« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

2019年10月29日 (火)

ぶぶぶな時間

夜が明けると、郡山市街の状況が・・・

先日の豪雨で川が氾濫し、駅のすぐ近くでも
水没した家具や畳などが道に積み上げられている。

都心では日常が当たり前のように戻っているけど
本当に大変なことだ。

Img_20191029_115728
暖炉の前で、ぶひっと音出し。
あまり練習できていないので、良い音は出ないけど
やっぱり心が落ち着く音なのだ。

Img_20191029_133341
しっかり心と体に栄養をいただいて東京へ出発。
地球に生きる意味を考えながら・・・

心穏やかな日が、戻ってきますように。

2019年10月28日 (月)

おめでとう

今日は大切な日。
19時に授業を終えて郡山へむかう。

201910282016

お誕生日おめでとう。
いつも見守ってくださってありがとう。

2019年10月27日 (日)

昼移動

ANA26便 伊丹→羽田

いつもは移動したら仕事だけど、今日は帰るのみ。
モチロン、
Img_20191027_120140
明るいうちのビール

Img_20191027_131755 伊丹空港
良い天気だ。

Img_20191027_151519 羽田空港

普段は見ないところに目が行く。

2019年10月26日 (土)

みやび

お昼の本番後、大学時代の懐かしの友人に再会。
何年ぶりだろう。20年ぶりか・・・
学生の時から、その繊細さと音の雅が印象的でしたが
久々にお話しても、それが全く変わらず
なんだか嬉しくなる時間。

Img_20191102_204820

お土産にいただいたもの。

Img_20191102_205018

いいなぁ。
その人らしさを感じることのできる時間は、とても尊い。

2019年10月25日 (金)

母校で

小学校5年6年の時の担任、有田先生にお声がけいただき
母校の「ようこそ先輩」の授業へ。

私たちの頃も2クラスでしたが、今や6年生も1クラス。
制服も変わらず、西鳥っ子は今も素朴でいい笑顔!

Img_20191025_102407 年代物の?ピアノ。

うまく話がまとまらなかったけれど、
聖子ちゃんとのチェロの演奏もあって、何とか終了。
お付き合いいただき、ありがとうございました。

思い返すと、よく遊んだ西鳥取小学校時代でした。
下校時刻をギリギリにするために選んだ放送部。

Img_20191025_113956-1

同じ場所に健在でした。

Img_20191025_113954-1
さすがにレコードデッキではなくなっていました。
ふるぅ~いコッペパンが出てきてビックリした戸棚も無い!

本日の給食。
Img_20191025_115316-1 とってもおいしい。
まだまだ育ち盛りでいたいものだ。
ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました。

写真がありましたら、いただけると嬉しいです。

2019年10月20日 (日)

秋雨

先週の台風から一週間。
静岡も、場所によっては大変だったそうだ。

Img_20191020_111209 いつもの場所から

今週も富士山は雲隠れ。
渡るたくさんの川も、茶色のままのところが多い。
自然の怒りか涙か…

2019年10月18日 (金)

月に寄せる歌

お月さまのきれいな季節に、月にまつわる作品の数々。

Ishizakasan

日本にいる頃から、とてもユニークだった石坂さん。
楽譜には、達筆でいつも言葉の勉強と道しるべ。
フランスの曲には必ずついて回るマラルメの詩について、
研究者に会いたいと言われご紹介したことも。
お名前のとおり、絵の心得も。

声楽家という一言では収まりきらない石坂さんならではのプログラム。

Img_20191021_232424 さまざまな言葉と時代

しかも、最後の言葉が空に消えるまでの一筆書き。

お供をさせていただいている間、
月のひかりを眺めているようでした。

終演後。

Ishizakasan2

都内から駆け付けたら、コンサートは終わっていた!!
というメキシコ人のお友達に、1曲お届け。

彼女らしい優しい時間。
ウィーンに帰っても、石坂さんらしさが
たくさんの人を照らしていきますように。

2019年10月14日 (月)

夜が明けて

昨日は、部屋の窓がとっても眩しくて見ないようにしていた。
夕方には出かけてしまい、まったく気づいていなかったが…

Img_20191014_065215

目の前の工事現場がプールのようになっていたらしい。
日の光が反射して眩しかったわけだ。

学校でも、学生さんから「水没した」「断水している」
などの報告がありました。

祝日ながら授業日。
大変な状況でも、登校してくださる元気な姿に
ホッとした一日。

2019年10月13日 (日)

東へ

のぞみ126号 岡山→東京

未曽有の台風。
今朝4時半ごろの満潮時の荒川が心配で、
ずっと起きていた。
何とか持ちこたえたようでホッとする。
都会の治水行政はすごい。
一方、地方の氾濫が数々報道され、
とても心配だ。

交通も、本来は飛行機のはずが欠航のの連絡。
急遽新幹線で帰ることに。

前回の時、遅延がすごかったので絶食?覚悟をしてお弁当を。

Img_20191013_125325 広島・三原名物(確か…)

ところが、順調に時刻どおり静岡も越えた。
と。熱海を過ぎたあたりから海の色がすごい。

Img_20191013_142005

手前は茶色、奥はエメラルドその奥は青。

昨日の夜のニュースで、近所の隅田川遊歩道の
水没をみていたため、覚悟をしていたが・・・無事!

Img_20191013_153008

空の色が、異常なほどきれいだった。
遠くの山が、冬並みに良く見える。

そして、部屋の中に避難させておいた植物たち。

Img_20191013_153148

ネギが、ぐんっと成長していてびっくり。

長野からは、孤立しているなどの連絡をいただきました。
少しでもはやく、心穏やかな時間が訪れますように…。

2019年10月12日 (土)

倉敷

こちらも朝から風が強い。
朝、神戸に行ってくるつもりが山陽新幹線も運休。

Img_20191014_065858

年に一度の国際コンクール。
今日は新幹線も空も止まってしまい、
来られなかった人も多数のようだ。

倉敷の風景。

Img_20191012_144200-1

そして、去年も前を通った・・・

Img_20191012_193701

風情あるおふろやさん。
いい町だ。

2019年10月11日 (金)

安芸津

広島へ。

「私のお墓の場所は、ここにもろうとるけん」

と祖母に言われていたことがずっと気になっていた。
というわけで、1年越しながら今日は祖母の里帰りをしに。

市内から安芸津へ向かう途中、
去年の西日本豪雨の災害地を通ったが、
かわらず土嚢をつんだだけの部分も多数。

お昼過ぎ、菩提寺に到着。
Img_20191011_123734 元行寺

西木家の歴代お墓のお参り。
そして、高台にある兄弟のお墓に写真をおいてお参り。

Img_20191011_130218

海が見えるんじゃけん

と言っていた自慢の場所だ。
お参りを終えて、伯母ちゃん手作りちらし寿司を傍でいただく。
祖母との思い出もまざって、とってもおいしい。

大崎下島から三津まで船で渡ってからは、
車もない時代だし1時間歩いてきたこと。
この辺りは、季節の果物がたくさん生っている環境で
あるとき、籠を負って帰っていたら
ヘビが落ちてきたと勘違いして籠をひっくりかえしてしまい、
転がっていく実をみんなで拾ったこと。
川イチゴをたべたこと。
「松茸もとりよったねぇ。」

へぇ!

などなど、祖母との生活にまつわるお話をたくさんきいて
心温まるひと時。
ごちそうさまでした。

お寺の前では、稲刈り。
Img_20191011_133442 
傍らの道は、今も壊れたままだ。
去年はずいぶん長期間、避難生活をされていた場所。
親戚のおうちも、冠水した場所が家にくっきり。
実りの季節の風景がなにより嬉しい。
とはいえ、今日は安芸津の親戚の家も、
台風に備えて稲扱ぎ。
大きな台風。どうなるのだろうか・・・

Img_20191011_135602 穏やかな瀬戸内

「帰れんかったら、いつでも戻ってきてえぇけんね。」

という言葉をありがたくいただき、倉敷へ。
お世話になりました。

2019年10月 8日 (火)

ネギ

8月の末、こーたりーなでネギの芽を買って帰った。
10月5日に植えたら・・・

Img_20191009_082324

もう芽がでました。
中学生の頃、お味噌汁となると
庭に収穫に行ってたな。

2019年10月 6日 (日)

第16回 Contrabass Concert

今年もやってきました。

Contrabass 久保田さんデザイン

毎年、この時期にたくさんのコントラバシストさんと
ご一緒させていただくのをとっても楽しみにしております!
なんたって、みなさんソリストとして
コントラバスを演奏されるのですから。

いつもは、オーケストラを支える低音のイメージですが
実は、高音もとてつもなく出ますし、
ピッチカートの音の深さも、この上なく素敵です。
今年は、コントラバス・カルテットも。

このユニークな仲間に入れていただいて、
もう10年以上になるでしょうか。

Img_20191006_131259

お昼にはこんなかわいいお弁当も。

Img_20191006_131316

本番の日に、色鮮やかな手作りお弁当。
ありがとうございます!
とってもおいしくいただきました。

14時開演!

Img_20191006_134013 舞台袖

楽屋にもモチロン、たくさんのコントラバスが。
こうして並んでいる姿は壮観です。
そして、色にも形にも個性が豊かなのも魅力。
(モチロン、人間模様も同じく!)

しっかりご一緒させていただきつつ楽しんでいたら、
あっという間に、ボス甲斐澤先生との演奏となりました。

今年は、主にラバトの作品。
シリア生まれの彼の作品は、民族的でもありラジカル。
理屈を超えたエネルギーが甲斐澤先生の熱演を通して
伝わってきます。
その後のメリーウィドウで
一気に頭の筋肉が弛緩するのがわかりました・・・💦

今年もワクワクする時間をありがとうございました!

あ!来月14日(木)にバス・リサイタルがあります。
低音の魅力に会いに、是非お越しくださいませ。

2019年10月 5日 (土)

ゆめ牧場

楽しみにしていた日。

Img_6533 
並ぶヒツジたち。

Img_6535
ヤギも仲良くならぶ。

Img_6545

空が広い。

帰宅して、たくさんいただいたビーツをゆででマリネ。

Img_20191005_162401

燻製も・・・

Img_20191005_175209

あ、サーモン燻製しすぎた!
心穏やかな一日。

2019年10月 4日 (金)

季節は…

今宵はレッスンも合わせも入れず勉強。
本番はもちろん、新たに増えた大学院の授業やレッスンも目白押し。
譜読み意外に、勉強したいことが山積みだ。

目が疲れて、ふと外をみると・・・

Img_20191004_180016

冬のような色の夕焼けに、薔薇が咲いていた。

2019年10月 2日 (水)

もう10月

あっという間に10月。

という事に気づかせてくれた働き者。

Img_20191002_123352 ハロウィーン仕様

秋は、日々過ぎ去るスピードが速い。

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo

コンサートのご案内

  •  <ピアノ・デュオ・リサイタル>

     ~石田多紀乃・原田愛~
    【長野公演】8月以降に延期
    【東京公演】9月4日(金)5日(土)に延期


  • <中止・バソン・マスタークラス>

    ~フィリップ・ベルトラン
    5月5日(祝)中止となりました。


  • <中止!アンサンブル・ヴァリエ>

    ~アンサンブル・ヴァリエ音絵巻~
    5月3日(祝)中止となりました。

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ