« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月28日 (木)

若者たちと

今朝は神戸で作曲のレッスン。
バッハの平均律の分析に始まり、和声まで。
率直な意見が聴けるのがとても楽しい時間。

そして、午後は…

和歌山の観音山フルーツガーデンへ。
12月のビックリなご縁から、
「関西の音楽家を紹介して!」というミッションを
実現しに。

12月のイチゴパフェもびっくりしたけれど、
出てくる出てくるすごいパフェ!

Img_20190228_155441 フルーツパフェ

季節限定パイ・パフェImg_20190228_160214

そしておサルは…

Img_20190228_160937_2 みかんパフェ!

食べ進めていくと…
しっかり中まで、みかんがたっぷりでびっくりでした。

営業が終了してから、音出しもさせていただきました。

Dsc_0866 選果場2階にて

実家の裏山のむこうで、こんな素敵な機会が訪れようとは・・・

今後が、とても楽しみです!

2019年2月27日 (水)

地球は回る、目も回る。

とにかく分析の日々。
合わせの前にすることがたくさんだ。

形式、フレーズとその比率、強弱の配分、

原典版でも、時代によって違うためその意味の検証も。
ようやく音出しをはじめても、まずは手の動きや運指から。
運指を決めるという事は、解釈の意思を決定することにもつながっていく。
飛ぶように一日が過ぎる。

そんな中でも楽しみもしっかり !?
今日は、朝から恒例の干し芋づくり。
大きなサツマイモをゆでて、皮をむき、薄切りに。

Hosiimo

干し網にならべて、瀬戸内の乾いた空気にさらす。

窓から見える夕日も楽しみの一つだ。

まだデュオを組んで間もないころ、

「見て見て!太陽が動いてるよ!」

と叫んだら、隣で冷静に、

「地球が回っているんです。」

と言われたっけ。
こんな、性格の真反対のデュオの合わせは延々続く。

実は、本当にきれいなのは太陽が沈んでから。
(あ、地球がもう少し回ってから!?)

ここは、性格真反対デュオでも一致する点。

2019年2月26日 (火)

スコアからデュオ譜へ

今年の2日目のプログラムで取り上げる「動物の謝肉祭」。

秋に、長野で数曲演奏したが中にはスコアのままで演奏していた曲も。

Img_20190226_191629 左からスコア、出版連弾譜、自前編曲譜

有名な曲だけに、様々な編曲が出ているが、
連弾譜には、さまざまな妥協がされたものが多い。
音響効果(倍音コントロールなど)で足された音なのか否かを判断しつつ
厚みとして必要な音は、物理的な問題と向き合いながら
編曲作業を進める。
それも、今回は信頼する相棒と演奏できるからこそ
実音として弾くか、倍音として弾くかも共に相談できる。
・・・という前提で進めている。

ちなみに、今日の編曲は白鳥。
唯一、サン=サーンス自身の生前に発表を許されたこの曲だ。
チェロとピアノでの演奏も定番となっている。

何度も演奏してきたからこそ、なおスコアから原曲らしさを拾いたい。
ピアノ2台で弾くならば楽だけど…

どんな場所でも、ピアノ1台が有ればオーケストラ曲を運べる。
あえて「ピアノ1台で」に、こだわる我々だからこそ
安易な妥協なく、原曲の響きににこだわる。
手の配置はどこまで許されるか、音響効果はどうか・・・
などなど。

やっと書き終わって、弾いてみて。

O.K.がでた!

ほぉ

そんな作業をしつつ西方向に振り返ると…

Img_20190226_173935

美しい夕日。
今日は、瀬戸内には珍しく快晴。

2019年2月25日 (月)

関西へ

本番を終えて一度家に帰り、6日分の荷物を。
今夜から、関西だ。

3時間後には・・・

Img_20190225_214737

関西空港へ着陸。
22時すぎにもかかわらず、たくさんの人が。
9月の台風以来、何かといわれているが
本来の賑わいをもどしつつあるようだ。

関西空港の隣の駅、りんくうタウン。

Img_20190225_221341 実家は日根野と熊取の間。

こういうご時世なので、さまざまな原語で案内が。
その中で興味をひいたのが・・・

Img_20190225_221445 中国語?

タウンは城になるのかぁ。
なんだかかっこいいなぁ。

実家についてからは、すぐに編曲作業を。
明日から合わせを始めるので、準備に必死だ。
編曲作業は、作曲家の心に近づくのと同じで
実はとても楽しい。


2019年2月15日 (金)

藝大ミニコンサート with 羽後中学校2019

さぁ!
いよいよこの日がやってきました。

着々とリハーサルを進め、舞台を仕上げて行きます。

(↓↓字幕オンにすると、多少の解説が出ます)



(オペラ歌手と一緒に歌わせていただくのも、これが最初で最後だ!
ということで、恥をしのんで公開。サルは昔から音痴。)

午後16時半ごろ羽後中の皆さんもご到着。

そう。今日は平日。
授業後、お疲れのところ本当にありがとうございます。

とはいえ本番は、18時開演。
というわけで、すごい勢いでリハをこなす

最も心配だったMambo!!


先生方のご協力のおかげで、ここまで来ました!
特に顧問の佐々木先生、副顧問の先生には
とてつもないご尽力をいただき…心より感謝申し上げます。

そして本番。
本日のプログラム。

第1部

滝廉太郎 : 花

滝廉太郎 : 荒城の月

間宮芳生 : 連弾組曲「地球はともだち」より

ウガンダのうたによる「おやゆびピアノ」


トスティ : かわいい口もと

カルディッロ : カタリ・カタリ

ブラームス : 子守唄

R.シュトラウス : 献呈

バーンスタイン : 「キャンディード」序曲

 

第2部

バーンスタイン : 「ウェスト・サイド・ストーリー」

♪ ハイライツ・フロム・ウェスト・サイド・ストーリー
羽後中学校吹奏楽部

♪ マンボ!~羽後町スペシャル~

羽後中学校吹奏楽部 with 仲間たち

♪ マリア
♪トゥナイト

♪アイ・フィール・プリティ
♪スケルツォ~サムウェア

マリア:江口順子 トニー:竹内俊介


<オーケストラ>

小野崎真緒(フルート) 齋藤千沙希(クラリネット)

三輪ののか(アルト・サクソフォン)

竹本流衣(トランペット)阿部大樹(テューバ)

石田多紀乃 原田愛 ピアノ・デュオ

Special Thanks

吹奏楽指導:佐々木亜由美

総合プロデューサー:今野隆・下橋俊幸


雪で大変な季節の中、たくさんのお客様にご来場いただきました。

52896857_2329423350627687_690923052

本当にありがたい事です。
長年、ずっと応援してくださるみなさま。
そして、昔羽後町に住んでいらした方々
遠くから、ありがとうございます。

なんといっても、保護者の皆さん、そして
学校の先生方のご協力なくして、このコンサートの実現は
ありませんでした。
いろんな立場の色んな世代のみなさんが集う場所となって
本当に幸せな時間でした。

終演後。

Img_20190215_195510 みんなでハートの輪!

今年も!素敵な仲間たち。
去年ご一緒した受験生の方々にも会えて、嬉しい限り!
また、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

そして、最後になりましたが・・

Img_20190215_175140 ミニチュア・オペラ隊!

絶大な信頼!をおくメンバー。
このメンバーだからこそ、不可能と思われることもなぜだか
「きっとできる。」
という確信をもって前を向くことができました。

ありがとうござりました!

2019年2月14日 (木)

羽後町へ!

明け方は良い天気だったけど…
今日も雪。

Img_20190214_113108 在来線のホーム

たくさんの方々が雪かきをされている。
すごいなぁ。

そんな中正午前、湯沢駅に到着!

さっそくメンバー全員の希望で、道の駅「端縫いの郷」へ。
真冬の寒さにもかかわらず、名物冷がけ蕎麦をいただき、
夏以来のうごじぇらを堪能。

Img_20190214_124143 ヴァレンタイン仕様!

全種類をメンバー4人で食べるのが、夏からのお約束!
冷がけも地元の食材を生かしたジェラートも堪能。

そして14時頃、さっそく明日のコンサート会場の西馬音内盆踊り会館へ。
日本三大盆踊りの西馬音内盆踊りの伝承殿堂だ。

17時頃からは、羽後中のみなさんとリハーサル。
今回のプログラムの中で心配だったのは、
「ウェスト・サイド・ストーリー」。
オペラ歌手との絡みは、テンポ変化も激しく
どれだけ、リアルタイムに絡めるかは、
どれだけ信頼関係を築けるかにもかかっている。

んだらばよ…

我々も挑戦をしたい。
というわけで、思い切って「Mambo!」を
羽後町ならでは仕様にしてみたい。

というわけで!

羽後中学校からご要請をいただいていたパーカッションパートの援助を
西馬音内盆踊りの楽器で参加させていただくことに。
伝統楽器に触れさせていただいてよいのか、迷いながらオファーをすると
快いお返事が!

「どうぞ!」

とすぐに持ってきていただいた。
さすが、盆踊り会館!

Img_20190214_163628 大太鼓と小太鼓

そして、カウベルパートには鉦を。

Img_20190214_133153 ←竹内君必死!

持ち方や扱いのご指導は、羽後町観光物産協会の下橋さま。
というわけで、3時間後にせまったコラボリハの前にハードな練習開始!?


しかし。専門職は歌とピアノの二人。
でも、貴重な楽器に触らせていただき、感動のひと時でした。

他にも、アイデアが出る出る。
バルコニーシーン?あら、バルコニーがあるじゃないの。
さすが盆踊り会館!

っというわけで・・・

Img_20190214_150451 バルコニーの歌おふたり

しかも、ライティングワークが素晴らしくて
あっというまに、ムードが出来上がっていく。
さすが、伝統芸術をもつ羽後町だからこその感受性。

17時からは、羽後中学校の皆さんもいらしてくださり
リハーサル。
昨日新幹線の車中で色々シュミレーションしたことも、はるかに予想を超え、
まさに耳で聴き心で感じ、音楽を構築してゆく時間。

 必死!

舞台に立つからには、しっかりと作り上げなければならない。
でも、とっても楽しかった。

こうして、次の世代と一つの音楽を創る時間は
まさに、今の時代に必要とされている
「時代を越えて伝えていくべきことに向き合う」時間。

たくさんの信頼する仲間とだからこそできる事だ。
共に時間を過ごしてくださる皆様に心から感謝。

さぁ。明日はどんな時間になるだろう。

今宵は、お布団を見たとたん撃沈。
一日のエネルギーを使い果たしてしまった。
去年、リハの動画を見て勉強していた夜とはえらい違いだ。

でも。

なんだか、とってもワクワク。

Img_20190215_084425

たくさんの方々にお越しいただけますように。

そうとはいえ、雪下ろしで大変な季節。
すこしでも、よいお天気になりますように…

2019年2月13日 (水)

秋田へ

こまち19号 東京→大曲

朝から必死に準備を。
昨日の卒業試験後、最終合わせをしたら見えてきたものもたくさん。
とても、楽譜の整頓ができないまま出発を迎えた。

というわけで・・・
新幹線車内でもこのとおり。

Img_20190213_115915

テーブルをはみ出して、オケスコアを開き、
ピアノリダクションのチェック。
今年も秋田の中学生のみなさんとの合わせは明日からしかできないため。
現地に行ってみないと、どの部分を演奏しなければならないか分からない。
なので、あらゆるメモをかきこむ。

あっという間に秋田新幹線の大曲駅に到着。
ここから在来線に乗り換え、今日の滞在先横手へ。

のはずが!

電車の中で、ソプラノの順子さんとともに
「I Feel Pretty」を歌いながら勉強していたら・・・
明日行くはずの湯沢まで行ってしもうた。

Img_20190213_163712

しかも・・・
戻ろうにも、次の電車は1時間30分後。

ちぃ~ん

途方に暮れていたら、駅員さんが
「下に観光案内所があるから、そこでどうぞ。」

と改札から出してくださった。

しかも、観光案内所では

「コーヒーいれますよ。地元のお水だからおいしいよ!」

と出してくださる。
というわけで!
優雅にコーヒーをいただきながら、プログラムの校正をし、
すてきな寄り道となりました。

2時間遅れで、本日の滞在先へ到着。

Img_20190213_190709

あっというまに、白髪になるほどの雪。
でも、誰も傘はさしていない。
雪も融けない・・・という事はいったい今は何度!?

2019年2月12日 (火)

おめでとう!

快晴!

試験日程最終日。サクソフォン4年生の卒業試験。
門出にふさわしいお天気だ。

前田ホールの舞台に一緒に立つと、緊張よりなにより・・・

「一緒に演奏できる幸せ」

が、身体の大部分をしめる。
そして、作曲家の思いを伝えようという何にも代えがたい心と。

もちろん、作品が深すぎてとても消化しきれないうちに
今日を迎えた曲もある。

でも。
それよりなにより、どういうわけか。

一緒に演奏できることへの感謝が、演奏の集中力となっていく。

Img_20190212_181831 終演後

これからの人生が、ひとりひとり
その人にしかない個性がいきるものとなりますように。

4年間、ありがとうございました!

2019年2月 9日 (土)

あと少し!

すっかりブログが飛んでおりますが、何とか生きております。
実技試験も、12日のサクソフォン専攻4年生卒業試験を残すのみ。

Img_20190209_170957

今朝は雪で、本番時間を繰り上げたのか
到着するなり演奏する事件も。

そして夜は、学生さん企画の自主おさらい会。

Img_20190209_173513

昨日プログラムをいただいてオドロイタ。
全員参加なのだ。すごいなぁ。

Img_20190210_083720

演奏はモチロンだが、お互いに講評も書いて
意見を交換する。

みなさんが1年生の時のことをしっかりと覚えています。
あれから色んな舞台を共にしてきました。

皆さんの作品に対する真摯な姿に
発見や助けられることもたくさん。
作曲家の心が、そんな皆さんを通して
聴いてくださる皆さんに届きますように。

12日(火)10時開演 前田ホールです。
彼らの熱い姿に会いに、是非お越しくださいませ。

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo

コンサートのご案内

  • ピアノ・デュオ・リサイタル

    ~石田多紀乃・原田愛~
    3月15日16日サロン・テッセラ

  • バソンの世界

    ~バソンの世界~
    5月1日(祝水)紀尾井ホール

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ