« 夏の気配 | トップページ | なんじゃらほい!? »

2019年6月 2日 (日)

26年目

26年目のリサイタル。

Recital
 
あっという間に、過ぎ去った時間。
作曲家の、曲を書いている時のエネルギーを
一緒に体感しているようだった。

ブラームス編曲のシャコンヌだけは最後まで、どうしても
多紀乃さんのバッハに対する直接の敬意が見え隠れし、
編曲ものの難しさを傍で感じていたけれど、
本番はなぜだか、ストンとひとつの世界が見えた。

シャコンヌは、ヴァイオリン一丁のために書かれた曲だけど、
ブラームスは、クララへの愛情をもって左手のために編曲したのだけれど。

そもそもこの作品は、それまでに受け継がれてきたものへの敬意が
音になったものだったのだ。

余計なものをそぎ落としていく彼女の姿は
結局、その敬意を大切にする流れそのものだったのかもしれない。

ベートーヴェンもシューマンも、
多紀乃さんの演奏を聴いているというよりは、
ベートーヴェンやシューマンが生きている時の心を
そのまんま感じている時間。

Img_20190602_111238

なんと幸せな時間。

« 夏の気配 | トップページ | なんじゃらほい!? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏の気配 | トップページ | なんじゃらほい!? »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo

コンサートのご案内

  • ピアノ・デュオ・リサイタル

    ~石田多紀乃・原田愛~
    3月15日16日サロン・テッセラ

  • マグノリア・サロンコンサート

    ~石田聖子(Vc) 原田愛(PF)~
    7月31日(水)マグノリアホール 

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ