2019年6月29日 (土)

いいだんべ

この週末は前橋。

関西人としては、お仕事前に
未知なる群馬県人を観察に出かける。
すると…。オクトーバーフェスト(6月だけど!?)開催中🍺

おぉ!

というわけで、行ってみた。
盛り上がっている会場の、一番後方の中央に座る。

Img_20190629_181311 ペットボトル!

月夜野ブルワリーさんのヴァイツェン。
おいしい。

ちなみに、翌日の帰りに高崎駅で発見。
Img_20190630_141017 機関車ビール!

貴婦人の愛称C51にふさわしい?流麗なビールだろうか。

さて、会場広場の前方では、催し物が続く。
中でも、びっくりしたのが・・・。

Img_20190629_182750 みんなでウッキー🐵

ではない。

「ゴーゴー前橋いいだんべぇ!」

写真は、「前橋」の部分。前橋のM。
会場のみなさんが、一緒に踊っているさまは壮観だった。
しかもステージセンターで歌っていっしゃるヴォーカリストさんが
盲目の方とは思えない躍動で・・・
会場の皆さんもとっても楽しそうだ。
すごい。

エネルギーを吸い取られて、ぼぉっとしていると
ずっと同じテーブルで眠っていたお兄さんに
「どうぞ」
と点心をごちそうになってしまった。

「前橋は、音楽が好きな人が多いんです。」

とのこと。

明日のお仕事も楽しみだ。

2019年6月23日 (日)

感謝

あっという間に下界に降りる時がやってきた。

Img_20190623_092457

おたまじゃくしの両手が伸びる 。
片手では間に合わないらしい。
美味しいもんね。

大好きなクロワッサンに黒いところを見つけて、

「焦げてる!」

というので、それはホシブドウだよというと・・・

「・・・星が飛んできたの?コワイ!食べられない!」

と、のたまう。
どんだけ想像力がたくましいのだか。

素晴らしすぎる。

お庭でみんなでお花を摘む。

Love 千曲川沿いにて

長年ありがとうございました。
そして。
これからもつながっていくご縁を
どうぞ見守っていてくださいますように。

2019年6月22日 (土)

25周年コンサート

朝☀ 良い天気。


Img_20190622_084903 ヤマツツジたちが満開。

牛たちも元気。

Img_20190622_085951


今日のコンサート。
もとはといえば…

「ぷれじ~るの25周年お祝いしよう!」

というカイヌシ多紀乃さんの一言から始まったもの。

お忙しい中、ぷれじ~るのご家族の皆さん、
ご子息3人も、東京から、そして山の下から集まってきてくださいました。
そして、私たちが大学生の頃からいつも聴きにきてくださった
峰の原高原のみなさまにお集まりいただき、
心より、感謝申し上げます。

Plaisir 終演後

<プログラム>
バッハ(ブラームス編曲):シャコンヌ~左手のための~
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第21番 ワルトシュタイン
シューマン:クライスレリアーナ

石田多紀乃(ピアノ)

番外編:

田隝晃(ヴァイオリン)島貫亨子(チェロ)おサル(ピアノ)

でした。

途中、ピアノの音に張り合う鳥のさえずりが始まり、
嵐のような雨になり…終演頃には晴れ間も。

終演後には、晟くんが焼いてくださったシフォンケーキでお茶を。
64710055_342119269805105_842183352769943 ありがとう晟くん!

この場所から広がっていったご縁は無限大。
おかげさまで、ぷれじ~るな時間となりました。

そして、ぷれじ~るな時間は続く…

65459087_633701723801249_271885491559727 チェロ・デュオ誕生!

ヴィヴァルディからフォーレのエレジーまで続く。


65043563_458362558071929_416300193474936 ギリギリ~

晟くんのご指導により弓を引いてみるが、カタいのなんの!
これが精いっぱいだ。
彼は朝から、自家製の的をめがけて
何本も弓を引いて練習をしていた。
すごいなぁ。

その後も草原をみんなでお散歩し、すんばらしいご飯をいただき、
ハタチをすぎたHikaruくんを囲んでご家族みなさんと乾杯をし…🍸

さらにさらになんと。

Video1561221432_moment 弓を弓に持ち替え…

引くならぬ、弾く。
しかも、延々と・・・

メントリにはじまり、最後の方にはブラームスのトリオまで出てきて、
おサルはお手上げ💦

なんで、楽譜もないのに弾き続けられるんだ!?

すごいなぁ。

しめは、サル兄弟に仲間入りした新人おたまじゃくしとお風呂。
もう夜中の1時過ぎだというのに、
畳のお風呂で、アバレたい放題にあばれて
パタンキュー♨しましたとさ。

2019年6月21日 (金)

長野へ

早起きして…

今日から長野へ。
正午過ぎ市内に到着。
お墓参りの前に、いつもの草笛の市内店へ。

Img_20190621_124248 左は小盛り。

でも十分多い。上げ底なし!

夕方、峰の原高原にあがる。標高1500メートル。

Img_20190621_172626 ルピナスが満開

花の百名山、根子岳すその立地。
お散歩していると、たくさんのお花に出会う。

夜には、カエル親子も到着!
思えば、ぷれじ~るとご縁をつないでくれたのもカエルなのだ。

Img_20190621_203336 目が回るほど、おいしい。

久々に、オーナーお手製地産地消フルコースをいただいて
身も心も満足したころ・・・

おサル兄弟が帰ってきてくれました。

Img_6374楽譜を支えてくれてありがと!

というわけで合わせ開始。

明日は、ぷれじ~る25周年お祝いコンサート。
楽しみだ!

番外編:
Img_20190621_224205 おサル兄弟のすえっこSORAくん

とうとう身長をバッチリ抜かれました。
はやいなぁ。

2019年6月15日 (土)

あれから1年

深夜より降り続く雨。

そんななか、カメラ小僧さまに連れて行っていただきました。

<満奇洞>

Img_20190615_141428 ひんやり

成長し続ける鍾乳石。

Img_20190615_140634 1cmのびるのに100年だとか。

傘石

Kasa  はっ!

この発想、さすがカメラ小僧さまです。

大雨の中、次には井倉洞へ。
高梁川沿いにそそり立つ絶壁のなかにある鍾乳洞。

Img_20190615_151938 ここは宇宙か。

狭い道をどんどんすすむ。

64277435_1605260996270475_36775315592603 ギリギリの幅。

途中には、滝も。

Img_20190615_153046 高さ72メートル

鍾乳洞内の滝だ。音の響き渡りが違う。
間近に音を聴き、そのエネルギーを感じる。

鍾乳洞からでて、地上にもどるとやはり雨。
そこには、あの西日本豪雨で大きな被害にあったお店が。

あれから間もなく1年。

破壊されたままの建物もあり、傷跡も濃い場所で
お店を開けてくださっていることにひかれ
寄ってみた。

「不思議と、井倉洞のなかには全く被害がなかったの。
きっと神さまが守ってくださったんだと思って、頑張ってる。」

と語ってくださる店主さんが、とてつもなく温かく感じた。
あれから何度も訪れた苦難を乗り越えようとしている人にしか見えない世界なんだろうか。
お話しさせていただいて、自分がここに来た意味をかみしめる。

それにしても・・・

64620642_2192492627494624_35425737912153

お誕生日という大切な日に、素敵な場所におサルをご案内くださり
ありがとうございました!

2019年6月14日 (金)

懐かしの

SFJ21 羽田→関西 のぞみ35号新大阪→福山

東京滞在32時間チョイで再び、関西に向かう。
羽田空港で外を見ていると…

Img_20190614_085903 

海の上をトラックが走っていた🚙 気のせいか!?

今日は梅雨の晴れ間

Img_20190614_092737 富士山ももうすぐ夏シーズン。

関空について、今日は懐かしの場所へ。
卒業以来の、西鳥取小学校だ。

担任をしてくださっていた有田先生と尾崎駅で再会。
全然!変わっていなくてびっくり。
現在は、校長先生をなさっていて、
「ようこそ先輩!」という時間にお話を…
ということで声をかけていただいた。
今日はその打合せ。

Img_20190614_112209

授業以外の時間はよく遊んだ校庭。
今も西鳥取小学校の生徒は、元気いっぱいに遊んでいた。
遊びたくて、放送委員に入り、
下校時刻を遅らせていたっけな。

卒業作品のトーテムポールも健在。
発見!

Img_20190614_111958 名前入り

お昼には給食もいただいた。

Img_20190614_122921 栄養満点!

自分が5年生の時に給食が導入され、その時の栄養士さんが
まだ現役で働いていらっしゃるとのこと。
すごいなぁ。
おかげさまで、とってもおいしくいただきました。

そしてモチロン!

Img_20190614_122758  昔は北庄司牛乳。
牛乳も!
まだお弁当だったころは、2時間目が終わるとみんなで飲んだ。
なつかしいなぁ。

思い出の時間はあっという間に過ぎ去りました。
秋には何をお話ししようかな。

再び尾崎駅に送っていただき、西へ向かう。
そう。尾崎駅が復活していた。

Img_20190614_141702 缶詰バー付近

の台風からずいぶんと時間がかかった。

2時間半後。

Img_20190614_165039 ぶりにみた福山城。

少し東へ折り返し、待ち合わせして買い出しへ。

Img_20190614_181731 赤チソ。(シソとは言わない)

この時期、ばぁちゃんがウメボシ作るのに使っていたなぁ。

Img_20190614_181834 タモリ。

ってなんだろか?笑えて撮影してしまった。

懐かしの瀬戸内中国地方で、カエルの声をききながら
そして、少々なまりながら語らう。
幸せな夜。

2019年4月20日 (土)

おまいり

今日の滞在先が、ご先祖様のご縁に深い場所。
帰京前にご挨拶へ。

Img_20190420_120236  西本願寺

「お西さんを知ろう」
という、お坊さまのありがたいお話を聞かせていただきながら
お参りを。関西イントネーションのお話が歌のようで楽しい。

阿弥陀堂の廊下。

Img_20190420_111004 Img_20190420_110951 Img_20190420_111116

さぁて、なんでしょ。

修復の過程での大工さんの粋なお遊びとか。

Img_20190420_115731  御影堂の雨水受け

よく見ると…

Img_20190420_115654

四隅を「天の邪鬼」がしっかりと支えている。
再建された1636年からずっと支え続けているというからすごい。

Img_20190420_115902

樹齢400年の銀杏をながめながら、手紙を書いてゆったりと午前を過ごす。
ご先祖様に感謝の気持ちをお伝えさせていただき、東京へ向け出発。

いつも、ありがとうございます。

2019年3月27日 (水)

長崎の風景

<大浦天主堂>

Img_20190326_130508

建物の中で、しばし座ってすごす。
心がとても落ち着く。

<眼鏡橋>

Img_20190326_193951

ちょうど映り込みがほどよく
メガネのように見える時間だった。
いただいたお手紙の記念切手そのものでびっくり。

Img_20190327_160334

オルガンの彫刻。
長崎にはたくさんの教会とオルガンがあるそうだ。
こんなに動物のあいらしい姿のオルガンを初めて見た。
来年以降も、しっかりと保存されますように…

2019年3月26日 (火)

端島

朝。まだほとんど人の気配のない出島を散歩。

Img_20190326_091341

鳥の羽で字を書いてみる。

Img_20190326_093008 なかなか難しい。

今日は、行ってみたかった世界文化遺産の島「端島」へ。
出港し、たくさんある造船所を過ぎると、教会が佇む風景が美しい。

すさまじい揺れの中、とうとう目的地が見えてきた。

Img_20190326_110358 軍艦島

揺れがすごくて、立っていられないほど。
なんとか無事、着岸できて上陸。

Img_20190326_113348

かつて炭鉱の島。東京の人口密度9倍ほどの人が住んでいたという。
右の建物にはエレベータがあり、秒速8メートルほどの速さで
地下600メートルの坑道まで降りたそうだ。
スカイツリーのエレベータなみの速度で壁もなく降りていく恐怖は
想像を絶する。

Img_20190326_113808 後ろに白いものは灯台

103年前の鉄筋コンクリート「防潮棟」
なんと、このように波が高い方向にアパートがあったのだ。
もちろん、海側は廊下だが、そのため家には日光がはいらず、
一日中電気をつけて暮らしていたという。
白黒テレビ普及率10パーセントの時代に、この島では100パーセント。
24時間営業のパチンコ屋もあったそうだ。

Img_20190326_114649 25メートルプール

激しい波で壊れた防波堤が、ゴロゴロころがっている。

Img_20190326_115247

正面は学校。日光がしっかりはいるように、
窓は大きく作られた。屋上には保育園があり、
いまでも滑り台があるという。

これらの遺産も、昨年の台風で50メートルの灯台を越える波に打たれ、
崩壊が進んでいる。

栄枯盛衰、また時代の矛盾を目の前に感じさせてくれる島。

Img_20190326_120902

このままの姿を遺すのが難しくなってきているそうだ。
写真にたくさん残しておいてくださいとガイドの人がおっしゃっていた。

夕方からはリハーサル。

Img_20190326_163159

こどもたちの歌が、とっても心にあたたかく響いた。

2019年3月25日 (月)

長崎へ

久々の長崎へ。

Img_20190325_143539

到着した夕方、どうしても行きたいところに足を運ぶ。

Img_20190325_175639

雨で人けのない中、平和を祈る姿がそこに。

Img_20190325_180617  爆心地

どこか外国の方々が捧げた花輪が、雨の中ひかっていた。

Img_20190325_181029

まさにあの日、この川には水を求めてたくさんの人が倒れていたのだ。

より以前の記事一覧

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo

コンサートのご案内

  • ピアノ・デュオ・リサイタル

    ~石田多紀乃・原田愛~
    3月15日16日サロン・テッセラ

  • マグノリア・サロンコンサート

    ~石田聖子(Vc) 原田愛(PF)~
    7月31日(水)マグノリアホール 

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ