2019年4月20日 (土)

おまいり

今日の滞在先が、ご先祖様のご縁に深い場所。
帰京前にご挨拶へ。

Img_20190420_120236  西本願寺

「お西さんを知ろう」
という、お坊さまのありがたいお話を聞かせていただきながら
お参りを。関西イントネーションのお話が歌のようで楽しい。

阿弥陀堂の廊下。

Img_20190420_111004 Img_20190420_110951 Img_20190420_111116

さぁて、なんでしょ。

修復の過程での大工さんの粋なお遊びとか。

Img_20190420_115731  御影堂の雨水受け

よく見ると…

Img_20190420_115654

四隅を「天の邪鬼」がしっかりと支えている。
再建された1636年からずっと支え続けているというからすごい。

Img_20190420_115902

樹齢400年の銀杏をながめながら、手紙を書いてゆったりと午前を過ごす。
ご先祖様に感謝の気持ちをお伝えさせていただき、東京へ向け出発。

いつも、ありがとうございます。

2019年3月27日 (水)

長崎の風景

<大浦天主堂>

Img_20190326_130508

建物の中で、しばし座ってすごす。
心がとても落ち着く。

<眼鏡橋>

Img_20190326_193951

ちょうど映り込みがほどよく
メガネのように見える時間だった。
いただいたお手紙の記念切手そのものでびっくり。

Img_20190327_160334

オルガンの彫刻。
長崎にはたくさんの教会とオルガンがあるそうだ。
こんなに動物のあいらしい姿のオルガンを初めて見た。
来年以降も、しっかりと保存されますように…

2019年3月26日 (火)

端島

朝。まだほとんど人の気配のない出島を散歩。

Img_20190326_091341

鳥の羽で字を書いてみる。

Img_20190326_093008 なかなか難しい。

今日は、行ってみたかった世界文化遺産の島「端島」へ。
出港し、たくさんある造船所を過ぎると、教会が佇む風景が美しい。

すさまじい揺れの中、とうとう目的地が見えてきた。

Img_20190326_110358 軍艦島

揺れがすごくて、立っていられないほど。
なんとか無事、着岸できて上陸。

Img_20190326_113348

かつて炭鉱の島。東京の人口密度9倍ほどの人が住んでいたという。
右の建物にはエレベータがあり、秒速8メートルほどの速さで
地下600メートルの坑道まで降りたそうだ。
スカイツリーのエレベータなみの速度で壁もなく降りていく恐怖は
想像を絶する。

Img_20190326_113808 後ろに白いものは灯台

103年前の鉄筋コンクリート「防潮棟」
なんと、このように波が高い方向にアパートがあったのだ。
もちろん、海側は廊下だが、そのため家には日光がはいらず、
一日中電気をつけて暮らしていたという。
白黒テレビ普及率10パーセントの時代に、この島では100パーセント。
24時間営業のパチンコ屋もあったそうだ。

Img_20190326_114649 25メートルプール

激しい波で壊れた防波堤が、ゴロゴロころがっている。

Img_20190326_115247

正面は学校。日光がしっかりはいるように、
窓は大きく作られた。屋上には保育園があり、
いまでも滑り台があるという。

これらの遺産も、昨年の台風で50メートルの灯台を越える波に打たれ、
崩壊が進んでいる。

栄枯盛衰、また時代の矛盾を目の前に感じさせてくれる島。

Img_20190326_120902

このままの姿を遺すのが難しくなってきているそうだ。
写真にたくさん残しておいてくださいとガイドの人がおっしゃっていた。

夕方からはリハーサル。

Img_20190326_163159

こどもたちの歌が、とっても心にあたたかく響いた。

2019年3月25日 (月)

長崎へ

久々の長崎へ。

Img_20190325_143539

到着した夕方、どうしても行きたいところに足を運ぶ。

Img_20190325_175639

雨で人けのない中、平和を祈る姿がそこに。

Img_20190325_180617  爆心地

どこか外国の方々が捧げた花輪が、雨の中ひかっていた。

Img_20190325_181029

まさにあの日、この川には水を求めてたくさんの人が倒れていたのだ。

2019年2月25日 (月)

関西へ

本番を終えて一度家に帰り、6日分の荷物を。
今夜から、関西だ。

3時間後には・・・

Img_20190225_214737

関西空港へ着陸。
22時すぎにもかかわらず、たくさんの人が。
9月の台風以来、何かといわれているが
本来の賑わいをもどしつつあるようだ。

関西空港の隣の駅、りんくうタウン。

Img_20190225_221341 実家は日根野と熊取の間。

こういうご時世なので、さまざまな原語で案内が。
その中で興味をひいたのが・・・

Img_20190225_221445 中国語?

タウンは城になるのかぁ。
なんだかかっこいいなぁ。

実家についてからは、すぐに編曲作業を。
明日から合わせを始めるので、準備に必死だ。
編曲作業は、作曲家の心に近づくのと同じで
実はとても楽しい。


2019年2月15日 (金)

藝大ミニコンサート with 羽後中学校2019

さぁ!
いよいよこの日がやってきました。

着々とリハーサルを進め、舞台を仕上げて行きます。

(↓↓字幕オンにすると、多少の解説が出ます)



(オペラ歌手と一緒に歌わせていただくのも、これが最初で最後だ!
ということで、恥をしのんで公開。サルは昔から音痴。)

午後16時半ごろ羽後中の皆さんもご到着。

そう。今日は平日。
授業後、お疲れのところ本当にありがとうございます。

とはいえ本番は、18時開演。
というわけで、すごい勢いでリハをこなす

最も心配だったMambo!!


先生方のご協力のおかげで、ここまで来ました!
特に顧問の佐々木先生、副顧問の先生には
とてつもないご尽力をいただき…心より感謝申し上げます。

そして本番。
本日のプログラム。

第1部

滝廉太郎 : 花

滝廉太郎 : 荒城の月

間宮芳生 : 連弾組曲「地球はともだち」より

ウガンダのうたによる「おやゆびピアノ」


トスティ : かわいい口もと

カルディッロ : カタリ・カタリ

ブラームス : 子守唄

R.シュトラウス : 献呈

バーンスタイン : 「キャンディード」序曲

 

第2部

バーンスタイン : 「ウェスト・サイド・ストーリー」

♪ ハイライツ・フロム・ウェスト・サイド・ストーリー
羽後中学校吹奏楽部

♪ マンボ!~羽後町スペシャル~

羽後中学校吹奏楽部 with 仲間たち

♪ マリア
♪トゥナイト

♪アイ・フィール・プリティ
♪スケルツォ~サムウェア

マリア:江口順子 トニー:竹内俊介


<オーケストラ>

小野崎真緒(フルート) 齋藤千沙希(クラリネット)

三輪ののか(アルト・サクソフォン)

竹本流衣(トランペット)阿部大樹(テューバ)

石田多紀乃 原田愛 ピアノ・デュオ

Special Thanks

吹奏楽指導:佐々木亜由美

総合プロデューサー:今野隆・下橋俊幸


雪で大変な季節の中、たくさんのお客様にご来場いただきました。

52896857_2329423350627687_690923052

本当にありがたい事です。
長年、ずっと応援してくださるみなさま。
そして、昔羽後町に住んでいらした方々
遠くから、ありがとうございます。

なんといっても、保護者の皆さん、そして
学校の先生方のご協力なくして、このコンサートの実現は
ありませんでした。
いろんな立場の色んな世代のみなさんが集う場所となって
本当に幸せな時間でした。

終演後。

Img_20190215_195510 みんなでハートの輪!

今年も!素敵な仲間たち。
去年ご一緒した受験生の方々にも会えて、嬉しい限り!
また、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

そして、最後になりましたが・・

Img_20190215_175140 ミニチュア・オペラ隊!

絶大な信頼!をおくメンバー。
このメンバーだからこそ、不可能と思われることもなぜだか
「きっとできる。」
という確信をもって前を向くことができました。

ありがとうござりました!

2019年2月14日 (木)

羽後町へ!

明け方は良い天気だったけど…
今日も雪。

Img_20190214_113108 在来線のホーム

たくさんの方々が雪かきをされている。
すごいなぁ。

そんな中正午前、湯沢駅に到着!

さっそくメンバー全員の希望で、道の駅「端縫いの郷」へ。
真冬の寒さにもかかわらず、名物冷がけ蕎麦をいただき、
夏以来のうごじぇらを堪能。

Img_20190214_124143 ヴァレンタイン仕様!

全種類をメンバー4人で食べるのが、夏からのお約束!
冷がけも地元の食材を生かしたジェラートも堪能。

そして14時頃、さっそく明日のコンサート会場の西馬音内盆踊り会館へ。
日本三大盆踊りの西馬音内盆踊りの伝承殿堂だ。

17時頃からは、羽後中のみなさんとリハーサル。
今回のプログラムの中で心配だったのは、
「ウェスト・サイド・ストーリー」。
オペラ歌手との絡みは、テンポ変化も激しく
どれだけ、リアルタイムに絡めるかは、
どれだけ信頼関係を築けるかにもかかっている。

んだらばよ…

我々も挑戦をしたい。
というわけで、思い切って「Mambo!」を
羽後町ならでは仕様にしてみたい。

というわけで!

羽後中学校からご要請をいただいていたパーカッションパートの援助を
西馬音内盆踊りの楽器で参加させていただくことに。
伝統楽器に触れさせていただいてよいのか、迷いながらオファーをすると
快いお返事が!

「どうぞ!」

とすぐに持ってきていただいた。
さすが、盆踊り会館!

Img_20190214_163628 大太鼓と小太鼓

そして、カウベルパートには鉦を。

Img_20190214_133153 ←竹内君必死!

持ち方や扱いのご指導は、羽後町観光物産協会の下橋さま。
というわけで、3時間後にせまったコラボリハの前にハードな練習開始!?


しかし。専門職は歌とピアノの二人。
でも、貴重な楽器に触らせていただき、感動のひと時でした。

他にも、アイデアが出る出る。
バルコニーシーン?あら、バルコニーがあるじゃないの。
さすが盆踊り会館!

っというわけで・・・

Img_20190214_150451 バルコニーの歌おふたり

しかも、ライティングワークが素晴らしくて
あっというまに、ムードが出来上がっていく。
さすが、伝統芸術をもつ羽後町だからこその感受性。

17時からは、羽後中学校の皆さんもいらしてくださり
リハーサル。
昨日新幹線の車中で色々シュミレーションしたことも、はるかに予想を超え、
まさに耳で聴き心で感じ、音楽を構築してゆく時間。

 必死!

舞台に立つからには、しっかりと作り上げなければならない。
でも、とっても楽しかった。

こうして、次の世代と一つの音楽を創る時間は
まさに、今の時代に必要とされている
「時代を越えて伝えていくべきことに向き合う」時間。

たくさんの信頼する仲間とだからこそできる事だ。
共に時間を過ごしてくださる皆様に心から感謝。

さぁ。明日はどんな時間になるだろう。

今宵は、お布団を見たとたん撃沈。
一日のエネルギーを使い果たしてしまった。
去年、リハの動画を見て勉強していた夜とはえらい違いだ。

でも。

なんだか、とってもワクワク。

Img_20190215_084425

たくさんの方々にお越しいただけますように。

そうとはいえ、雪下ろしで大変な季節。
すこしでも、よいお天気になりますように…

2019年2月13日 (水)

秋田へ

こまち19号 東京→大曲

朝から必死に準備を。
昨日の卒業試験後、最終合わせをしたら見えてきたものもたくさん。
とても、楽譜の整頓ができないまま出発を迎えた。

というわけで・・・
新幹線車内でもこのとおり。

Img_20190213_115915

テーブルをはみ出して、オケスコアを開き、
ピアノリダクションのチェック。
今年も秋田の中学生のみなさんとの合わせは明日からしかできないため。
現地に行ってみないと、どの部分を演奏しなければならないか分からない。
なので、あらゆるメモをかきこむ。

あっという間に秋田新幹線の大曲駅に到着。
ここから在来線に乗り換え、今日の滞在先横手へ。

のはずが!

電車の中で、ソプラノの順子さんとともに
「I Feel Pretty」を歌いながら勉強していたら・・・
明日行くはずの湯沢まで行ってしもうた。

Img_20190213_163712

しかも・・・
戻ろうにも、次の電車は1時間30分後。

ちぃ~ん

途方に暮れていたら、駅員さんが
「下に観光案内所があるから、そこでどうぞ。」

と改札から出してくださった。

しかも、観光案内所では

「コーヒーいれますよ。地元のお水だからおいしいよ!」

と出してくださる。
というわけで!
優雅にコーヒーをいただきながら、プログラムの校正をし、
すてきな寄り道となりました。

2時間遅れで、本日の滞在先へ到着。

Img_20190213_190709

あっというまに、白髪になるほどの雪。
でも、誰も傘はさしていない。
雪も融けない・・・という事はいったい今は何度!?

2019年1月 5日 (土)

神戸入り

今日はスカイマークで神戸入り。
乗ったらなんとぉ!

Img_20190105_125044 オール・タイガース

キャビンアテンダントさんも、ユニフォームではないか。

機体ももちろん・・・

Img_20190105_144207 阪神仕様

カープ女子としては、複雑な神戸入りとなった。

必死に編曲しながら、古曽志先生と歌の和泉さんの
ご到着を待つ。

明日はいよいよアンサンブル・ヴァリエの関西公演。

それにしても・・・
よく食べるったら!

さんざん食べた後に〆はコレ。

Img_20190105_211819

これで明日も、エネルギー満タン!!

2019年1月 2日 (水)

カキコキ三昧

いつの間にか寝てしまい、
夜明けに目が覚めた。

Img_20190102_072418

今日のうちに何としても!来月用の編曲を進めねば。
秋田県羽後町の羽後中学校のみなさんとの共演用だ。

寝ても覚めても、頭の中はスコアでいっぱい。

Img_20190102_103644

起きたらすぐ書ける、スペシャル仕様!?
本当は手書きの方が早いけれど、
パート譜を作っている暇がないので、
泣く泣くパソコンで直接浄書していく。

お昼に、お散歩へ。

Img_20190102_115822 阿智川

おのおの湯守の門には・・・

Img_20190102_120130

村にはあまり人影がなく、とても落ち着く。
籠るにはもってこいだ。

より以前の記事一覧

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo

コンサートのご案内

  • ピアノ・デュオ・リサイタル

    ~石田多紀乃・原田愛~
    3月15日16日サロン・テッセラ

  • バソンの世界

    ~バソンの世界~
    5月1日(祝水)紀尾井ホール

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ