽にも、みんなの笑顔がこぼれる。
いいなぁ・・・

後半には、ゲスト演奏としてサルのカイヌシ石田センセとともに、
・ラヴェル 「スペイン狂詩曲」
・サン=サーンス 「動物の謝肉祭」より抜粋

を。

特に、動物の謝肉祭は詩の朗読をまじえ、
更に若きヴァイオリニストにもご協力をいただいた。
(ありがとうございます!)

みんなで作る舞台。
芸術の役割をしっかりと感じる充実の一日。

ありがとうございました。

2018年11月 2日 (金)

大自然の中で

夜が明けたら。

Img_20181102_082532

夜明けとともに日が当たるところからとけていく。

Img_5788

お散歩。

Img_20181102_101640   浅間山も元気

北アルプス

Img_20181102_104347 市内の向こうは尾根

なんとまぁ。

明日に向けて、合わせの一日。
夜には、弦楽合奏の合わせ。

ピアノで、足りない第2ヴァイオリンとヴィオラを
フォローする予定だった。

が!

Img_5797

指揮になった。

更に!

Img_5807_2

ヴィオラパートを、ヴァイオリンで弾くことになった。
出ない音域は歌う。
弾けない音も、歌う。

「開放弦だけ弾く隊」 はアクロバット。
裏拍だらけだ!

更に、遅くまで

「楽譜がないけど頭には音が鳴るピアノ・トリオ+聖歌隊」

の合わせも続く…

さて、明日はどうなる!?

2018年11月 1日 (木)

空に

合わせを終えて、長野へ。
22時頃、1600メートルに到着したら…

 一面の星空。

ここはどこだ?
そういえば、安中榛名付近でおおきな流れ星もみたなぁ。

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo

コンサートのご案内

  • ピアノ・デュオ・リサイタル

    ~石田多紀乃・原田愛~
    3月15日16日サロン・テッセラ

  • マグノリア・サロンコンサート

    ~石田聖子(Vc) 原田愛(PF)~
    7月31日(水)マグノリアホール 

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ