« きよらかな | トップページ | 南信へ »

2020年10月 2日 (金)

実験2

正午過ぎからのリハに向けて出発!

途中、上信越道で。

Dsc_4378

走行距離、いいないいな!km達成。
よく頑張ってくれる車だ。

収録は16日に決まったが、
当日は調律やセッティングを含めるとほとんど時間がないため
ピアノの位置からのアングルと距離の想像を測る計る?時間。

鍵盤サイド
Img_0471 画面縦揺れ♒

鍵盤サイドに直接置くと、かなり振動が伝わることが分かった。
そして、カメラのレンズを避けていたとしても
ピアノの映り込みに人物が入る可能性も。

ペダリングもかなり細かいので、足元にカメラを置いてみたり
ピアノのダンパーの位置に置いたり。
普段、自分たちも見ることのできない位置にどんどんおいてみたくなる。

あぁだこうだと4時間30分にわたってすべての曲を弾いてみた後
携帯電話とipad 2つで撮った画像を編集作業をしてみる。
今回も、画像と音が0.003秒単位で合わなくてイライラ。
配信動画をみていて、特にピアノは音が合わないのをよく見てきたけれど

そういうことか!

手元映像だと、余計そのタイムラグが目立つ。
ひとつ前のコマにすると早すぎ、一つ後のコマにすると遅すぎ。
あ゛゛~!!!!!💢💣

Img_0472 同時に2アングルは目が回るか。


そして今回の収録実験の目的はもう一つ。
収録配信ならば、字幕が付けられる。
魔法使いの弟子は、ゲーテのバラードによるスケルツォという副題があり
その詩とモティーフの関係も紹介したいと考えていたので
(これは、編集カメラマンのHikaruくんから得たアイデア!)
それがどこまで可能なのかを今のうちにやっておきたい。

目下の心配は、「文字が音楽を邪魔するのでは?」という事。
文字を入れたのと、入れないのと二つ用意して、
どちらが良いか、意見をきいてみたい。

そう思って、お布団にもぐって編集していたら・・・
夜が明けるまで編集してしまった。

今日も長距離運転なのになぁ。
でも色々見えてきた!

それにしても、このプロジェクトは峰の原高原の
ぷれじ~るさんのご理解が有ってこその企画。
心置きなく、場所を提供していただき本当にありがとうございます。

夜には、こんな満月が。

Img_0411

空が近い、清らかな夜。

« きよらかな | トップページ | 南信へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« きよらかな | トップページ | 南信へ »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo

コンサートのご案内

  •  <ピアノ・デュオ・リサイタル>

     ~石田多紀乃・原田愛~
    【長野公演】8月以降に延期
    【東京公演】3月12日(金)13日(土)に延期


  • <中止・バソン・マスタークラス>

    ~フィリップ・ベルトラン
    5月5日(祝)中止となりました。


  • <中止!アンサンブル・ヴァリエ>

    ~アンサンブル・ヴァリエ音絵巻~
    5月3日(祝)中止となりました。

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ