« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020年7月30日 (木)

試演会も

前期は、吹奏楽やオーケストラなど
合奏系の本番も、すべて中止となってしまった。
学生さんたちにとって、本当に辛い事だろう。

こういう時だからこそ、やはりできることはやって行きたい。
そう考え、前期後期の節目に行っている試演会は行うことに。

オンラインで・・・

質の良い音をめざせば、録画がいい。
でも。
本来コンサートは、音は聴いてくださる方とともにある。

というわけで、音の質より
「みんなで聴こう、一度しかないその人の音楽!」
とした。

もちろん、授業をしていても通信環境が悪くて
授業を受けられない!と急になる人も多い。
でも、コンサートとなれば本番に穴をあけることは許されない。
そういうプロフェッショナルな考えも知っていただきたく
生演奏時に通信が落ちた時に備え、
全員に事前に一発撮りの録画も送っていただいて、
スタンバイ。

Dsc_4162 タブだらけ。

いざ始まってみると、ひとりも通信から落ちることもなく
無事終了。
中には、電車の中から仲間の演奏を聴いてくださった人もいて
本当に聴きたいと思えば、聴き手にも色んな参加の方法があるのだなぁと
びっくりする事も。

恒例の一言トークでは、2か月の自粛期間中は学校も閉じてしまい、
「家で主科の楽器も演奏できず、ピアノが有ってよかった」
という人も。
膝の上でキーボードを弾く人もいれば、
学校に入れないため、カラオケで楽器を演奏した人も。

半年ぶりに聴かせていただくと、
お一人お一人の心のうちが音にしっかり出ていて、
音楽に一番大切な「その人にしか出せない音」に
しっかりと出会えた時間でした。

ありがとうございました!

Dsc_4163 終演後のお散歩

まだ空は、梅雨だなぁ。

2020年7月27日 (月)

今週も!

非日常の授業第12週開始!

今日は本来、対面授業の予定で、
しかも昼には弦楽のソリストオーディション伴奏の予定が・・・

すべてオンラインとなり、オーディションも中止。
試験の前だし、しっかりと質疑応答をしたかったが
残念だ。
今日の終わりは19時。
とっても疲れたが、サクッと散歩へ。

Dsc_4161 

雨が降ってきて、慌てて帰路についた。

2020年7月26日 (日)

花咲かジィ・ごはん

ビーツが3個、安く手に入り、
豪快にゆでることに。

Dsc_4151 いい色!

サイコロくらいにきざんで・・・

Dsc_4153
マスタードとビネガーで味付け。

これまた安く手に入れたサーモンは、
桜チップでサクッと燻製。

Dsc_4156 モクモク・・・

火災報知器が鳴らないように、ベランダで
花咲か爺!(←かなりモクモクします。)

Dsc_4157

レアにスモークし、あっさりと塩コショウの香辛料で味付け。

Dsc_4154

ついでに燻製したうずらの卵とチーズとともに
簡単に作ったラぺでサラダを。
枝豆もそろそろ普通に出回るようになって嬉しい。
もちろん、大好きな秋田産だ。

さぁしっかりと食べて、明日からもガンバンべ。

2020年7月25日 (土)

機内で

ANA22便 伊丹→羽田

人ゴミをできるだけ避けつつ移動。
飛行機の座席も、
Dsc_4136 

後ろは壁。
まわりも、密にならないように設定されていて
周りにはほとんど人がいない。

今日はモニターが各座席にある機材。

必ず流れる非常時の説明も、ANAはユニーク。
Dsc_4137

歌舞伎役者さん達が演じている。

Dsc_4140 緊急時スライド

離陸に向けてのタキシングが始まると・・・

Dsc_4143

空気の循環が良くわかる。
機内に流れる説明によると
3分で機内の空気がすべて入れ替わるそうだ。

Dsc_4147 葛西臨海公園付近

梅雨空の中、着陸。
今日は南風かな。

2020年7月24日 (金)

用心

今日は本来、解体することになった祖母の家に行って
荷物整理をする予定だった。
小学1年の夏まで住んでいたところで
その後も、学校が終わって両親が迎えに来るまでは
祖母と過ごした場所。

しかし、この状況により話し合って中止。
神戸で予定していたレッスンも、オンラインに切り替えた。

ところが。

今回のホテルのお部屋は、Wi-Fiの状況が悪い。
フロントにその旨を連絡したら、あっという間に

Dsc_4132

ランケーブルと、加えてポケットWi-Fiまで届けてくださった。
さすがに慣れていらっしゃる。

夜は、「音楽のREGALO」。
関西のオケを中心に活躍する皆さんによる演奏会。

ソーシャルディスタンシングの客席。空けた席には
ひとつひとつ、演奏者のみなさんのメッセージが。

Dsc_4131-1

私の前は、ヴィオリスと小峰さんのメッセージだった。
最後尾の座席に、開演ぎりぎりに入り、
ほとんど一言も発せずに会場を後にしたが、
本当に素晴らしいコンサートだった。
彼らは、今もほとんどのお仕事がキャンセル。
そんな中、医療関係者への感謝の衣装で音を奏でる喜びにあふれた空間は
しっかりと心にエネルギーを与えてくれた。

会場内の遠く離れた席には、両親も聴きに来ていた。
久々に市内に出てきたそうだ。
2月以来の再会だったけれど、用心してほとんど話さず。
でも、心から音楽を楽しんだ両親の姿をみられて
とてもうれしい時間だった。

2020年7月23日 (木)

急遽の事態

対面授業のはずが、
授業12時間前にしてオンライン授業に変更のお達し。
慌てて資料を作り直し、何とか授業開始時刻の9時に
最後の資料もあげ終わった。
今後もきっとこういう事態はあるだろうなぁ。

というわけで、本来夜に収録予定だったものも延期となり
21時の新幹線のはずが、夕方の新幹線に。

Dsc_4125 3人!

用心して、すいている車両をとった。

Dsc_4126

そして、膨大な添削は移動中も続く。
学生さんはこうして、答案を写メにとって提出してくださる。
今日は新幹線のWi-Fiも好調。

助かった。

2020年7月22日 (水)

いいこいいこ

自粛以来、何かと車移動の日々。

Dsc_4121

いい子いい子となりました。

車は今日から車検。
無事帰ってくるといいなぁ。

2020年7月21日 (火)

自粛?

今月も・・・

Dsc_4123
電気代は
156kwh→138kwh

今年は涼しいので助かる。
地球にやさしい生活を心がけ、健康な日々。
田舎体質に感謝。

2020年7月20日 (月)

座学の対面授業

今週から、音楽分析や和声学などの座学授業も対面開始。

Dsc_4113 朝の教員室は無人!

とはいえ、生徒さんの中には日本に入れない留学生も多く
対面授業とオンライン授業の併用だ。

Dsc_4117 授業開始3分前

教卓の上に置いたパソコンと、オーディオをつないで、
ホワイトボードに照射し、
目の前の学生さんと、画面の向こうのオンラインの学生さんと
両方に向けて授業をすることになる。

いつもなら、ホワイトボードに五線を照射して板書するが
それも、もう一つのiPadで五線紙を画面共有して
それをホワイトボードに映す。
なんだか変な感じだ。

1限の和声学は、ほとんど個人で取り組む課題が多いが
2限の音楽分析基礎講座は、そうはいかない。
パソコンのカメラは、自分では無く
教室にいる学生さんの方を向けて
できるだけ、オンラインの学生さんとの意思疎通を図る。
和音の聴き分けなどは、I 右手 V 左手 IV 両手 IIはピース
とミュージカル科ならではのジェスチャーの大きさが笑えた。
みんな元気そうで何よりだ。

しかし、自分は大混乱。
いつもなら、作曲などの課題を順にパソコン上で
提出していただいたものを順にみていくので良いけれど、
やはりどうしても、パソコンから離れて
目の前にいる人達に時間を取ってしまう。
これは次回への課題だなぁ。

午後は、帰る暇がないのでそのまま学校で。

Dsc_4120 
ピアノとピアノの間に、透明の幕で仕切りが。

3人対面の人以外は、レッスン室からオンライン。
楽器資材室で、ポケットWi-Fiを借りたことで
今日はほとんど通信障害もなく、レッスンが進んだ。

しかし対面では、どうしても透明な壁にへばりつくサルとなる。
夜、帰宅する前には鍵盤の消毒と共に、
シールドの消毒もモチロンさせていただきました…

新しい世界の一日、無事終了!

2020年7月19日 (日)

鉄道遺構4

産業の発展に寄与した跡の鉄道遺構を発見してから
運動不足散歩はその探訪にいそしんでいる。

日本郵便の中枢、新東京郵便局に行く途中にある不思議な踏切も
実は、その名残の貨物線であることが分かった。

というわけで、自転車で線路沿いを北上。
といったって、この線路を電車が走るのには一度も出会ったことはない。

途中着かず離れずで出会った公園。

Dsc_4104

その名も線路公園だ。
線路の真横。
Dsc_4103
しかし、電車は来ない。
公園が尽きてから、再び普通の道へ。

しばらく行くと・・・

Dsc_4105

小名木川橋梁。
かつては複線だったが、今は単線で片方が寂しい。

そのたもとも風流なレンガ造り。

Dsc_4106

人影少ない、夕方。

Dsc_4110

スカイツリーもたそがれ。

2020年7月17日 (金)

ピリッと!

刺激的な毎日だからこそ、
更に刺激が欲しくなる!?
というわけで、お昼は

Dsc_4095

さぁてなんでしょ。

Dsc_4096

グリーンカレーでした。
しかも辛さに妥協無し!
来週から対面授業(on-line併用)が始まる。

体力つけなきゃ。

そして今宵、自粛運転走行距離は

Dsc_4098 いい子いぃぃ~

になりました。

2020年7月16日 (木)

新幹線の放送チャイム

今日の複旋律聴音は選択制。
1つは、ギャロンの3声旋律。
もうひとつは・・・

Dsc_3958

マボロシの、0系新幹線放送チャイム。
しかも、作曲はあの黛敏郎。

今ではおなじみの駅に着く前などの放送前に流れる音楽は、なんと
1958年から「ブラームスの子守唄」!が使われるようになり、
1960年からは「鉄道唱歌」が使われるように。
その流れを受けて1964年10月に開通した東海道新幹線でも
「鉄道唱歌」が使われていたのですが、
時速200キロの超特急に相応しいのだろうか?という意見があり、
黛さんに委嘱されました。


 0系 黛

で検索すると、その録画が出てくると思います。
そのうちの一つ ↓

https://www.youtube.com/watch?v=YY-i4kYA714

不協和音程とともに、増三和音で構築されたチャイム。
夜中に、聴音用にピアノで録音したのですが、
なかなかに、不気味な時間でした。
これを聴いたみなさんは、旅情にひたれたでしょうか・・・
むしろ、火星にやって来たとしか思えない気が。

ちなみに、これにチャレンジしてくださった学生さんは
4名!でした。
しかも、なかなかに良い分析力。
お疲れさまデシタ。

2020年7月13日 (月)

本番は有れど・・・

今日も、オンライン授業とレッスンを終えてぐったり。

例年の様に対面授業とレッスンなら、そんな言葉は出ることなく、
20時から合わせを普通にこなしている7月。

今年は、新たな事態が起きている。
大学関連の本番は変わらず有るけれど・・・

なんと、合わせができない!

大学から、学校での合わせを禁止されているのだ。
学生さんが手配できる練習室も、一人一部屋。
教員サイドも、もちろん合わせのためのお部屋を取ることはできない。
感染拡大防止の観点からは当然のことだ。

なのに。

ゼミ関連の演奏会は有るらしい。
矛盾している。
とはいえ、せっかくいただいた本番の機会だ。
知恵をシボリに搾り、合わせ?を進めている。

まず、共演者さんの録画を送っていただく。
これは、大学院のアンサンブル・ピアニストの授業で得た知恵の応用だ。
まず、一緒に演奏する仲間がどう考えているのかが知りたい。
(と、本当は学生さんから言ってもらいたい。
学生さんでなければお互い同時進行している)

それに合わせて弾いてみる。
そして、その動画をそのまま送る。
アンサンブルは、常に相手の音が頭で鳴っているべきだ。
合わないという事は、解釈が違っている可能性がある。

というわけで、送った動画を聴いての学生さんから意見を聞き
こちらからも、自分が考えたことを楽譜に書き込み送る。

Dsc_4099

あぁー。話し合えれば本当に楽なことが、とにかく時間を食う。
モチロン学生さん側から、「テンポが定まっていない」(←これが一番多い)など
意見をいただけるのだが、とにかく直に一緒に合わせをするのとは差がありすぎる。
ため息をつくばかりだ。

特に1年生なんて、会ったこともない。

本番に向けてのコントロールが足りていないのが見えるけれど
「週末は自宅なので、次に楽器が演奏できるのは3日後です」
と言われてしまうと、どうしようもない。

都会の住宅事情は、音出しも自由でないのだ。

となると。
どうやって、本番へのモチベーションを共有するかを考えると同時に
今の彼らにとって、大切なことは何かを
根本から考えなければならない。

演奏する事ばかりが、今の彼らに大切ではないかもしれないのだ。
とはいえ、ゼミは演奏会だしなぁ。
もっと早くわかっていたら、
こんな時にしかできない事を提案できるが・・・

リミットは来週木曜日。
悩みは尽きぬ。

2020年7月12日 (日)

配信

ふとお昼過ぎにSNSを見たら、
1ページ目に「今日配信やっています!」
という案内が。
大慌てで、観覧の決済をして待つ。(ペイパル決済で可能)
30分以内にメールが来て、書いてある配信アドレスから視聴。

Dsc_4082 大阪府文化芸術事業

いつもお世話になっている皆さんによる無観客演奏会。
収録とはいえ、一発撮りという緊張感も伝わってくる。
こういう状況の中ならではのコンサート。
モチロン見るだけでもいいけれど、明日の期限までは見放題なので、
2度目以降は、気になる弓順の部分を止めながら
見ることだってできる。
なぁんて。

近頃、あまりに画面ばかり見ているので
デジタル拒否反応が起きてしまい、SNSから遠ざかっていた。

久々に仲間の演奏が聴けて、幸せタイム。

2020年7月11日 (土)

なかなか明けぬ

毎日雨が続く。

Dsc_4080

この後、また強風と共に雨が降ってきた。
運動不足も続く。

2020年7月10日 (金)

鉄道遺構3

珍しくレッスンのない金曜日!

Dsc_4069

変わらずベランダの幸のお昼ご飯。

夕方はさすがに腰が痛くなって、
近頃恒例の鉄道遺構のお散歩に。

あまり時間がないのでご近所にした。

Dsc_4070

しおかぜ橋

Dsc_4071

実は、トレンディードラマの撮影名所らしい。

Dsc_4073  橋の上からの風景。

住宅の裏に、ひっそりともう使われなくなった線路が。

反対側には・・・

Dsc_4074

京葉線が、地上に出てくる線路と、
左奥にはJR越中島貨物駅。

今は!

Dsc_4078 チキ5500 AI

チキとよばれる、線路を専用に運搬する車両基地がある。
途中から雨が降って来たけれど、
めげることなく、チキを見つめ続ける鉄っちゃんサルが一匹。

2020年7月 9日 (木)

こんな時だからやってみよう

ソルフェージュの授業で何が困るってアンサンブルができない。
というわけで、たまにはリモート・アンサンブルを。
25人を3グループほどに分けて、パートも自分たちで決めていただいた。
とはいえ、昨年からご一緒している仲間も多く、
弦楽器・打楽器・教育やさんグループはなかなか良いものができた。
今日は、それぞれのグループ仲間と聴きながら質疑応答。



最後の第3音の高さには、悲鳴があがった💣
そりゃぁ、直接会えないし和音の解釈も充分に論議できないままのリモート録音だもの。
でも、こうしてみんなで録音を聴きながら、思うことを言い合える時間はやはり大切だ。

17 クレ読みも兼ねている。
歌詞と書法のアナリーゼは浅くなってしまったが
次回につなげていきたい。

2020年7月 7日 (火)

おそらへ

いただいたご縁は限りなく深く。

Kuemonmama

まだ信じられません。

「音楽でお見送りしよう」

くしくも自粛以来、私たちにとって心から音を奏でる時間となりました。

きっと、くえもんママのお導きだ・・・
みんなでその意味をかみしめました。

天界で、笑っていただけますように。
本当にありがとうございました。

2020年7月 6日 (月)

実際は?

さぁ、今週もはじまる。
月曜日の1限。初動は気合が要る。

だんだん蒸し暑くなってきた。
というわけで・・・

Dsc_4064 ヤンキー誕生。

画面に映る首周りは真面目だけど、
暑い足回りはステテコ✌

さぁ、12時間バンガルのだ!の図。

2020年7月 4日 (土)

お散歩

自粛以来、お散歩が習慣になった。
というわけで、大阪でも空き時間にお散歩。

Dsc_4053

いつもの滞在先から、たった徒歩10分。

Dsc_4054

そう、大阪城。
こんなに近いとは、全然知らなかった。

Dsc_4059 ほとんど人はいない。

天守閣に登りませんか~とお誘いされたが、
あまり時間がなく断念。

Dsc_4056

石垣の作りはとても面白い。
計算して作られているとしたら、すごい技術だ。

Dsc_4060

大阪独自のシステムにも参加。

Dsc_4061

向かいはNHK。
昔お世話になったころは、手前の建物は無かったなぁ。
小一時間、雨の中のお散歩。

2020年7月 3日 (金)

3ヶ月ぶり

4月1日以来の空。
新しい日常、空の場合。

Dsc_4042 

欠航はやはり多いまま。

Dsc_4043 案内所

カウンターにはロボットが。
今日は神戸空港へ。

Dsc_4044
券売機は、1つおきに。

Dsc_4047

待ち椅子にもきちんとソーシャルディスタンシングの印が。
飛行機に乗る順番も、奥から。
そして、座席にも6割の人数しか乗せていないらしい。

Dsc_4048

機上のサービスはすべて停止中。

Dsc_4050

久々の六甲山。
梅雨空だ。

2020年7月 1日 (水)

対面授業初日

7月に入った。

クラスの学生さん全員が「対面授業」を希望した大学院の授業
「アンサンブル・ピアニストのための研究」
のため大学へ向かう。
3月以来だ。

Dsc_4022  
校門に入ると体温チェック。

Dsc_4030 働き者芝刈りウサギもマスク中

授業の部屋に行くと、各机の椅子に1つずつ開けて座るよう
張り紙がしてあった。

しかし、学生たちはくっついて座っているので
離れてもらう。

ピアノを弾く学生に代わって、弾いて見せるたびに
アルカリ電解水で消毒。
授業30分ごとに換気。

それでも、やはり対面の授業の方がきちんと音も聴けて
しっかりと判断しやすいし、学生さんたちの表情もみえるので
授業しやすい。

その後、レッスン棟に行くと懐かしの打楽器の学生さんたち。
久々の再会を喜ぶ。

エレベーターも立ち位置の指定が。

Dsc_4026

レッスンのお部屋も、

Dsc_4028

ピアノ1台ごとに、透明のシールドがひかれていた。
しかし、電波が悪い。
リモートのレッスンの学生さんとは、ブチブチに電波が切れて
何をやっているのかわからないほどだった。

夕方からは成城ソルフェージュ研究会の初日。
40分前には先生方が集合されていて、準備におおわらわ。

Dsc_4031 今日は、机ひとつに一人ずつ。

学生さんが17時頃まとまって来たので、検温の列ができてしまったのが反省点。
おでこで測る体温計は、前髪が挟まるとうまくいかないという事も分かった。

授業を終えて、消毒清掃。
これが、なかなかに大変で今日は45分以上かかった。
しかも、マスクをしたままで汗だく💦

体力勝負の対面授業初日、無事終了。
ありがとうございました。

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo

コンサートのご案内

  •  <ピアノ・デュオ・リサイタル>

     ~石田多紀乃・原田愛~
    【長野公演】8月以降に延期
    【東京公演】3月12日(金)13日(土)に延期


  • <中止・バソン・マスタークラス>

    ~フィリップ・ベルトラン
    5月5日(祝)中止となりました。


  • <中止!アンサンブル・ヴァリエ>

    ~アンサンブル・ヴァリエ音絵巻~
    5月3日(祝)中止となりました。

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ