2018年8月 6日 (月)

引きこもり

今日は、原爆の日。広島家系としてはとても大切な日だ。

そして、わたくし事としては予定を入れないと決めていた日。
4月7日以来の引きこもり日なのだ。

夏休み中の合わせスケジュールを連絡したら、
午後からは携帯電話も通信不可にして、読みたかった本をどっぷり読む。

Img_20180807_102551 ←お勧めデス。

ずっと裏付けをしたいと思っていた事がある。
「音(音楽)がよく響くとはどういう状態か」
ということ。

「和声的音程、旋律的音程について」
や、
「倍音について」
など、楽典で教えることが、机上の空論で留まってはならず
それが、演奏する時にどう使われていくのか、という事が
とても大切。
藝大でもいっとき、音律の聴き比べ試験というのが有ったが
それも、しっかりと自分の奏でる音として意味を成すところまで行ってこそ
意味があるのではないか。
そもそも、私たちのような鍵盤楽器の人間は平均律慣れをしてしまいがちだ。

というわけで、実際に自分が学生の頃から
室内楽で他の楽器の人たちと演奏しながら無意識に感じていることを、
確認していくことに。

・ヴァイオリンの高音はなぜ私には高く聞えてしまうのか。(注:全員ではないが)

・ピアノ四重奏より、ピアノ三重奏で孤独を感じる時間が多いのはなぜか。

・他の楽器とデュオで演奏する時に、相手はどういう耳で聞いてくれているのか。

・弦楽器のコンチェルトなどの伴奏でピアノリダクション版を弾くとき
 和音の配置を変えないとソリストが迷う事があるが、どこまで突っ込んでよいのか。

などなど。他にたくさん!

あと、学生さんの伴奏をする時に、
特に管楽器で楽器の構造上における音の癖を
どこまで突っ込んだらよいのか迷うが、
それとは関係なく、どうすれば耳の使い方を一緒に探していけるかは、
いつも時間をかけることとなる。
それも、落ち着いて整頓したい。

Intonation 久々に比の計算をtyphoon

ピタゴラスと純正の音程も、比較のため実際にA=442Hzとして計算していく。
(頭が悪いので、セントではなくヘルツでないと実感できない。)

そのうえで、
旋律的音程として推奨される音と、

和声的音程として奏でられるべき音と
そして、なぜそうなのかという事と。

そして、完全5度ですら狭い平均律ピアノは
どのように、共演者の音を聴けばよいのか、
そして、どのように和音を奏でるべきなのか。

あっという間に一日が過ぎてしまった。

しかし、これらの知識も、和声的な知識とともに解釈が必要で、
何より室内楽では、仲間の音をしっかり聴き、
共に目指す音楽が無いと意味をなさない。

また続きも、近々時間をかけて勉強したい。
楽しい楽しい引きこもりな1日。


番外編:

<差音について>
前期のアンサンブルピアニストの大学院授業で、
ファゴットを扱った時に差音について触れたが、
弦楽器は、和声的音程に純正律を用いた時に音が共鳴をする以外に
差音がさらに、音の美しさに影響するらしいこと。
いつも、下に響く音の存在は気にしていたものの、
イマイチそれが音に対してどう影響するのかを考えられずにいた。
弦楽器の合宿の時に、自分の耳でももう一度確かめてみたい。

<弦楽器に対する調弦のAについて>
「ピアノのAは力強く、ヴァイオリンのAはそっと指板に近いところで
弾かねばなりません。」とこの本に書かれている。
倍音が多くて明るいヴァイオリンのAより、ピアノのAの方が低く感じられやすい
のが、理由のようだ。(で、なんで上記のような方法が良いのかはまだ未検証)
しかし一方・・・
この本の監修者である先生に、かつて
「Aは美しい音でください。」と
言われたことがある。

きっとどちらも正しいのだろうが、私はやはり美しい音で出すのが好きだ。

2018年8月 4日 (土)

やっぱりすごいのだ

災害の爪痕が色濃い広島。
呉線も可部線も運休がたくさん。

猛暑の対策か広島駅で停車中の電車も
扉は閉まっていて、雪国のように自分で開ける。

Img_20180804_101821

さて、短い滞在だけど退院したばかりのお花ばぁちゃんに会いに。

退院したばかりで、大丈夫が心配していましたが
ブドウひと房を、3分の2ほどあっという間に平らげ、
坂角せんべいもぺろり。

Kokugo 大正時代の国語の本を読む。

壁には、書道の表彰状も。

Img_20180804_110050 力強い!

まだ、体力は戻っておらず、無理もできない状態ですが
いつまでも、花ばぁちゃんらしく過ごせますように。

Hanachan

また会えて本当に良かった!

「今度はいつ来るんね?」

と聞いてくれるのも、とてもうれしい。
あと20日ほどしたら、また来ます。
しっかり食べて、回復してね。

15時すぎ、広島空港を飛び立とうとする飛行機の窓から
不思議な光景が…

ず~っと、ホバリングしているヘリの姿がみえる。

Img_20180804_150658

よく見ると災害救助隊のベースのようだ。
暑い中、訓練をつんでいる様子。

豪雨災害の地域が、少しでも早く復旧していきますように。

東京に着くと、夕焼け。

Img_20180804_175723

右手前は、もうすぐ築地から移転の豊洲市場。
花ばぁちゃんは市場好きで、よく一緒に行ったなぁ。

さよりを買ってきて、隅から隅までおいしく食べたのを思いだす。

2018年8月 3日 (金)

空に住む・・・

夏の夕方の空は面白い。

岡山上空にて

Banzai  ばんざぁーい!

更に西に進む。

Hasiru  夕日に向かって走る

犬だろか、うさぎだろか・・・

更に西に進むと

Img_20180803_182625  龍かニワトリかコックさんか?

ここで、瀬戸内から空港に向けて北進。

Komainu  凛々しいこまいぬ

この下は、まさに災害復興中。
神さま、見守ってくださいますように・・・

もくもくと

ANA683 羽田→広島

レッスンを終えて、羽田へ向かう。
暑いsweat01
35度は越えているなぁ。

広島の祖母が、7月下旬に具合が悪くなって
とっても会いに行きたかったけれど、繁忙期。
夜行に乗って、翌朝のフライトで帰ってこようか。

なぁんて言っている間に…退院してしまった。

さすが、お花ばぁちゃんである。

夕焼けフライトは、入道雲がもくもく。

Img_20180803_182528

機長より、「積乱雲を避けて、西から着陸いたします。」
のアナウンス。

うん。もくもくの雲たちを大回りするのがわかる。

Img_20180803_183525 下は瀬戸内、上は雲。

予定より遅れて着陸。
市内に向かうバスからは、先日の豪雨の爪あとも。

Img_20180803_201326

明日は、どんな花ばぁちゃんにあえるだろうか。



2018年8月 2日 (木)

終わった

本日の9時15分~21時学校滞在をもって、
前期修了。

もちろん、インターネットの波にのせられて
成績登録など自宅での作業はあるが、
授業や会議は全て終了。

ふぅ。
授業運営の制度が変わって、何かと新しいことが多く
緊張しっぱなしの4ヶ月。

なんとか健康にすごせて、何より素敵な学生さんたちに恵まれ
充実の日々でした。

ありがとうございました!

2018年7月31日 (火)

巣立った!

夜、アメリカとベルギーに留学している学生さんと再会。

高校の制服を着ていたころが思い出せないほど、
みんな大人になっている。(当たり前か…)

それぞれの国に生きていて、日本に久々に帰って思う事で
議論?は白熱。

いやぁ、楽しい時間だった。

23時30分、帰宅。

Img_20180731_233716 居ない!

とうとう鳩子は巣立ったのだ。
おめでとう!!

これで、夜明けとともにお掃除するのも明日が最後。
いやぁ、長い1ヶ月チョイであった。

2018年7月30日 (月)

飛べ!

朝6時。いつものように
ふん掃除をしていたら、親鳥が帰ってきた。

 やった!

さっそく、廊下に追い出す。
追い出しても追い出しても帰ってきてしまう。
けど、追い出す。

落ち着いてお掃除したいもんね。

Img_20180730_063026 お!

親は既に、外を見ている。
廊下の2羽も、もはや親鳥と同じように成長した。
あんなに、金色だったのが想像できないほど。

20分ほどったって、親だけ飛んで
こどもたちは、うちに帰ってきてしまった。

あぁ~ 残念。
巣立ちは間近かな。

2018年7月29日 (日)

ワインの空

1日延期となった隅田川花火大会。

20年以上東京に住んで、はじめて自宅から観た。

ベランダ側ではなく、ハト側(門扉側)なので、
観ているとご近所さんから「花火ですか」と話しかけられる。

19時、第1会場開幕!

Img_20180729_192923

ほどなくして、花火コンクールが始まる。

それぞれに個性があったけれど、一番惹かれたのは
空に描かれたワイン。

「フランスからの贈り物」という題名。
ワイングラス🍷やさまざまな色合いが夜空にえがかれた。

19時30分、第2会場開幕。
驚きなことに、うちからは第1会場と第2会場の両方が見えるらしい。

Img_20180729_193119

20時になると、スカイツリーが一瞬暗くなったと思ったら
ゴールドになった。

Img_20180729_201050

このライティングは、公募で選ばれたとのこと。

7キロほど離れていて、ドンドンドンっという音は聞こえないけれど
静かに夜空の花をめでるのも、なかなかオツだ。

あ、今日は飲んでいませんwinebeer

2018年7月26日 (木)

へぇ!

前期試験期間が続く。

今日の3限は、スコアリーディング。
担当しているクラスは、だぁれもピアノ科ではない。
つまり、「オーケストラスコアをピアノで弾く」という授業に取り組むには
ものすごいエネルギーが必要だ。

スコアが「読める」ということと、スコアを要約して「弾ける」という事が
別問題になりやすいみなさん。

というわけで、前期試験として課したのは

「自分の人生に役立つように、スコアを読むという作業に取り組む」こと。

その結果、ロックあんどポップス専攻の生徒さんは
メンデルスゾーンの結婚行進曲をキーボード譜にして演奏。

音楽教育の学生さんは、クラスのメンバーの楽器編成に
ブラームスの交響曲を編曲。それだって、
クラリネット×1 サクソフォン×4、ホルン×1 キーボード×1 ヴァイオリン×1
という特殊編成。

サクソフォンのみなさんは、それぞれにオケ曲を移調管アンサンブルに
編曲して、一生懸命移調譜を作って、
仲間とともに、演奏してくださる。

クラリネットの学生さんは、チャイコの弦セレを自分なりに
ピアノで弾けるように編曲して演奏してくださった。

最後はホルン。
ホルンアンサンブルに展覧会の絵の一部を編曲してくれたけれど
メンバーの都合上、授業で実演できない。
というわけで、授業時間外に仲間と演奏して録音を持ってきてくれた。
編曲譜をみんなで見ながら聴こうとすると…

「ちょっと待ってくださいね」と。

Img_20180726_143030  分かりますか!?

録音機の音が出る部分をマウスピースにあて、
音を拡声させるのだ。

それが、またよく聞こえる!蓄音機と同じ原理か!?

Img_20180726_143044

このベルから聞こえる音がとってもスバラシ。
ホルン経由にすると、まったく音が違うのだ。

ベルの役割に心底ビックリした日。

あ、前期の珍授業にお付き合いいただきありがとうございました。
引き続き、後期も個性のカタマリに出会えるのを楽しみにしておりまっす。

2018年7月22日 (日)

高原のかおり

おサルぷれじ~る室内楽団の楽しい!?本番の翌日。

鳥の声とともに目覚める。
お散歩。

Dsc_3770_2

朝露と共に、雲が湧き上がる。

Dsc_3773_2

白樺が、ここは高原だと告げてくれるも
標高1500メートルでもこの暑さ。
山を下りたらすごいだろうなぁ。

お散歩から帰ってくると、お誘いが…

Dsc_3768 ラヴェンダー!

良い香りのピーク。
というわけで、大好きなラベンダースティックをつくる。
いただいた初代も、大切にしている。

Dsc_3775 木陰のブランコにて

11本を摘んで、お花を内側に織り込み、紐で編んでいく。

完成!Dsc_3776

とっても良い香り。

午後は、埼玉。
良い香りと共に、向かおう。

より以前の記事一覧

コンサートのご案内

  • <第45回 つくしコンサート>

    ~第45回つくしコンサート~
     6月9日静岡県御前崎

  • <フォルテピアノとモダンピアノ>

    ~フォルテピアノとモダンピアノ~
     5月12日(土)富山県砺波市

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ