« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月29日 (土)

コンサートの行方

3月13日(金)14日(土)のコンサートに関する現在の状況です。

2月26日(木)のメッセージ、
「多数の人が集まるような全国的なスポーツ、文化イベント等については
今後2週間は中止、延期または規模縮小等の対応を要請することといたします。」
を、受けまして悩みに悩んでおります。

現在のところ、会場のテッセラさんには「どうぞ!」とGoサインをいただいております。
私たちとしては、開催できるとしても少しでも安心してご参加いただけるよう、
衛生面での対策と準備しております。
(具体的な事に関しまして、ご予約いただいている皆さまからのご質問を受け付けております。)
70席限定であり、「ご参加くださる皆さまとご連絡が取れる状態」ならではの可能性を考えておりますが、
今後の状況によって、中止もしくは延期せざるを得ない場合は

石田多紀乃のホームぺージ http://takinoishida.com/
もしくは、こちらのブログ http://aiharada.air-nifty.com/

そして、既にご予約いただいている皆さまには個々にお知らせさせていただきます。

もし開催の運びとなりましても、当日発熱等でコロナウイルスに不安をおぼえて欠席されるお客様には
モチロンご返金させていただきます。

まさに3.11が初回だったこともあり、毎年コアに応援してくださる皆さまが本当に多いコンサート。
大切なみなさまにご迷惑にならないよう、可能な範囲で正しい知識を得て判断する所存です。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

2020年2月27日 (木)

熊取最終日

最終便で東京に帰る。

干し芋たちを回収。

Img_20200227_155031 大漁!

ねっとりと甘い。

Img_20200226_162739 夕日に輝く蝋梅

今年もお庭にいい香りを運んできてくれました。

家を出る時には、瀬戸内ならではの夕日。

Img_6826
雲の合間から、木々に沈む夕日。

明日からは再び都会生活。
夕日の沈んでいく空を見られるのはいつかな・・・

2020年2月25日 (火)

地球のめぐみ

熊取滞在の初日に仕込んだ、リンゴとサツマイモ。

Img_20200225_111246

良い具合に干しあがりました。

日中にはお日様の当たるところに
練習する時にはピアノの横に。

特に干し芋はこの上なくよいバランスに仕上がった。
曲によって味が変わるのか!?

2020年2月24日 (月)

地球はまわる

楽譜がいい色に染まる時間。

17:37
Img_6809

17:45
Img_20200224_174534

17:46
Img_20200224_174611

17:47
Img_20200224_174754

日没。そして一番星が・・・
一日が飛ぶように過ぎていく。

2020年2月23日 (日)

籠る

今年はいつもより短いけれど、籠る。

さっそく地元の産直やさんにいって、
お野菜を入手し、お仏壇にお花を供える。

あっという間に夜になってしまった。
お夕飯を食べ終えて…

Img_20200223_232242

今年も作りました。
干し芋と、お下がりにいただいたりんごで干しりんご。
最終日までに仕上がるかな。

2020年2月22日 (土)

第27回バソンの会 in OSAKA

楽しみにしていた日がやってまいりました!
新大阪のムラマツリサイタルホールの扉をあけると・・・

聴こえる聴こえる!

個性のカタマリ、バソンの音が。

舞台袖も・・・
Img_20200222_162904 姿も個性的バソンたち

こんな姿も!

Img_20200222_163017 傘立てに…

なんでも、「ちょうどいいから」とのこと☀

この大らかなメンバーから奏でられる音は、本当にひとりひとり違う。
お供をさせていただいていて、
ワクワクするったらありゃしない。
そして、ソロはモチロンだけど、バソンアンサンブルも。

Img_20200222_153132

オルガンのような響きだ。
今回は、ハープの譜面をいただき1曲仲間に入れていただいた。
(フランス人の手書きペダルが読みにくい…)
なんと幸せな事か。

今回は曲もさまざま。

Img_20200318_095501

まさかの事態も、とにかく「バソンが好きだ!」という
エネルギーにあふれるみなさんのおかげで乗り切りました。

Img_20200222_195925 終演後

すてきな赤い薔薇とともに。
なんでもモナコからの特別なものだとか。

そして、今回も撮らせていただきました。

Img_20200222_200258 クランポンのマーク付き

日本にも数本しかない、コントルバソン。

とにかく個性のカタマリ「日本バソンの会」
こんどは5月のマスタークラス。
楽しみです!

2020年2月12日 (水)

さぁ!

コンサートや授業とレッスンをのぞいて、
ほぼ奉職の2019年度仕事が終わりつつある。

というわけで、今日からは自分の勉強にシフト。
常に生まれる新しい事案、そして時代に惑わされぬ真実。
音楽において、教える仕事や演奏の仕事は、
歴史が背負ってきたものを伝えることでもあり
そのために、常に研究することはモチロン、
一人間として自分の役割に向き合い続けることでもある。

その過程の大切な背骨として毎年のぞんでいるのが
石田先生とのデュオ定演だ。

Img_20191228_153950 デュカの創造過程。こだわりか気まぐれか。

初回の公演がまさに3.11。
なぜなのか。その答えに迷いはない。
だからこそ、とことん向きあう。

2020年2月11日 (火)

法要

のぞみ7号 東京→新大阪
ANA36便 伊丹→羽田

今日は・・・
祖母泰子おばあちゃんの十七回忌と
曾祖母トモおばあちゃんの二十三回忌。
法事に向けて、朝6時に出発。

Img_20200211_073936

トモおばあちゃん(曾祖母)はその昔、広島で
両手を広げて電車を止めたこともある豪快な人物。
泰子おばあちゃん(祖母)は島根出身の、とても穏やかなひとだった。

Img_20200211_121825 梅が少し咲いていました。

トモおばあちゃんには、被爆体験の話を
幼心に衝撃をもって訊いた思い出がある。
泰子ばあちゃんには、保育園児の頃からいつも一緒。
胃がんになった時の心細さは今でも手に取るように思い出せる。
いつも帰る祖母宅は、まだ庭にくみ上げの井戸もあり
飯炊きのかまどもあった。
ボットン便所の四角い紙も懐かしい。

両先輩ともに、本当に芯の強い偉大な存在だ。
自分のルーツの先輩は、波乱の世の中で
大切な存在のために全力を注ぐひとなのだ。

午後、神戸の授業で次の世代に向き合いながら
そのことをかみしめていた。

帰京して空を見上げた。

Img_20200211_204744

清らかなエネルギーをすいこむ。

2020年2月10日 (月)

おめでとう!

後期実技試験最終日にいつもやってくる
サクソフォーン専攻の卒業試験。

Img_20200210_195432

おめでとう!
1年生の頃から演奏はモチロン、授業でも
ご一緒した方も多く、感慨深いです。
これからの道も、ひとりひとりの個性が生きるものとなりますように。

それにしても9時間にわたって審査してくださった先生方
ありがとうございました。
そして、舞台の裏を支えてくださった有志後輩の皆さま
おかげさまで、演奏にしっかりと向き合えました。
ありがとうございました!

2020年2月 8日 (土)

心の求めるもの!?

一日中弾き続ける謀殺の日々も、あと少し。
今夜は、銀座ヤマハホールで大学院リサイタルのコンサート。

その前に、まもなく卒業試験を迎える
4年生の有志と共に試演会。
練習棟にて。

こんなところにボトルが!?

Img_20200208_113914

ん?

Muto ミュートでした。

しばらくボトルで飲んでない。

そして、試演会。
お互いに演奏を聴き、講評を書いて渡すことにしている。
今回は、後輩の方が準備してくださった。

Img_20200208_114330

よぉーく見ると、「好評用紙」なのだ。
なんと粋な心遣い。

Img_20200208_114459

きちんと10枚ずつ組んでくださっている。
こういう細やかなお気遣いも心にしみる日々。

2020年2月 5日 (水)

4度目

ANA672 広島→羽田

Img_20200205_074649 広島空港の朝

朝一の飛行機で東京に帰る。

Img_20200205_082705 朝日に輝く

今月に入って4度目の通過。
明日は、2年生の実技試験。
今日はこのまま学校へ向かい、明日に向けての練習と
夜には、長年お世話になった宗貞先生最後の門下おさらい会だ。

2020年2月 4日 (火)

広島へ

ANA675 羽田→広島

Img_20200204_094609
今日はお昼から広島市舟入付近でお仕事。
確か、母がこのあたりの高校に通っていたなぁと思いながら向かう。

Img_20200204_151455 移動はモチロンチンチン電車

演奏が終わって、おすすめのラーメン屋へ連れて行っていただく。
自分のルーツの地だけど、いつも家でおいしくいただくので
外食の広島名物は、他の人の方が詳しい。

Img_20200204_145057 キング軒

山椒がピリリときいて目が覚める。 

いつのまにか・・・

毎年3月に行っている、デュオの東京定期公演。

2020duo

いつの間にか、チケット発売日が過ぎ去っておりました💦

毎年応援してくださる皆さまからのお問い合わせで
ハッと気がつく今日この頃。

 20ken おいしそうな14日のチケット色。

3月13日(金)19時開演
3月14日(土)14時30分開演

両日とも、三軒茶屋駅徒歩1分のサロン・テッセラさんで行います。
トーク付きの(去年は朗読も。あ、ことしも13日はアリ〼)コンサート。
今年で10回目を迎えます!
是非、お越しくださいませ。

70席ですので、事前にご予約をお願いいたします。

2020年2月 3日 (月)

不思議な雲

のぞみ108号 新神戸→新横浜

今朝も直接学校へ。

Fuji0203

今日の富士山には、不思議な雲がかかっていた。

2020年2月 2日 (日)

ミックスジュース

昨夜は最終で神戸へ。

Img_20200201_224211 ここはどこでしょ?

新神戸駅改札を出たところに、ピアノが。
2年ほど前、福山駅の改札内でグランドピアノを見ましたが、
とうとう神戸にも。

今日は、神戸市北区で本番、通称ミックスジュースだ。

Vill 本日のプログラム。

前半は ベートーヴェン生誕250年にちなんで。

ベートーヴェンの作品1-1のトリオは、
ボンからウィーンに出たころの作品で、アイデア満載。
弾きながら、そのトリックに自分がはまりそうになる。

後半は、フランス。
後藤さんのまさに美しい音並び、聖子ちゃんのふくよかな音に
思わず聴きいってしまい、弾くのを忘れそうになるほど。

そして、最後はなんといってもマイスタージンガートリオ。
学生の頃勉強したことが、途中から湧き出てきて
とっても不思議な時間。

満員御礼のお客様にお越しいただき、ありがとうございました!
それにしても、ここのお客様は音楽や、音そのものに対するこだわりをお持ちです。
色々お話をしていたら・・・

今回は肝心のミックスジュースを撮り忘れた💦
お味はやっぱりピカイチ!でした。

さぁ、明日からもばんがる。

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo

コンサートのご案内

  •  <ピアノ・デュオ・リサイタル>

     ~石田多紀乃・原田愛~
    【長野公演】8月以降に延期
    【東京公演】3月12日(金)13日(土)に延期


  • <中止・バソン・マスタークラス>

    ~フィリップ・ベルトラン
    5月5日(祝)中止となりました。


  • <中止!アンサンブル・ヴァリエ>

    ~アンサンブル・ヴァリエ音絵巻~
    5月3日(祝)中止となりました。

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ