« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020年3月31日 (火)

公園にて

体温を測り…

Img_20200331_135934

お散歩のお供へ。

Img_0139

公園の主のようなおばちゃまに、話しかけられるのを聞いていると・・・

「息子さんとお散歩ですか。いいですね。」

・・・・また少年に間違われた。

2020年3月30日 (月)

ありがとうございます!

午後、帰宅すると・・・

セリが陽のひかりに向かって一生懸命延びていた。
Img_20200330_145500 仙台セリ
今回は根っこを食べずに植えてみたのだ。

ゼラニウムも・・・

Img_20200330_140526 

咲き始めました。

14時30分ころ、宅急便のお兄ちゃんが届けてくださった箱、
とってもいい香り。
開けると、コーヒーと手作りのクッキー!そして・・・

Img_20200330_175938

郡山のみなさんから、お手紙が!
毎年、ありがとうございます。
みんな元気かなぁ。

昨日までの外出自粛要請を受けて、今日のレッスンは中止。
しばらく、閉じこもりの生活が続きそうだな・・・と

Img_20200330_140434 仕込み。

スープカレーを山盛り作った。

2020年3月27日 (金)

日本でもようやく

文化庁長官からメッセージ。

Miyataryohei

第9代藝大の学長でもあった宮田さん。
いつもお世話になる東京駅の銀の鈴の作者でもありマス。
心の支えに思う人も多いのではないでしょうか。
私たち芸術仲間は、不安を抱えつつも
心は前を向くべく頑張っております!

2020年3月26日 (木)

え・・・

「しばらくお買い物に行けない」と
お年を召した方のご家庭の依頼を受けて、
久々にスーパーへ。

ビックリな光景が。
Img_20200326_164630
パン売り場

Img_20200326_164827
冷凍売り場

Img_20200326_165122 
卵売り場

Img_20200326_165043
麺売り場

他も、缶詰売り場やパスタ売り場が空っぽ。
どうしたことか。

後で分かったことは、週末に外出自粛要請がでるとの情報で
朝から買いあさりが起きていたそうだ。
人間ってコワイ。

(ものが無いことを載せると、パニックに輪をかけてしまうため
この記事は5月2日にアップしました。)

2020年3月25日 (水)

江戸の風物詩

朝から1日レッスン。

通勤のピーク時間は避けて設定。
検温して、学生さんご家族の方針も確認。
いつものように手洗い、マスク、消毒、換気。
休みの続く高校生たちの勉強意欲は、モリモリ。

「これで、しばらくは会えなくなるだろうから…」

と、勉強の方向性を確認も、心は複雑そうだ。

夜に、外を見ると・・・

Img_0128

屋形船。
周囲の川には、ここのところたくさんの係留された屋形船が寂しそうだ。
朝、船を洗う音もしばらく聞いていない。
いつもなら、お花見シーズンで隅田川沿いにたくさんの季節。
どんな気持ちで、運行しているんだろう。

2020年3月24日 (火)

いつの間にか

今日も用心して、車移動。
検温をして、学生さんはモチロンのこと
ご家族の方針も確認してからレッスンに向かう。
モチロン、カバンには消毒液とマスク。

今のところ、基本的には休校が続く高校生のみなさんは、
「休みのうちに、勉強を進めておきたい。」
という考え方の人がほとんどなようだ。

帰りに通った車からの風景。

Img_20200324_165228 谷中墓地付近

都心はいつのまにか、すっかり春爛漫らしい。

なつかしのオーギョウチィ。

Img_20200324_165636

最後に、これからしばらく来られなくなるかも…と
祖母のお墓参りに寄った。

Img_20200324_173036

亡くなる半年前ほどに行ったという広島市民球場での写真が
とっても心に残った。
カープ女子!

2020年3月23日 (月)

Joint Concert from Chiba

去年大学に入るまでご一緒していた仲間たちから
とっても嬉しいコンサートのご案内をいただいていた。

Img_20200323_215133 自主企画のコンサート

ところがこのところ、Covid-19の影響を受けて
世の中のコンサートは軒並み中止。
この日を迎えるまでの彼らの心の葛藤は、計り知れない。

公共のホールだけに、会場との入念なやり取りはモチロン、
お客様への配慮、そして何より本番に向けて
合わせも充分に行えない状況で、どれだけ心の葛藤があったろうか。

とってもすんばらしい演奏会でした。
質を落とすことなく、むしろ、
更にチャレンジを重ねた舞台の姿に、
たくさんのエネルギーをいただいた日。

ありがとう!これからも応援しています。
プログラムノートが、QRコードになっていたのも初めて。
これなら、スマホで字も拡大して読めるかも!

2020年3月19日 (木)

枯れるまで

1月13日に開花したベランダのミニ薔薇。
だんだん新芽も伸びてきたので剪定。
小さな瓶に飾った。

Img_20200319_095348

それから2週間。
とうとう、花弁がひらひらと。
祖母が最後の病院で医師に話したという言葉を思い出した。

「花木が枯れるように、最期まで宜しくお願いします。」

長い期間、楽しませてくれてありがとう。

オケのライブ配信

今宵、時々お世話になっている大阪フィルハーモニー交響楽団の皆さんによる
定期演奏会のライヴ配信が行われました。
モチロン無観客ライヴです。

移動していた関係で、落ち着いて聴けたのは
プログラム後半の「春の祭典」からでしたが、
とても楽しめました!
いつもご一緒している皆さんの生き生きとした姿も
嬉しい限りです。
アクセスも19万をこえていたとか。

そして、いつもとは違う環境で聴くと
楽器の使い方など、いろんな発見があります。

http://curtaincall.media/osakaphil.html

(↑ 後日、アーカイブ配信されたアドレスです)

プログラムは以下の通り。

ハイドン/交響曲 第2番 ハ長調 Hob.Ⅰ:2
モーツァルト/交響曲 第5番 変ロ長調 K.22
ストラヴィンスキー/ヴァイオリン協奏曲 ニ長調
ストラヴィンスキー/バレエ音楽「春の祭典」

曲目解説も大フィルのホームページから
第536回定期演奏会の部分にいくと読めます!

2020年3月18日 (水)

下見

午前中のレッスンを終えて、近所の海辺へ。
お年を召した方々などの外出自粛は、既に1か月以上。

どこか、気晴らしに安全に歩いていただける場所はないかな・・・

Img_20200318_161926

段差なども確認。
シーバスが、乗せる人もなく停泊中だった。

2020年3月17日 (火)

読書な一日

今月末に、合わせる予定の曲の中から
ここ数日は、モーツァルトのヴァイオリン・ソナタ K.301の勉強。

2年前に、モーツァルトの使用楽器だったシュタイン製と現代ピアノのコンサート
の時に読んださまざまな本たちに加えて、ヴァイオリン・ソナタだからこそ
レオポルト・モーツァルトの「ヴァイオリン奏法」を読む。
カール・フィリップの名著とともに、必ず読んでおきたい本ながら
なかなか手が付けられないで来てしまったので、
今こそ!

Mozart 日本語訳ありマス

一番勉強したかったことは、装飾について。
例えば、初っ端の1拍めから一般にいわれる習慣とは違う記譜法があって、
もちろん耳では慣れているけれど、その裏付けが欲しい。

しかし、本を読み進めるうちで興味深かったのは、弓の
「アップとダウンの規則について」
もちろん、現代のヴァイオリン奏法とは違うかもしれないが、
鍵盤楽器の人間としては、目からウロコが沢山。

他にもおもわずニンマリしたのが
"第6章 いわゆる三連符について"の最初の方の記述。

「三連符はうまく演奏すれば魅力的だが、正しく均等に演奏できないと、
ぎこちなくなってしまう。
しかし、これができない人が実に多いのだ。音楽に通じている人であっても・・・」

今も昔も変わらないらしい。

スコダ、アントニーバートンなどの研究本なども並べて読むうち、
あっという間に日が暮れた。

本番は中止になるかもな…と思いつつ、
こうして、勉強したいと思える機会をいただいている事に感謝。

2020年3月16日 (月)

算数・・・

毎年、数字と格闘するこの季節。

Img_20200316_172452

無事、本日投函。
今年から、給与にかんする添付書類が減った。

2020年3月14日 (土)

整頓

本来は、昨日と今日がデュオの本番。
中止を決めた翌日にはすべての連絡を終えてから10日が経ちました。
関係のみなさまには、さまざまにお心遣いいただき
ありがとうございました。

今日は、現段階での決算作業。
夕方にはどんどん雪が舞う。

3月半ばにこんなに降るとは・・・



こんな日でも、都心の地下鉄はモチロン!

Img_20200314_223625

窓を開けて運行しております。

2020年3月11日 (水)

祈り

いつもは、演奏中に迎える時間。

 14時46分

今年は初めて、音楽の前に居なかった。

どこへ?

「海」

小さなころ、遊びたくて。
そして、おなかがすくとカラス貝を食べたくて。
いま思えば、病と向き合ったばかりの祖母と通った海へ。
そして。
あの日に牙をむいた、あの海に。
祈りをささげたい。

家から車で1時間と少し。
行ってみると、あの日を思い描けないほどの
日常が。

Img_0025

おばあちゃまが、じぃっと。
海に向かって腰を伸ばしていらした。

なにげない日常の。なんとありがたい事か・・・

2020年3月 6日 (金)

雲上の景色

あさま620号 長野→東京

今朝もマイナス。

Img_20200306_085532

中止を決めて、どこかホッとした。
しかし、頭の中はまだまだ走り続けている。

っというわけで、お散歩に出た。

Img_20200306_121828

ひかりがきれいだ。

Img_20200306_121913  

しっかりと新鮮な空気を吸い込んだ。
さぁ帰るべ。

デュオの公演は延期になったけれど、本番やレッスンは続く。

これからの事も考え、新幹線も金沢発直後の長野駅始発を、
座席も最後尾をとったが・・・

Img_20200306_143651

だれも他には居なかった。

2020年3月 5日 (木)

アット・ホーム

今日の長野公演は中止。
しかし。

Img_20200305_113628 セッティングが。

「うちのスタッフの研修として、やりませんか」
とお声がけいただいた。

お客さまは2名!

「どうせやるなら、吹雪の中というシチュエーションはどうだ!?」
など、ユニークなアイデアもたくさん。

席の間はしっかりとあけて、しかもどの椅子に座るかは選択制だ。
外は吹雪だけど、換気も充分に行う。

ピアノには…

Img_20200305_141919

「行きたいけど行けないから」
と小さなお子さんが作って、置いていってくださったとのこと。
短いけれど、心温かな時間。

ぷれじ~るさんでしかできない発想とつながり。
本当に心にしみます。
ありがとうございました。

終演後、昨日の取材の続き?

89201882_279493089700825_618620971619713 photo by HIKARU

デュオ東京定期公演延期のお知らせ

3月13日(金)14日(土)のデュオ・リサイタル 東京定期公演は
コロナウイルスに関する世の中での状況を鑑み、
会場のサロン・テッセラさんともご相談し、
2020年9月4日(金)9月5日(土)に延期とさせていただくこととなりました。

既にご予約いただきました皆さま、また状況を見ながら考えてくださっていらした皆さま
ご心配とお迷惑をおかけし、申し訳ございません。
9月には更に進化した状態で、そして笑顔で皆さまにお目にかかれますように…

ご予約くださった皆さまには、チケット代の全額ご返金もふくめて
これから個別に順次ご連絡させていただきます。
よろしくお願い申し上げます。

なお、延期公演は以下の通りです。

2020年9月4日(金)19時開演  サロン・テッセラ(東京・三軒茶屋)

シューベルト:4つのレントラー D814
シューマン:東洋の絵「6つの即興曲」 作品66
山中千佳子:月うさぎ、波うさぎ(連弾版初演)
サン=サーンス(演奏者編曲):動物の謝肉祭
   (サン=サーンスは9月4日のみ演奏します)

2020年9月5日(土)14時半開演 サロン・テッセラ(東京・三軒茶屋)

シューベルト:4つのレントラー D814
シューマン:東洋の絵「6つの即興曲」 作品66
山中千佳子:月うさぎ、波うさぎ(連弾版初演)
デュカス(ロック編曲):交響詩「魔法使いの弟子」
リムスキー=コルサコフ(作曲者編曲):スペイン奇想曲 作品34
   (デュカスとリムスキー=コルサコフは9月5日のみ演奏します)

2020年3月 4日 (水)

良い響き

はくたか559号 東京→長野

今日はホール練習。
いつもお世話になっている、心地よいホール長野市芸術館。

今回のウイルス関連のことを受けて
さまざまに考えることはあるけれど、
演奏する人間としては、本番ぎりぎりまで
いえ、本番があろうとなかろうと向き合うことがたくさん。

Naganoshigei リサイタルホール

不思議なもので、戦争や疫病はもちろん
様々な試練とともに遺されてきた作品に向き合う事が
今までになく心の芯にしみていく。
まぁるい響きのホールに、音がほどけていく時間。

Img_20200304_155620  

最後の1時間は取材も。どちらかといえば苦手だ。
しかし、今日はみんなマルチ・アーティスト。
道具は文字通りツールでしかなく、
うちに秘めるこだわりの強さが感じられ、とても心地よい。

2020年3月 3日 (火)

長野公演延期のお知らせ

3月5日のデュオ・長野公演は、
主催者の「熟考に熟考を重ね延期に。」というご連絡をいただき、
延期をさせていただきます。

Konjoran コンジョーラン

現在のところ7月上旬に、同プログラムで開催予定です。

2020年3月 2日 (月)

レッスン棟の春休み

大学の春休み期間。
今期は、レッスン棟のエレベーターが工事中。
ものすごい轟音が響き渡っていて、
工事のお兄さんたちの耳が心配になる。

一方、授業期間はみっちりと使用されているお部屋たちも・・・

Img_20200302_123702

すべて部屋からだし、ワックスがけ。
今回は奇数のお部屋から。

いつもきれいにしてくださるグリーンのみなさま、
ありがとうございます。

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo

コンサートのご案内

  •  <ピアノ・デュオ・リサイタル>

     ~石田多紀乃・原田愛~
    【長野公演】8月以降に延期
    【東京公演】3月12日(金)13日(土)に延期


  • <中止・バソン・マスタークラス>

    ~フィリップ・ベルトラン
    5月5日(祝)中止となりました。


  • <中止!アンサンブル・ヴァリエ>

    ~アンサンブル・ヴァリエ音絵巻~
    5月3日(祝)中止となりました。

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ