« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

2020年8月29日 (土)

デュオの収録にむけて

今朝は、打ち合わせと実験。

Dsc_4278


2020年8月28日 (金)

ベランダで個性が

今日から長野へ。

「留守にするけど、頑張っててね。」
といつものように、ベランダー。

このごろ、薔薇がエライ姿になっておる。

Dsc_4264

お花の中に、緑が。
いったいこれは・・・

2020年8月27日 (木)

感謝をこめて

長年お世話になっている秋田の羽後町。

羽後町の主のような存在で、伝統の美しさ
そして、新しい世界をその美しい手で開いてこられた
くえもんママさまが天界に旅立たれた。

今でも信じられない・・・というより
いつも傍にいてくださるように感じるいつものメンバーと
今日は感謝の音楽を。

Dsc_4285

スタジオを借りて、メモリアルの音楽を録画。
DVDにして、お送りする予定だ。

2月の演奏会以来、ほとんどの演奏会が自粛に飲み込まれたメンバーと
久々に、一緒に音楽を奏でる時間。

天界からも、「ほら、音楽がいるよ!」と。
くえもんママの声がきこえた気がした。

ありがとうございます。

2020年8月25日 (火)

お参り

ようやく夏季休暇になり、
おそばせながら、お墓参りを。

都内と千葉へ、順番に・・・

と。

Dsc_4261

おぉ。そろった!
と気づいたのは、
渋滞でじぃっとしていると前の車が、

Dsc_4260

5555だったから。

天界のみなさま、いつも見守ってくださりありがとうございます。

2020年8月23日 (日)

東京定演延期のお知らせ

8月16日にも、お知らせさせていただきましたが
昨今の感染拡大状況を鑑み、
正式に、デュオ・コンサートの東京定期公演を
再延期させていただきます。

今のところ、サロン・テッセラさまとご相談させていただき

2021年3月12日(金)
2021年3月13日(土)

へのスライドとなっております。

既に延期公演にとお声がけいただいていた皆様には、
直接ご連絡させていただきます。
なかなか、決定ができず大変申し訳ございませんでした。

なお、2020年度も震災遺児のみなさんへの義援金を続けるべく
秋に公演配信を計画しております。
8月末に、このプロジェクトについて具体的に動き始めますので
決まり次第、こちらにご報告させていただきます。

Nec_1155

ひとりひとりが、自分の個性と役割を知り
ともに助け合い生きていける世の中となりますように。

2020年8月21日 (金)

ゴシゴシ

今日から、大学での合わせも許可がおりた。
今までは、本番は有るにもかかわらず合わせは許されていなかったので
お互い録画を送りながら考えを交わしていたから
本当にありがたい。

というわけで、さっそく学校へ。

「初めまして、では収録!」

締め切りギリギリだから致し方ないけれど、
主科の先生もご協力くださり、何とか終了。

少しずつ、大学も日常を取り戻しつつあるのかもしれない。

今日の通勤は車で。

Dsc_4247

ゴシゴシ。

2020年8月20日 (木)

終了!!

朝、急いで東京に帰る。

Dsc_4244  

変わらず、少ない人数のフライト

Img_0341

富士山も遠慮がちだ。

午後は、前期の成績会議。
これで成績を入力して提出すれば、晴れて前期終了!

いやぁ、長かった。
小さな画面で繰り広げる授業や実技レッスン。

でも、本当に大変だったのは学生さん達だろう。
特に新入生や留学生のみなさんの心労たるや想像を絶する。

半期のあいだ、大パニックな教員にお付き合いいただき
ありがとうございました。

2020年8月19日 (水)

お家でリフレッシュ

17時まで、みっちりフォーレの合わせをしたのち、
今日は、大阪クラシックの演奏収録。

Dsc_4243 曲によって配置換え

相愛大学のアートプロデュース専攻の方々とのコラボ。
「ストレッチ」や「リズムゲーム」で、
ステイホームでも楽しみながら運動不足解消とリフレッシュ。

ということで、曲も学生さんたちが選んでくださった曲。
カメラも大小たくさんで、まずは全体映像テイク。
そして、接近映像テイク!?などさまざまに工夫してくださっていました。
しかし、体操は別撮り。
演奏人としてはどんな体操が組み合わされるかが知りたい。
例えば「白鳥」でも、さまざまな解釈が可能だ。
かつて、バレエのための録音で
「瀕死の白鳥という設定でお願いします」
といわれて、限界にゆっくり演奏したこともあるしなぁ。

そんな突然のお願いにもかかわらず、
頑張って伝えようとしてくださる姿が、とても嬉しい時間でした。
日々、オンライン授業と準備明け暮れているので
演奏よりもむしろ、体操がしたい!?

こちらも気づいたら20時をまわっていました。
遅くまでありがとうござりました。
放映を楽しみにしております。

2020年8月18日 (火)

久々の場所

今日は伊丹ではなく、関西空港へ。

機内では全員にアルコールシートを配っていただいた。
半年ぶりの実家近辺。

Dsc_4234
花ばぁちゃんが晩年暮らしていたマンションもみえた!
関西空港は、このご時世で閑散としている。

Dsc_4236 1階は国際線出口

通路も行きと帰りに分けられ、来る方に関しては体温チェック。
今日関西空港に降りたのは、いつも
一緒に演奏してくださっている仲間の皆さんが、
家業である製紙工場に足を運んでくださるからだ。

こんな譜面カバーが欲しい。
調湿効果のある紙で、弦楽器に効果的なものは?
梅炭紙の吸臭効果で、本番後の衣装に関わるものができるのでは?

などなど。
さまざまな提案をもってきてくださった。

広島で曾祖父が起業して、まもなく100年。
地球の一員であることをしっかりと意識し、
環境にやさしく、未来につながる企業だ。

Dsc_4239

Dsc_4240 シワ加工

暑い中、丁寧に説明してくださり、
音楽仲間は試作品の提案も。
こうして、一緒に音を奏でる仲間が、
一企業に興味を持ってくださることも、本当に嬉しい。

むかし、保育園から帰ってきていた祖母の家は、
いまは倉庫となっていて、企業の廃棄の紙を回収し、
資源として再利用していく場所となっている。

ひとつひとつの素材を、奥の奥までみつめて
未来にまで伝えていく。

このことは、音楽人と何ら変わりない。

2020年8月17日 (月)

前期最終日

ようやくこの日を迎えた。

てんやわんやの前期も、本日最終日。
朝には、オンラインで和声学と音楽分析の試験。
午後は、前期最後のレッスン。

オンラインでの理論系試験は、試験監督ができないため
実質持ち込み可能な試験と同じだ。
一応、meetをつないだままで試験を行うことを原則としたが
携帯しか持っていない人は、
試験問題を読むためにclassroomとの併用ができない場合がほとんど。
公平性が保たれるかには課題が残ったが
それでも何とか無事に終えることができた。

Dsc_4230 短時間昼食

さぁ、あとは採点と成績会議を残すのみ!

2020年8月16日 (日)

延期した公演について

9月4日(金)5日(土)に延期している東京定演ですが
今のところ、再延期の予定です。

やはり、感染拡大の状況が続いているのが最大の理由です。
ありがたいことに、このような状況であっても「今年も聴きたい」と
お声をかけてくださる方もいらっしゃるのですが、
コロナ禍で移動を制限されている方々、
お年を召された方や、遠くからお越しいただく方々にも
等しく、この時間をご一緒させていただく事を大切にしていたい。
そう考えております。

同時に、初回が3.11というあの日であった事には今年も向き合い続けています。
この状況であっても、学びの道は開き続けなければなりません。
あの年からずっと続けている、震災遺児のみなさまに送る義援金は、
今年も続けるべく、秋に収録配信を考えています。
そのことは、同じく8月以降に延期とした長野公演の主催者さんともタイアップして
「コロナ禍だからこそ、できること」
として、さまざまな案をいただいています。
また、具体化してきましたら、こちらでもご案内させていただきます。
なお東京公演の延期については、会場のサロンテッセラさんと最終調整中です。
決定次第、お知らせさせていただきます。

お盆休み最終日は、猛暑となりました。
さすがに冷房をつけて、明日の試験問題制作と採点の嵐に挑んでおります。
みなさまも、どうぞご自愛くださいませ。

20200816122826_p ナスのデュオ!?

ゴマで顔にしてみました。

2020年8月10日 (月)

熟考

お盆休み・・・ではなく奉職大学では試験週間の始まりを迎え
資料作成にテンヤワンヤ。
異例の夏だ。

9月の4日(金)と5日(土)に延期した3月のデュオの東京定期公演。
ふたりで、ずっと悩んでおります。

 行うべきか行わざるべきか。

会場のサロン・テッセラさんのコロナ対策に基づき

・本来は各日70名を30名に限定
・30分に1回、換気を5~10分
開演中も換気設備を運転、場合によってはホール出入り口ドアを開放。
・入口での検温と消毒
・マスクの着用

で開催可能な状態。

しかし、未知のウイルスに都心での感染拡大状況。
演奏したいという思いより、聴いていただきたいという思いより、

 「音楽は何のために有るのだろう。」

その事と向き合う日々だ。
教育現場でもしかり。
学生さんたちも、すべての本番を失い、
それどころか、一番の伸び盛りに
仲間と一緒に演奏する時間もたくさん失っている。
新入生のみなさんにいたっては、前期が終わろうとしているのに
面と向かって、ともに音で語り合ったこともない。

わたしたちデュオのコンサートの意味は。

初回が3.11だったこともあり、常にあの震災とともにある。
そして、二人とも教育現場にいるからこそ、
「教育は未来への宝だ」
という強い思いをもって、日々すごしている。

あの日以来、コロナ禍にあっても、
傷つきながら、優しい心とともに強くあることを背負い、
懸命に生きるワカモノと共にありたい。

その気持ちには変わりない。

学費の捻出だって大変なことだ。
未知のものに揺さぶられることのない
「芸術の役割とは」
に向き合う日々。

Rainbow

2020年8月 9日 (日)

作る

朝のフライトで東京に帰る。
Dsc_4197 荷物返却場

ガラガラだ。
電車も・・・

Dsc_4198 荷物スペースを配置した京成車内

ガラガラだ。

Dsc_4199 よかった!

数日の不在にも、うちの家庭菜園は元気。
今日は、豊富にできたバジルが虫に食われる前に!と
たくさんいただいたので・・・

Dsc_4208 くるみ割り入り

バジルペーストを作った。

Dsc_4209

色が変わらないようにオリーブ油で蓋をしてできあがり!

もうひとついただきもの。
Dsc_4207
でっかいシシトウ!?

2020年8月 8日 (土)

貝掛

小学1年生まで住んでいたところ。
阪南町(現阪南市)貝掛。
以後も小学6年になるまで、祖母の家として
週の半分ほどお世話になり、思い出の場所。

台風の影響で損傷して以来、
とうとう、今年の台風シーズン前に取り壊すこととなった。
コロナ禍で、その整頓のお手伝いを延期していたが
今日はようやく行くことができた。

Dsc_4189 モチロン検温を欠かさず。

扇風機をぶんぶん回して、思い出の品を整頓していく。
祖父と祖母が広島から持ってきたと思われる品も多く
ご先祖様の生きざまを感じる時間となった。

そして、母と過ごすのも2月以来。
もちろん、ソーシャルディスタンシングをしっかりとっての作業だが
久しぶりに母らしさを目の当たりにして嬉しい時間。

「知り合いの染物屋さんで、たくさん買うたんよ。
好きなのもってっていいよ。」

と譲ってもらったもの。

Dsc_4205

ポチ?

Dsc_4206

ワン!

Dsc_4204

ニンマリ!?


ありがとう!
とっても暑く厚く、温かな時間。

2020年8月 6日 (木)

8月6日

朝のフライト。
大切な時間は、羽田空港に向かうバスのなかで迎えた。
あの日から75年。
被爆国日本だからできることを考え、
黙とうをささげた。

Dsc_4185

今日は本来、チェリストとヴィオリストと一日合わせの予定。
当初は、カプースチンとベートーヴェンのチェロ作品、
そして、ブルッフのヴィオラ作品とブラームスのトリオの予定だった。
ところが、昨日になってコンサート会場が変更になったとのことで
急遽、フォーレのピアノ四重奏曲に差し替えとなった。
しかも、そのお知らせを読んだ時には、
既に9時からの授業に向けて出勤中で、
まったく楽譜も見られないうちの曲目変更・・・

というわけで飛行中、必死に譜読み。

午前は予定通り、カプースチンのチェロ小品を。
午後は、ピアノカルテットの大初見大会となった。
フォーレを終えた後も、どんどん初見大会は続く。
中でも、ベートーヴェンが15歳の頃に書いたと言われるピアノカルテット3曲は
どれも一作品ごとに勉強の跡がみられ、
そのあまりの素直さに、笑いながらすべて制覇!
最後は、ウォルトン・・・

素敵な仲間に恵まれ、なんと幸せなひととき。
あっという間に6時間以上過ぎ去り、
目と脳がシパシパ。

というわけで、大阪府知事の言葉に従い
「4人」で栄養を蓄えに。

Dsc_4188

大阪名物の紅ショウガ。
なんといっても、ソースに色んなこだわりがあるのも大阪だ。
ヒシ梅ソースはこのあたりの会社だそうだ。

外食は久々。東京では3月以来まだ一度もしていない。
横一列4人での楽しいひと時。
都民が嫌われる存在の中、お付き合いいただき
ありがとうございました!
みなさんのお心遣いに感謝。

2020年8月 5日 (水)

教員食堂

朝からの授業を終えて、教員食堂の紫竹へ。

Dsc_4179

日替わりは、「冷汁」
暑い夏にはとても助かります。
ごちそうさまでした!

2020年8月 4日 (火)

工夫

ご家庭で声楽を教えていらっしゃるが、
歌といえば、飛沫を避けられないと考えられる分野。
少しでもストレスを減らせるように・・・

Dsc_4175 

ホームセンターで2メートルほどのビニールシートを買い、
譜面台と本棚に紐を渡してカーテンレールをつくり、
可動式シールド・カーテンを設置。

 材料費はチャリ~んだ。

お年をめしていらっしゃるので、学校のようにカタい素材ではなく
間違ってぶつかっても大丈夫な素材を選んだ。

そしたらなんと!!

Dsc_4176 光り輝くビールたち!!

お礼にと、大好きなヴァイツェンをたっくさん含んだ
地ビールセットをいただいた。

いやぁ、エビで鯛を釣った気分。
ありがたやぁ~。

2020年8月 3日 (月)

受験生の試演会

午前中の夏期講習会の授業を終え、ホールへ移動。

いつもは、大学生と一緒に行う試演会。
高校生はオンラインというわけにもいかず、
管楽器の先生のご厚意で、ホールを手配していただいた。

しかしやはり、ご家庭の方針により
ホールには行きたくないという学生さんもモチロンいらっしゃる。
当然のことだ。

というわけで、みんなでお互いの演奏を聴いていただけるよう
ホールで、オンライン・ライヴをしながらの試演会となった。

Dsc_4174 リハ中。

千葉から、Googlemeetでつなぎステージ前にiPadを置き、
みんなで囲んで聴く。
そして、ホールでの演奏はライヴ配信して聴いていただいた。

終演後に、いつも感想文を書いていただくことにしているが
受験に向けた、改善点や仲間の演奏への考えがしっかりと書かれ
お互いに良い機会となったと思われる。

何かと大変な日々だけど、できることはしっかりと取り組める状況を作る。
たくさんの方々のご協力があってこそだ。
ありがとうございます。

2020年8月 1日 (土)

8月!

今日から8月。
ブログもほとんど書けないままですが、
いつものように、いつの間にか過去更新する予定です。

そんな中、今日は総合型入試徹底指導へ。

Dsc_4168

なかなか梅雨が明けないなぁ・・・の空。

Dsc_4169 教卓の前にはシールド!

今日もたくさんの高校生の方々が参加してくださいました。
弦楽器・管楽器・打楽器クラスだけでも40人弱。

広いお部屋で、距離をとって座っていただき、
しかもオープン教室で強力換気をしながらの授業。
広すぎて、最後方のかたには豆粒のような板書になっていたのでは・・・

休憩時間には、教卓前のシールドや
人が入れ替わる可能性のある机やいすも消毒をしてくださり
入試センターのみなさんの心配りがとても心強い空間。

授業終了後にも、たくさんのご質問をいただきました。
ご参加くださる方々が積極的なのはとても嬉しいこと。

明日からは、夏期講習。
感染拡大中の中の出勤で、すこしでも安全を期すべく
早朝出勤計画中。

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo

コンサートのご案内

  •  <ピアノ・デュオ・リサイタル>

     ~石田多紀乃・原田愛~
    【長野公演】8月以降に延期
    【東京公演】3月12日(金)13日(土)に延期


  • <中止・バソン・マスタークラス>

    ~フィリップ・ベルトラン
    5月5日(祝)中止となりました。


  • <中止!アンサンブル・ヴァリエ>

    ~アンサンブル・ヴァリエ音絵巻~
    5月3日(祝)中止となりました。

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ