2020年1月23日 (木)

羽後町2020

楽しみにしていた日がやってきました。
秋田へ!

この冬にも、羽後町にご縁をいただきました。
例年より雪が少ないというより「雪がない!」と聞いておりましたが・・・

20200123152122_p

本当に雪がありませぬ。
それでも、湯沢から羽後町に行く途中には・・・

20200123152945_p
少しずつ雪景色も。

夕方、羽後中学校へ。
Img_20200123_161809
ついてビックリ!いつもなら1台で運べる楽器が
その量をはるかに超えていた。
なんと第九もティンパニーにチャレンジしてくださるとか。

わぁお。

我々も驚きつつ、とってもうれしくて搬出のお手伝い。
トラックの荷台にティンパニーやドラムを載せて会場まで運ばれていく様は
壮観!

さて、会場についてさっそくセッティングとリハ。

Img_20200123_173348

総勢14名の羽後中の仲間たち。
なので、1年生であってもみんなほぼソロだ。
年末年始にそれらの事を考えて編曲したとはいえ、
やはりやるからには大いなる遺産にみんなで向き合い、
今持てる力を出せる状況を作っていきたい。
というわけで、明日のコンサートにむけて真剣にリハーサル。

あっという間に、お迎えの19時30分になってしまいました。
そう、登下校にはご父兄や送迎バスが必要な地域、
たくさんの方々のご理解をいただいて、明日を迎えます。

20200123154148_p

前半は、オリンピックイヤーにちなんで。
後半は、ベートーヴェン生誕250年をお祝いするプログラム。
会場の皆さんにもご協力いただき、最後はみんなで歌う予定です。

是非!お越しくださいませ。

2019年12月 7日 (土)

みんなで

昨日の本番後、荷物を取りに帰り
練馬高野台駅に集合。

頼もしい運転手に乗せていただきついた先は…
Img_6760 すっかり雪景色の峰の原

標高1500メートル。この地でご縁をいただいた皆様と合わせが続く。
夕方には、長年お世話になっている香川さんもご一緒していただき
ドイツ語のご指導を受けながら、バッハのクリスマス・オラトリオも。

更に、急きょ2本のヴァイオリンのための協奏曲まで演奏することになり…
わたくしももヴィオラで参加。

Awase-2 ヴィオラ・デビュー

のハズが、指揮者が必要となり指揮を。
でも最終的には、おサル兄弟三男の宇宙くんにお願いすることになった。

そう。
ここでは、みんなが助け合い一つの音楽を創っていく。
おもえば2本の協奏曲も、まだみんな少年だったころ一緒に取り組んだっけ。
いろんな思い出の積み重ねが、このコンサートを作っていく。
いつも記憶で演奏している讃美歌メドレーも
「愛ちゃん、そろそろ楽譜を作ろうよ。」
と。

みんな大きくなったなぁ。
明日は感謝のクリスマスコンサート。
我々デュオも、「くるみ割り人形」を全曲を演奏の予定。
さまざまな思いと共に、夜は更けていく。
幸せな夜。

2019年12月 5日 (木)

サンライズ瀬戸

香川での合わせは夜だけど、
明日は午前中から葛飾区のホールで本番だ。

では💡

久々に、サンライズ瀬戸に乗ろう。

坂出駅21:44発。

Img_20191204_214316

車内。

Img_20191204_223304 2階建て。

今日は1階だ。

Img_20191204_220441 B寝台個室。写真は2階。

本州に渡って混む前に、シャワーへ。
と。すでに先客で、展望デッキで夜景をみながら待つ。

Img_20191204_214955

ほどなくして空いたので、シャワータイム。
330円のカードを買って、差し込むと6分間シャワーが。

Img_20191204_215628_01 

リンスインシャンプーとボディーソープ完備。
普段カラスの行水のサルには、途中から滝行だ。
お水ももったいないので、途中でとめて部屋に戻る。

Img_20191204_220518
お部屋は電子暗証番号。自分で簡単に設定できる。

Img_20191204_221852 浴衣も完備。

ほどなくして、岡山駅に到着。
ここでは、サンライズ出雲と連結がある。
22時30分頃、テッチャン5人ほどで見守る。



「やわやわやわ・・・」
と言ってからも、そんなに減速することなくなかなか大胆な連結だ。
すごい!

今日は1階なので、景色も面白い。

Img_20191204_222849 ホームからみた部屋。

いつもの三宮駅。0:13
Img_20191205_002717 同じホームとは思えん。

いつもの大阪駅。0:34

Img_20191205_020906

室内のハンガーは、輪っか。

Img_20191204_223922

お部屋は、進行方向に縦なだからだろうか。
ちなみに・・・

Img_20191205_001629

枕もとでラジオも訊けるようになっている。
スリッパも完備だ。

朝。
Img_20191205_070014 川崎駅付近

今日も良い天気のようだ。
午前7時08分。東京駅に到着。
久々に乗った夜行は、熟睡できたし楽しい時間だった。

さてと。
急いで家に帰り、8時半からのリハーサルに向かう。
今日もばんがんべ✊

2019年12月 4日 (水)

香川

今日は善通寺で合わせ。

その前に時間があったので、琴平に行ってみた。
金毘羅宮に行ってみたかったのだ。
とはいえ、時間の猶予は1時間とチョイ。

駅から10分ほどのスタート地点から、
Img_20191204_154213

Img_20191204_155844  
785段、一気に駆け上った。

Img_20191204_160651

そこから見た風景。

Img_20191204_160317 讃岐富士もくっきり

ときおり小雨も降る中、スタスタ走り気持ちの良い時間。

その後、琴平駅から善通寺へ。

Img_20191204_164602 琴平駅改札。

予定より早く用事が終わったとのことで、訪れたのはモチロン!

Img_20191204_171525 善通寺。

原田家のお墓のある高野山をひらいた、空海の生誕地だ。

Img_2288 ごぉ~ん

その後、今日の合わせ会場に向かって歩く。
今日の合わせ会場「乃木館」

Img_20191204_173447

この時間の乃木館はレアですよ、と
話ししていただきながら歩いていると
なつかしのお顔がお出迎え。

Img_2294

まだ学生さんだったころ、ご一緒していた藤田さん。
待っていてくださってありがとうございます。
今はこちらの駐屯地の音楽隊でご活躍とのこと。
あの頃と何も変わらず柔らかいお人柄に、
とってもホッとしたひと時。

合わせを終えて、夜行に間に合うように駅へ。

Img_20191204_202820  

↑ 夜のライトアップにびっくり。

Img_2297 坂出方面へ。

テッチャンだと知って、写真を撮ってくださってありがとうございました。
また、年末に✋

2019年11月24日 (日)

おくりもの

朝。朝食をいただきながら窓の外を見ていると・・・

 あれ!!

どうやら今、雲上にいるのでは???

というわけで、走る。
子どもたちより子供っぽく!

そこで見た風景。

Img_20191124_092217 少年二人@雲上

消えつつある雲海よりも、雪が楽しい子どもたち!
よいよい!!

そう。子供たちが夢中になっていたのは

Img_20191124_092107

動物の足跡。
いいなぁ。想像力の宝庫!

今日は良い天気。

Img_6754 大人たちの展望所

長野市内越しに、北アルプスが鮮明に。

このあと、いつも応援してくださったNさんにご挨拶をして帰途に。
ラヴちゃんと一緒に空を駆け巡っていらっしゃるでしょうか。

2019年11月22日 (金)

おサル兄弟たち

長野市内でお参りをしたあと、

Img_20191122_145718

色とりどりの山々の間を過ぎ、峰の原高原へ。
標高1500メートル。すっかり冬だ。

合わせの後は・・・
Img_20191122_183031

キノコ鍋をいただき、至福の時間。

夜には、チェリスト・カエル一族?も到着。
残念ながらお星さまはほとんど見えなかったけれど、
滞在中、子供たちは野を駆け回るおサル状態。
寝る時間にも関わらず・・・

Sarutachi おりゃぁ~
おらは怪獣か⁉
おかげで、元祖おサルもタジタジ。

ちなみにおサル3兄弟にも、とうとう全員に背が抜かれました。

Img_20191122_225447

山の下から帰宅後のお疲れでしょうに、
こんなおバカな兄貴?に、わざわざ顔を見せてくれてありがとう。

つい、7年前は、石碑を一緒によじ登ってたなぁ。
時のたつのは早い!

2019年11月16日 (土)

命日に

あの日から1年たちました。

Img_20191116_095132

今日は滞在先から、安芸津へお墓参りに。
しまなみ海道を渡りながら、多々羅島にて。

Img_20191116_115516 あいさん品薄。

貴重な葉物お野菜やライムにレモンを送る。

Img_20191116_120417

「ほぉね、福島も大変じゃのぉ。」と言いながら
すごい勢いで、詰めてくださった。
近くの岡山や広島も、かなりな被害だった大豪雨災害経験からか
他人事とは思えない様子。
ありがとうございます。

午後2時30分ごろ、安芸津の元行寺に到着。
あの場所からみる瀬戸内海は、今日も穏やかだ。

Img_6678

帰りみち、途中まで船で帰ることにした。
船の時間まで、竹原でお散歩。

Img_20191116_152215 古い町並み

犬っこが、干し柿の傍らで・・・

Img_20191116_152253 じぃ~

のほほんのほほん🍵

午後16時30分頃、忠海港を出港。

Img_6686 ゆうぐれ

ルーツの大崎下島方向をのぞむ。
ばぁちゃん、元気かなぁ。

2019年11月15日 (金)

こころの栄養日

ANA583

たまったマイルを使って空を飛び、
今日は、「Grande Fantaisie zoologique」の研究。

第1曲
Img_6575 雌だけど・・・

第4曲
Img_6632 サルは飾り。

第5曲
Img_6588 親子

第6曲
Img_6600 くつろぎ

この後、お股をボリボリと掻く。
こんなのどかな曲ならいいのに。

第8曲
Img_6607 なんだい?

エサ箱に入ってエサを食べる。

第11曲
Img_6591 テナガザルのピアニスト

番外編
Img_6609 アイドルのピース君

以上、@とべ動物園(亀老山も1枚)。
紹介の仕方がユニークで、とっても勉強になりました。

今日の夕暮れ。
Img_20191115_170350 渦潮もくっきり

むかし、花ばぁちゃんが
「歯がいたいんと、来島海峡の渦が怖いんと
どっちの恐怖が勝つかで小舟で渡ったんよね」
と話していたのを思い出しながら
大崎下島方向を見る。
明日は、命日だ。

2019年10月11日 (金)

安芸津

広島へ。

「私のお墓の場所は、ここにもろうとるけん」

と祖母に言われていたことがずっと気になっていた。
というわけで、1年越しながら今日は祖母の里帰りをしに。

市内から安芸津へ向かう途中、
去年の西日本豪雨の災害地を通ったが、
かわらず土嚢をつんだだけの部分も多数。

お昼過ぎ、菩提寺に到着。
Img_20191011_123734 元行寺

西木家の歴代お墓のお参り。
そして、高台にある兄弟のお墓に写真をおいてお参り。

Img_20191011_130218

海が見えるんじゃけん

と言っていた自慢の場所だ。
お参りを終えて、伯母ちゃん手作りちらし寿司を傍でいただく。
祖母との思い出もまざって、とってもおいしい。

大崎下島から三津まで船で渡ってからは、
車もない時代だし1時間歩いてきたこと。
この辺りは、季節の果物がたくさん生っている環境で
あるとき、籠を負って帰っていたら
ヘビが落ちてきたと勘違いして籠をひっくりかえしてしまい、
転がっていく実をみんなで拾ったこと。
川イチゴをたべたこと。
「松茸もとりよったねぇ。」

へぇ!

などなど、祖母との生活にまつわるお話をたくさんきいて
心温まるひと時。
ごちそうさまでした。

お寺の前では、稲刈り。
Img_20191011_133442 
傍らの道は、今も壊れたままだ。
去年はずいぶん長期間、避難生活をされていた場所。
親戚のおうちも、冠水した場所が家にくっきり。
実りの季節の風景がなにより嬉しい。
とはいえ、今日は安芸津の親戚の家も、
台風に備えて稲扱ぎ。
大きな台風。どうなるのだろうか・・・

Img_20191011_135602 穏やかな瀬戸内

「帰れんかったら、いつでも戻ってきてえぇけんね。」

という言葉をありがたくいただき、倉敷へ。
お世話になりました。

2019年9月29日 (日)

UGO JAZZ FESTIVAL 2019

朝起きると・・・

Img_20190929_063245 朝6時過ぎ。

雲海が広がっていた。
すごい・・・
圧倒されつつ、昨日の音源を聴きながらスコアをチェック。

第1陣が出発するころには更に深くなっていた。

Img_20190929_081349 右は見晴らし荘。

第2陣を迎えに行くと、どうやら雲海に向かって
カルテットの合わせをしたらしい。
聴いてみたかった雲上のカルテット。

さぁ、本番はちょうど真昼間。

羽後中の楽器運搬のトラックも到着し(ありがとうございます!)

Img_20190929_115014 みんなで音出し。声出し。

「アコースティックな音で勝負いたします。」
という大和田氏の宣言と共に、いよいよスタート!
最初は、Ugo quartetでカプースチン。
続いて、Ugo quintetでピアソラ2曲。

ステージ後半は、羽後中のみなさんとご一緒に。

Ifeelpretty_moment

プリティなみなさんと。

Tonight

Mariaもばっちりでした。

Tonight_moment

Tonightは、昨日のリハでは想定外の位置で。
でも、みんなの心はひとつ!

Mambo_moment

最後はみんなでMambo!!

無事、ステージ終了。
よかったぁ、ホッとしました。

春以来、ジャズフェスに混ぜていただけるのか、
メンバーはどうなるのか、編曲もし直さねばならず
不安もたくさん!

とはいえ、羽後中のみなさんとのコラボも3年目。
今回は定演の1週間前にも関わらず、ご一緒してくださいました。
今の3年生とは、3年間お付き合いいただいたことになります。
顧問の佐々木先生や、ご父兄のみなさまのご協力もあって
とっても心強く、そして
ひたすら楽しみに、今日を迎えることができました。

71486879_2331661800429149_83739968219067 

素敵な仲間たちとご一緒させていただいて、
感謝のステージ。

ありがとうございました!

そして、このフェスティバルを支えてくださるボランティアスタッフの皆さん
本当に心地よく過ごさせていただき、感謝申し上げます。

また、お目にかかれますように…

Img_20191001_092659 

 

より以前の記事一覧

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo

コンサートのご案内

  •  <ピアノ・デュオ・リサイタル>

    ~石田多紀乃・原田愛~
     3月5日長野県峰の原高原
    3月13日(金)14日(土)サロンテッセラ

  •  <東京藝大ミニ・コンサート>

    ~江口順子(ソプラノ) 竹内俊介(テノール)
    石田多紀乃 原田愛(PF)~
    1月24日(金)西馬音内盆踊り会館

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ