« 冬至に | トップページ | もしや »

2018年12月23日 (日)

向き合う

雨どいが壊れていて雨の音が大きい気がする。
それとも、マンション生活が長くて雨の音が久々だからかな…

どうしても毎朝5時前に起きてしまう習慣だったが
今日はなんと!起きたら6時45分。

だんだん冬至になじんだ体になってきたらしい。

というわけで、朝から26日本番用に
バッハのクリスマス・オラトリオの譜読み。
いつものオルガン通奏低音に加えて、どうやら
3番トランペットやフルートも弾かねば(注:吹かねば、ではない)
ならないらしい。

スコアで弾くと譜めくりが間に合わないので工夫の作業を。

20181223102710_p

続いて、「ジャック・イベールへのオマージュ」の譜読み。
楽譜をいただいた日に、移動中楽譜を読んでいたら、
イベールのコンチェルティーノにそっくりでニマニマしていたものの
いざ弾き始めると、頭がおかしくなりそうな音並びで苦戦。

楽しんで弾けるのはいつだろうか。

お昼。
気晴らしに、砂肝を
青森で入手したB1グランプリのタレで炒める。
お供の野菜は…

20181223123116_p_2 月桂冠!

ならぬターツァイ。
これで100円!

午後も、譜読みを続ける。
リヴィエのフルートのためのソナチネに
フランセのクラリネットの作品。
そして、ボノー作曲の苦手な悪魔のフーガに四苦八苦。
どうして対唱が途中から居なくなるのだ?と、
理論部所属!?ならではのわだかまりに向き合う。

でも。
やはり勉強は楽しいものだ。
さらっていると、合わせがとても楽しみになる。

あっという間に夕方。
お隣の市、貝塚のカフェへ。
祖母が天界に旅立ったことをご報告にとずっと思っていた。

「よく来てくださいました。」と
迎えてくださるオーナーご夫妻にお会いできて

とっても心が和みました。

20181223160323_p

香り高いコーヒーとケーキとともに
祖母の故郷、広島大崎下島時代の昔話も
たくさん聞けて幸せな時間。

人の出会いは本当に不思議であり、必然なのだと
改めて思う。

« 冬至に | トップページ | もしや »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

熊取ライフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬至に | トップページ | もしや »

コンサートのご案内

  •   <ピアノ・デュオ・リサイタル>

     ~石田多紀乃・原田愛~
       3月15日16日サロン・テッセラ

  • <古曽志洋子と仲間たち>

    ~古曽志洋子と仲間たち
     1月6日(日)兵庫県神戸市

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ