« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月28日 (日)

縁をつなぐ場所

雲の中で、朝を迎えた。

Img_0285

今日はクローズ・コンサート。
朝からリハをして、お昼ご飯を外で食べようと出かける。

Minenohara photo by KPI

まるで雲の上にいるようだ。
帰ってから、私たちデュオもリハを。
リハの模様を少し公開。(色んな作業同時進行のため、にぎやかです。)



16時30分開演したコンサートでは雨も上がり、
濃い緑が目に優しい本番となった。

~本日のプログラム~

ドビュッシー:小組曲より
ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲 Op.1-1より
シャブリエ(メサジェ編):狂詩曲「スペイン」



田隝晃(ヴァイオリン)島貫亨子(チェロ)石田多紀乃・原田愛 ピアノ・デュオ

演奏中もマスクを着用、客席もソーシャル・ディスタンシング。
そして、この通気性!
途中からは、鳥の声も仲間に小一時間。
ともに過ごしてくださり、ありがとうございました。
フェイスシールドをしてトークをするたび
「自分は宇宙人か?」
と思いましたが、何とか無事終了。

実は当初、デュオのみでのコンサートの予定が
せっかくなので、ぷれじ~るのメンバーもとお声がけして晃くんと。
更に更に「私も参加したい!」とカエルも加わり、
あっという間に弦楽器も仲間となったプログラムでした。

終演後には、晟くんも加わって急きょメンデルスゾーンのピアノ三重奏曲まで弾いたなぁ。

会場でご一緒してくださった皆さんは、長年応援してくださる皆さんや
ぷれじ~るに縁の深いみなさま。

今までにない状況の中、今だからこそご一緒していただけた事、
感謝申し上げます。

また、お目にかかる日を楽しみにしております!

2020年6月27日 (土)

大自然!

早朝、とってもきれいな鳥の声で目が覚める。

Img_0252 ルピナスたち

牛たちも元気だ。

Img_0253

このあと、オタマジャクシとヤギと遊んでいて
ぬかるみに落ちた・・・

帰ってからはリハを。
トリオはやはり神経を使う。
第1主題、第2主題の解釈、
上行形のニュアンス、スラースタッカートの長さ…などなど
意見を交わし、最後には録音。
お昼には、デュオの合わせも。
いつも、ピアノの構造から整えてくださる竹田さんのおかげで
とても演奏しやすく、むしろ更に見えてくる世界がたくさん。

夕方、再びお散歩へ。

105516871_924598191300490_23580084245348

浅間山は今日も煙を吹いていた。

Img_0268 根子岳

いつもこの時期は、高原でトレーニングする人がたくさんだが
今年は誰も居ない。

Dsc_4007 トウモロコシの冷製スープ

素材を生かし、味付けは塩だけ。
地産地消のあたたかなこころのぷれじ~る。

2020年6月26日 (金)

長野へ

一昨日の4月以来の公共交通機関デビューに引き続き、
今日は、久々の東京駅。

Dsc_4004

細心の注意をはらって新幹線を選び、座席も最後方を選ぶ。

Dsc_4005

思えば、自粛前最後のコンサートも長野新幹線だったなぁ。

この週末に、ぷれじ~る さんのクローズコンサートに
お声がけいただいたのだ。

標高が上がっていくにしたがって、目も心も休まっていく。
そうか。
この3ヶ月の間、こんなに緑を見ていなかったのか。
毎日必死すぎて、気づいていなかった。

到着すると、既に竹田さんが調律を始めてくださっている。
あぁ、この音。

っと聴き惚れている場合ではなかった。

良からぬ菌を持ち込んではならない。
着くなりお風呂に入り(コロナ対策でかけ流し♨なんと贅沢な…)
服を着かえて身を清めて・・・

そう、理論部会の会議が。
会場が調律中のため、外で参加。

Kaigi
理論系授業の現状報告に加えて、
前期試験の方法と、対面授業の必要性について。

大激論になった。

「お盆明け17日に大学で試験なんて、考えられない!」

そりゃそうだ。
人の移動が多いであろう次の日だ。
一方、学校としても授業料などいただいている以上
学生さんの要望に応えていきたいのも良くわかる。

それにしても、こちらは爽やかな風だ。
決して、都心からコロナを運んではならない。

夜には、満天の星空。
身体が浄化されていく。

素敵な場所、ぷれじ~る。

2020年6月25日 (木)

サーカス!

さぁ、今日はもっとも気合の必要な木曜日!
っと、ベランダで歯を磨いていたら
何だか不思議な動きをする船たちが。

Dsc_4002

運搬船の前後に小さな船が2隻でチョコマカチョコマカ。

Dsc_4003

おぉ、見事な連携で細い運河に向きを変え、
この後、右手前の屋形船の横をギリギリの幅ですり抜けた!

朝から素敵なサーカスを見られたし、
今日はきっといい日だ。

2020年6月24日 (水)

成城ソルフェージュ研究会再開に向けて

4月1日以来の公共交通機関。

見慣れた線路が消えていた。

Dsc_3988 線路がホームに。

花坂爺の気分。
地下鉄も変わらず窓を開けて運行し、
暗黙のソーシャル・ディスタンシングの座席座り。
日本人はすごい。

さて、Covid-19の影響で

成城ソルフェージュ研究会は4月から6月まで対面の授業は休講したが、

7月からの再開に向けて、今日は会場のゆかり文化幼稚園で
消毒研修&生徒の安全を守る考察。

以下のようになったのでご報告を。


・早めに来られる先生から机といすの配置。

Haichi 一番広いホールでこの配置。

実際は、もう少し縦に長い。
収容人数も各クラス12人をマックスとする。

教員も各自スリッパを持参。マスク着用。フェイスシールドは任意。
手指の消毒に検温&用紙に記入。
窓を開けて換気する。

・生徒の皆さんが来たら

生徒も各自スリッパを持参。マスク着用。フェイスシールドは任意。

アトリエ担当の先生が生徒の体温を計り(額で計る体温計)、用紙に記入。

Check チェックシートの一部。


遅刻してきた生徒もモチロンチェック。

手指の消毒を確認し、下足は袋に入れて下駄箱へ。(直置きしない)
そしてマイスリッパで各クラスの部屋へ。

・授業開始

距離を保ち、机の長辺に1人ずつ、正面に向かい合わないように着席。
30分に1度を目安に換気する。

・授業終了後
床を黄色のモップで掃除。
更に、床を白いモップに「オスバンS」希釈液をしみこませて消毒掃除。
生徒の手が触れたもの(机、使用した椅子)は、ソルフェージュで用意した消毒液と紙ナフキンで拭く。
小ホール担当の先生はトイレの便座と蛇口をソルフェージュで用意した消毒液と紙ナフキンで拭く。
生徒は帰る際も手指の消毒。
ピアノの鍵盤は「アルカリ電解水シート」を使用する。

先生は消毒のモレが無いか確認、ピアノの鍵盤、フタ、イス、譜面台、照明のスイッチ、
階段の手すりなどをソルフェージュで用意した消毒液と紙ナフキンで拭く。

最後に、チェックシートを園長先生に提出。

となった。
掃除道具の場所の確認、消毒液の点検や補充など。
すべてを終えたら2時間以上かかっていた。

来週から、元気な学生さんと会えるのが楽しみだが
責任者として気を付けることもたくさん!

ご質問等ありましたら、お問い合わせくださいませ。

20時過ぎの都バス。

Dsc_4000 貸し切り!

だぁれも乗っていなかった。
思ったより、人が少なくてホッとした社会活動復帰デビューの日。

2020年6月23日 (火)

今日の夕日

珍しく雨が降らないと、外に出るようにしている。
骨を作るための光合成!?

今日はあまり時間が取れないので、自転車で。
家を出ても、電話がかかってきたりで中々前に進めず、
やっと着いたときにはかなり暗くなった。
Dsc_3983

東京タワーの左に、夕日がチマっと。

Dsc_3982 手前は晴海ふ頭

明日も無事迎えられますように。

2020年6月22日 (月)

天からの恵み生活

さぁ、今週もはじまり!

通常ならお昼休みに教員食堂へ行くが、
オンラインでは、もちろん自炊。

時短に重宝しているのが、ベランダのみなさん。

Dsc_3985 シソ

株分けしていただいた。

Dsc_3984 小葱

去年の夏、熊取から連れて帰って植えたものがまだ元気。

Dsc_3986 せり

冬に、仙台セリを食べた後ねっこを植えたら
まだ元気にどんどん伸びてくれています。

そして、いただきもののソーメン。
いつもありがとうございます。

おかげさまで元気に1日頑張れます。
感謝。

2020年6月21日 (日)

鉄道遺構2

16日のお散歩で、近所の鉄道遺構を発見してから
チョイと調べてみた。

するとこのあたりに「東京都港湾局専用線」というのが
なんと平成元年まであったそうだ。
いわゆる、戦後の復興を支えた貨物線。
1970年代は、豊洲から北陸本線の魚津まで「とよす号」が
コークスを載せて運んでいたとか。
うちの最寄でもある越中島駅を通過する貨物のうち3割が
とよす号だったそうだから、急に北陸を親しく感じる。

今日の遺構発見お散歩コース。

Toyosu4  

うちから徒歩5分。ずっとなんだろ?と思っていたもの。
ずっとうわさで計画されている豊洲~錦糸町線の準備?
と思っていたら違った。

Dsc_3960

実はむかし、この上を貨物列車が走っていたなごりだったのだ。
へぇ!
その先に回ってみると、

Dsc_3959 豊洲北小学校の横に線路が。

ここは、深川線と晴海線に別れる分岐点だった。

Toyosu3

そうだったのか。
案内も何もないので、知らなかった。

確かもう一カ所「これは何に使うんだ?」と思ったところが・・・

Dsc_3962 あった!

豊洲運河から車道に抜ける道。
なにげなく、線路がオブジェのの様にのこされている。
この隣に住む高層マンションの住人のみなさん
ご存知だろうか・・・

2020年6月20日 (土)

今後は?

今朝は、ソルフェージュのWeb会議。

Dsc_3966

みなさんの授業のお話が、とても参考になってありがたい。

そして、一様に
「授業資料の制作と、添削にあけくれる24時間」
という言葉が聞かれた。

双方向のオンライン授業といっても、実際には相手の姿は見えず
実際にどのような状態なのかはつかみ辛い。
学生さんもパソコンや携帯の画面をみつづけ、
大変な事だろう。

ソルフェージュのように実技系の授業は、
オンラインをこれ以上続けることには限界があり、
対面の授業に向けての意見交換を。
大学となると、当然通学の間のリスクもあり、
現状としては、オンラインと対面の授業が平行して行うことになる。
留学生たちの中には、カナダや韓国、台湾など母国から受けている人も居るからだ。

デスクトップパソコンは運べない。機材は? →大学側からある程度のパソコンの用意がある。
Wi-Fi環境は? →少なくとも教員サイドは強化している。
授業棟は窓が無いが? →30分に一度10分?の換気。ということは授業はかなり短くなる。

その他、授業は20人以下にすること。(←分散授業)
授業ごとの消毒は、クリーンスタッフがやってくださる。
教室の椅子には、座ってよいところを明示してある。

事などが確認された。
試験の方法なども、色々悩みが尽きない。

色んな発見

ブログを更新することもできないまま
6月も3週目が終了。
恐ろしい勢いで毎日過ぎていく。
とはいっても、今までにない発見も多く
充実の日々だ。
いつものように少しずつ思い出し備忘録を書く予定です。
しかし、あまりに新しいことが多くてほとんど忘れつつあるかもしれない!?

一方、昨日から移動の制限が解除になり、
少しずつ、地方のお話も動き始めている。
レッスン時にそのお話をしたら、更に「応援しよう!」の輪が広がり・・・
また、近々公開します。

午後は、学生さんが送ってくださったコラールの編集。
遠隔授業だと、タイムラグや音質の問題があって
合奏系ができない。
5月に、重唱の可能性を実験した時、
録音した自分の音を聴いてとても勉強になったので、
通奏低音の音(これも学生さんが歌ってくださった。)を聴きながら
それぞれ、自分のパートを歌ったのを送っていただいているのだ。

Dsc_3968 重ねるのむずかしー

学生さんからは、mp4a. wav. mp3.など、
さまざまなファイルで送られてくるので、まず変換することから。
そして、波形からたてをそろえて、音量の調整。
なぜか、重ねどりすると遅延がおきるので(これも既に経験済み)
うまくいかないところもあるけれど、
やはり和音の色の基本である、相対的音程について
考えられる人になっていただきたい。
まずは、録音をすることで考えることがたくさんあるはず。

午後はそんなこんなであっという間に時間が過ぎ去り、
耳も腰も痛くなったので、散歩へ。

最近、テッチャンとして近所の鉄道遺構を見つけることにしている。
今日は、こちら。

Toyosu2 Toyosu1

東京港湾局専用線の図と、1965年の写真。
今の豊洲シビックセンター付近から分岐した豊洲物揚場線 。
昔、新東京火力発電所の会った部分なので「東電堀」と言われるところ。

現在は、
Dsc_3971 
カヌーの浮桟橋
そして、隣には水陸両用バスの発着所。
奥の方に歩いていく。

Dsc_3976  向こうには有明アリーナ

桟橋はそのまま残っていて、
当時の船の積み荷などが降ろされていた様子が想像できる。

その後、運河の対岸を通って帰る。
Dsc_3978 線路発見。

今日も、線路を発見。
色んな所に、高度成長期を支えた遺構があるものだ。

 

2020年6月19日 (金)

日課

授業が始まる前、毎朝のヨガ。

Dsc_3952 ダンスのポーズ

片足でも回転しなくなった。
しかし後日足を握る手の向きが違うと知る。

オンラインのレッスン及び会議

20200527223427_p GoogleDuoで動物ができるようになったらしい

でも話す内容は、いつものようにシリアス。

Dsc_3963

フェイスシールの曇り具合も確認。
これも、日課になるだろうか。

2020年6月18日 (木)

気分転換

メンタル的には、毎週木曜日が一番重い。
いつもは、木曜日の仕事を終えて
息つく間もなく添削にとりかかるのが・・・。

本来真面目ではないサル。
どこかでプツンと切れた。

 「このままでは発狂する。」

と自覚して、今日は授業を終えてから雨の中テクテク出かけた。
近所のビオトープにて。

Dsc_3939

アメンボとメダカたちを眺める。
むかし、小学校から帰ると隣の男里川へ行って、
大きなおたまじゃくしやフナと戯れたもんだ。

Dsc_3947 跳ね橋

今日は珍しく、地面に降りていた。

夜は、久々に生春巻きを作る。

Dsc_3948_moment ライスペーパーでクルクル

無性に、エスニックが食べたくなった。
パクチーがなくて、ベランダで収穫したシソで代用。

いいもんだ。
今日は、ゆっくりと眠れるかな。

2020年6月16日 (火)

鉄道跡地

朝、待っていたものが届いた。

Dsc_3938

フェイス・シールド。

そろそろ対面の授業も始まりそうなので、注文しておいた。

18時過ぎ、いつものコースの対岸に行くことに。
晴海への橋を渡っていて・・・

ん?

Dsc_3931
なんとも、風情のある橋梁が有るではないか。
線路は単線。
どうやら歴史的遺構らしい。

晴海の海岸線を歩いた後、気になったので
線路の行き着く先に行ってみた。

Dsc_3935 立ち入り禁止の向こうに草ボーボー

いったい何の線路なんだろう。

Dsc_3933

背後の高層ビルと対照的な佇まいに心惹かれる。

2020年6月15日 (月)

休憩?

今朝も心配で4時半には目が覚めた。

一人お休みで、8時半から続いたぶっつづけオンライン業務も18時には終了。
というわけで、おなじみの道に散歩へ。

なんたって、今日の記録22歩なんだもん。

Dsc_3926

梅雨もひとやすみかな。
今日は、新しい道を通った。

Dsc_3928

奥では、オープンエア・卓球。
手前では、オープンエア・ベンチで充電しながら読書する人が数名。

こんなところが出来たんだ。
へぇ。

帰宅するときれいな夕焼けが見えた。

Dsc_3930 19:15頃。

そろそろ夏至だっけ?
梅雨も休憩の空。

2020年6月14日 (日)

ロマネスコ

パソコン三昧の日々に色の違う話題。

Dsc_3923 ズッキーニ

右側のズッキーニは、イタリアに古くから伝わる
ズッキーニ・ロマネスコ。

なんと、皮が柔らかくて水分も多いので生食も可能だそうだ。

おもしろいなぁ。

Dsc_3922

楽しみをいただいた前後はひたすら添削。
今週は、通奏低音を聴きながら録音したパートを各学生さんから送っていただいている。
音程の考え方を勉強してほしいからだ。

その録音をききながら、お一人お一人に
iPad上のスコアに考察を書いていく。
担当しているのは管楽器の学生さんたち。
合奏系の授業が始まったら、まず向き合わなければならない和声感。

導音の役割、第3音の選び方、完全音程の感覚・・・

合唱は難しいけれど、録音をする過程を通して
気づいてもらいたいことがたくさん!
次の授業までに各声部を重ねるべく編集して、
グループごとのコラールを聴いていただく予定だ。

途方もない作業だけど、目的をもってこなしていく。

2020年6月13日 (土)

安産祈願

同僚の作曲家さんが、まもなく出産。
ずっと行きたいと思っていた安産祈願。
Dsc_3919 水天宮

雨の中15年ぶりに来てみたら、近代化が進んでいた。

Dsc_3918 犬っこもマスク。

腹帯で作ったマスクだそうです。
祈祷をお願いして帰宅。

無事、新しい命と出会えますように・・・

2020年6月12日 (金)

合わせ再開

さっそく合わせを再開!
7月に延期したデュオの演奏会も、どうなるかまだ分からないけれど
コンサートを迎えるための準備は、当然進める。

まずは、4月以来のカンを戻していく。
不思議なもので、頭をつかって染み込んでいるものは
キチンと覚えている。
解釈、音色、距離感、そして逃げ方!?

でも、音を聴く感覚が全然違う。
考えてみたら、室内楽などのナマのアンサンブルから
こんなに長い時間離れたのは初めてだ。

なんだか、じんわり涙が出てきてしまった。

思えば、演奏人というよりデジタル人の時間が長かったもんな…

Dsc_3916

今日の空は、とても広かった。

2020年6月11日 (木)

アラート解除?

授業を終えて、車移動。
4月2日に満タンにしたガソリン。

Dsc_3908  いいよセブン!

外は、歩行か車のみで移動しているので、

Dsc_3906

4月2日以来、777キロ移動したらしい。

今宵、レインボーブリッジが。

Dsc_3910 20時20分

そして23時50分。

Dsc_3911

レインボーに戻ったらしい。
しかし、今日の都内感染者は40人を越えている・・・

2020年6月10日 (水)

短時間だけど

オンライン・レッスンが終わったら、19時。

迷ったが、貴重な晴れだしお散歩へ。
片道1キロの20分散歩。

Dsc_3905 午後19時15分

そろそろ夏至かな。


2020年6月 9日 (火)

15年ぶり?

我が家に1台ある冷房。
レッスンで若者が来るときか、客人を招いたときにしか
稼働しない文明の利器。

「今年は、使うことになるかも」

と、急に思い立ち朝から分解。

Dsc_3899

自動クリーニング機能がついているらしいけれど、
網には、ホコリが。

外せるだけ外して洗って、干す。
Dsc_3900

さて、今年はいつ稼働するかな。

ちなみにベランダの薔薇。
Dsc_3901

一気に咲きました。

Dsc_3902 今日の夕日。

明日も元気に過ごせますように。

2020年6月 8日 (月)

授業5週目

さぁ、今日から5週目の授業だ。
授業の準備がギリギリまでかかって、完全寝不足ながら、
いつものように、ヨガと筋肉トレーニングを30分。

Dsc_3887

ベランダでは、たくさんのつぼみ。
みんなお日さまのほうをみて元気だ。

さぁ、今週もがんばろう。

2020年6月 7日 (日)

ぐるっとまわった

明日からの授業の準備をあと少し!でやめて
(キリがないというのもある。)
散歩に出かけた。

6月2日発見した豊洲ぐるり公園。
今日は2時間かけてぐるりとまわった。

出発して45分後、最南端。
Dsc_3893 レインボーブリッジ
ここまででうちから4キロほど。

Dsc_3889 お台場方面

今日は北風かな。
今度飛行機乗るのはいつだろう・・・

往路は、夕日と反対側の道を。

Dsc_3895 左は豊洲市場

おおきいなぁ。
日曜日にも関わらず、トラックの姿も。

しばらく歩くと、羽田行きのバスから見える建物が見えてきた。

Dsc_3896 なんとかという建物。

つづいて、この建物は初めて見た。

Dsc_3897 なんとかという建物2

たくさんオリンピック施設があるが、地元にいながら
どれがどれだかわからない。

祝!1万歩達成。
いや、はるかに超えていたかも。

2020年6月 6日 (土)

屋形船!

やっと!土曜日の夜がやってきた。
午前のレッスン後は、変わらず添削および授業の動画や音源資料制作三昧だが
しっかりと体には栄養を。
今が旬。

Dsc_3884 ベビーコーン。

つぶつぶが、真珠のよう。いつもの千葉からの八百屋さんにて入手。
そして、もはやベビーとは言えない大きさ。

そして、地元を応援してテイクアウト。

Dsc_3879-2 前菜盛り合わせは17種類!

いつものように窓を開けていると、懐かしい音が。

Dsc_3881  背後で東京アラート発令中

屋形船!

緊急事態宣言が解除されて、2週間。
まだまだ予断を許さない状況だが、
少しずつ、ご近所さまも動き始めたようだ。

2020年6月 4日 (木)

あれ?

このひと月。
今まででは考えられないほど自宅にいたはずなのに。

Dsc_3924

去年の同じ時期と、ほとんど消費電力が変わっていないらしい。
夜明けとともに起きて、太陽光をライティングに授業。
できるだけ、太陽光充電をして(といってもデバイスの充電分くらい)
夜はいつものように裸電球1つですごし、疲れたら寝る。
(→授業が心配で、自然と朝4時ごろ夜明けとともに目が覚める。)

いなか出身ならではの体質。

2020年6月 3日 (水)

東京アラート

昨夜、どうやら東京アラートが出たようだ。

Img_0224 会議後

23時過ぎに外を見た時に、この色はさすがにぎょっとした。

さぁ、今日も一日がすごい勢いですぎる。
大学院の授業も英恵さんを迎えて2日目。

Dsc_387_20200620215301
先週は、弦楽器奏者の視点からの提言を中心にすすめたが、
今日は、ピアニストがそれに対して具体的にどんなアプローチができるのか。

石田先生に、ピアニストのテクニカルからのアプローチにお力添えいただき
今日も、気づいたら時間が過ぎてしまうほどの勢い。
学生さんからも、発言が増えてきてとてもうれしい。
とても2回では終わらないほどの内容。
お二人の先生方、どうもありがとうございました。

レッスンや授業について、少しずつ対面の話も出ているが、
今のところ、ほぼすべての学生さんがオンラインでとなっている。
今週は、このままオンラインですべてが終わりそうだ。

安全性を考えるとありがたいが、授業に関する業務がとてつもなく多く
どの教員も疲弊している。

2020年6月 2日 (火)

ぐるり公園

しばらくすわりっぱなしの生活。
毎日7800歩平均で過ごしていた去年度から
72歩平均!の日々。

筋肉量が少なめと表示される日々が増えてきた。
日々ひとりでいると不安になるもので、
今日は突然。

「アカン。あるこっ」

と意思決定をして、17時頃家を出発した。
とりあえず海方向へ。

Dsc_3856

更に南西へ。

Dsc_3857

どこまで続くんだろ。

Dsc_3858

ほぉ。この先はずいぶん続くらしい。

Dsc_3864

これはもしや、築地からきた東京市場か。

Dsc_3866

向かいは、晴海ふ頭と東京タワー。

Dsc_3867 レインボーブリッジ

ついに、埋め立て地の端っこまできてしまった。

20200602171425_p  

うちから40分くらい歩いただろうか。
知らなかったなぁ。

うちに帰るとかろうじて1万歩越え。

20200602184330_p 10,630歩

ポストには、どうやら区役所から重要書類が。
例のものだろうか。

Dsc_3871

22時頃から、明日の授業に向けて名古屋と都内2カ所を結んで会議。

Dsc_387

ヴァイオリニストが求める事を、ピアニストがどれだけ
想像力をもって反応できる可能性があるのか
話はなかなか尽きず、今日も気づけば23時越え。

お二人とも、たった90分の授業のために
本当にありがとうございます。
明日もどうぞ宜しくお願い致します。

発見の多い1日。

2020年6月 1日 (月)

6月

今日から6月。
もう4月1日を最後に公共機関の乗り物にのっていないから、
通勤ラッシュからも縁遠い。
その点では体力的にはけっこう助かっているけれど、
授業の質を追求すると、
やはり対面の必要性を感じる授業4週目開始!

1限のみなさんの出席率も常にほぼ100%ながら
2限の宇宙人のみなさまのエネルギーがあつい。

Dsc_3854 デバイス2つで進める

ミュージカル科の1年生と声楽科の1年生。
言葉を媒体とする専攻だからこそ、常に自分の言葉で考えを話してもらいたい。
そう願っていたら、遠隔授業にして発言はかなり多い。
おかげで、授業計画は崩れっ放しだけど、
うれしいかぎりだ。

ミュージカル科は伝統的に常に実践的。
この状況下でもさまざまな工夫の中、
ダンスも歌も、YouTubeなどを活用し活発とのこと。
去年まで対面授業時は、白目をむきながら
「先生そろそろ私、朝1番のこの授業はダウンかもしれません。」
と話してくれいた先輩たちのことを思い出しつつ
その熱心さが、新入生の1年生に変わらず引き継がれているのがとてもうれしい。
もちろん、声楽科のみなさんも常に出席率100%だ。

すごいなぁ。
いつも月曜日は10時間ほぼぶっ続けで大変なはずだが
終わった夜はとても心地よい元気エネルギーに満たされている。
ありがとう!

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo

コンサートのご案内

  •  <ピアノ・デュオ・リサイタル>

     ~石田多紀乃・原田愛~
    【長野公演】8月以降に延期
    【東京公演】9月4日(金)5日(土)に延期


  • <中止・バソン・マスタークラス>

    ~フィリップ・ベルトラン
    5月5日(祝)中止となりました。


  • <中止!アンサンブル・ヴァリエ>

    ~アンサンブル・ヴァリエ音絵巻~
    5月3日(祝)中止となりました。

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ