« 配信 | トップページ | 新幹線の放送チャイム »

2020年7月13日 (月)

本番は有れど・・・

今日も、オンライン授業とレッスンを終えてぐったり。

例年の様に対面授業とレッスンなら、そんな言葉は出ることなく、
20時から合わせを普通にこなしている7月。

今年は、新たな事態が起きている。
大学関連の本番は変わらず有るけれど・・・

なんと、合わせができない!

大学から、学校での合わせを禁止されているのだ。
学生さんが手配できる練習室も、一人一部屋。
教員サイドも、もちろん合わせのためのお部屋を取ることはできない。
感染拡大防止の観点からは当然のことだ。

なのに。

ゼミ関連の演奏会は有るらしい。
矛盾している。
とはいえ、せっかくいただいた本番の機会だ。
知恵をシボリに搾り、合わせ?を進めている。

まず、共演者さんの録画を送っていただく。
これは、大学院のアンサンブル・ピアニストの授業で得た知恵の応用だ。
まず、一緒に演奏する仲間がどう考えているのかが知りたい。
(と、本当は学生さんから言ってもらいたい。
学生さんでなければお互い同時進行している)

それに合わせて弾いてみる。
そして、その動画をそのまま送る。
アンサンブルは、常に相手の音が頭で鳴っているべきだ。
合わないという事は、解釈が違っている可能性がある。

というわけで、送った動画を聴いての学生さんから意見を聞き
こちらからも、自分が考えたことを楽譜に書き込み送る。

Dsc_4099

あぁー。話し合えれば本当に楽なことが、とにかく時間を食う。
モチロン学生さん側から、「テンポが定まっていない」(←これが一番多い)など
意見をいただけるのだが、とにかく直に一緒に合わせをするのとは差がありすぎる。
ため息をつくばかりだ。

特に1年生なんて、会ったこともない。

本番に向けてのコントロールが足りていないのが見えるけれど
「週末は自宅なので、次に楽器が演奏できるのは3日後です」
と言われてしまうと、どうしようもない。

都会の住宅事情は、音出しも自由でないのだ。

となると。
どうやって、本番へのモチベーションを共有するかを考えると同時に
今の彼らにとって、大切なことは何かを
根本から考えなければならない。

演奏する事ばかりが、今の彼らに大切ではないかもしれないのだ。
とはいえ、ゼミは演奏会だしなぁ。
もっと早くわかっていたら、
こんな時にしかできない事を提案できるが・・・

リミットは来週木曜日。
悩みは尽きぬ。

« 配信 | トップページ | 新幹線の放送チャイム »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 配信 | トップページ | 新幹線の放送チャイム »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo

コンサートのご案内

  •  <ピアノ・デュオ・リサイタル>

     ~石田多紀乃・原田愛~
    【長野公演】8月以降に延期
    【東京公演】3月12日(金)13日(土)に延期


  • <中止・バソン・マスタークラス>

    ~フィリップ・ベルトラン
    5月5日(祝)中止となりました。


  • <中止!アンサンブル・ヴァリエ>

    ~アンサンブル・ヴァリエ音絵巻~
    5月3日(祝)中止となりました。

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ