2020年7月23日 (木)

急遽の事態

対面授業のはずが、
授業12時間前にしてオンライン授業に変更のお達し。
慌てて資料を作り直し、何とか授業開始時刻の9時に
最後の資料もあげ終わった。
今後もきっとこういう事態はあるだろうなぁ。

というわけで、本来夜に収録予定だったものも延期となり
21時の新幹線のはずが、夕方の新幹線に。

Dsc_4125 3人!

用心して、すいている車両をとった。

Dsc_4126

そして、膨大な添削は移動中も続く。
学生さんはこうして、答案を写メにとって提出してくださる。
今日は新幹線のWi-Fiも好調。

助かった。

2020年7月16日 (木)

新幹線の放送チャイム

今日の複旋律聴音は選択制。
1つは、ギャロンの3声旋律。
もうひとつは・・・

Dsc_3958

マボロシの、0系新幹線放送チャイム。
しかも、作曲はあの黛敏郎。

今ではおなじみの駅に着く前などの放送前に流れる音楽は、なんと
1958年から「ブラームスの子守唄」!が使われるようになり、
1960年からは「鉄道唱歌」が使われるように。
その流れを受けて1964年10月に開通した東海道新幹線でも
「鉄道唱歌」が使われていたのですが、
時速200キロの超特急に相応しいのだろうか?という意見があり、
黛さんに委嘱されました。


 0系 黛

で検索すると、その録画が出てくると思います。
そのうちの一つ ↓

https://www.youtube.com/watch?v=YY-i4kYA714

不協和音程とともに、増三和音で構築されたチャイム。
夜中に、聴音用にピアノで録音したのですが、
なかなかに、不気味な時間でした。
これを聴いたみなさんは、旅情にひたれたでしょうか・・・
むしろ、火星にやって来たとしか思えない気が。

ちなみに、これにチャレンジしてくださった学生さんは
4名!でした。
しかも、なかなかに良い分析力。
お疲れさまデシタ。

2020年6月26日 (金)

長野へ

一昨日の4月以来の公共交通機関デビューに引き続き、
今日は、久々の東京駅。

Dsc_4004

細心の注意をはらって新幹線を選び、座席も最後方を選ぶ。

Dsc_4005

思えば、自粛前最後のコンサートも長野新幹線だったなぁ。

この週末に、ぷれじ~る さんのクローズコンサートに
お声がけいただいたのだ。

標高が上がっていくにしたがって、目も心も休まっていく。
そうか。
この3ヶ月の間、こんなに緑を見ていなかったのか。
毎日必死すぎて、気づいていなかった。

到着すると、既に竹田さんが調律を始めてくださっている。
あぁ、この音。

っと聴き惚れている場合ではなかった。

良からぬ菌を持ち込んではならない。
着くなりお風呂に入り(コロナ対策でかけ流し♨なんと贅沢な…)
服を着かえて身を清めて・・・

そう、理論部会の会議が。
会場が調律中のため、外で参加。

Kaigi
理論系授業の現状報告に加えて、
前期試験の方法と、対面授業の必要性について。

大激論になった。

「お盆明け17日に大学で試験なんて、考えられない!」

そりゃそうだ。
人の移動が多いであろう次の日だ。
一方、学校としても授業料などいただいている以上
学生さんの要望に応えていきたいのも良くわかる。

それにしても、こちらは爽やかな風だ。
決して、都心からコロナを運んではならない。

夜には、満天の星空。
身体が浄化されていく。

素敵な場所、ぷれじ~る。

2020年3月 6日 (金)

雲上の景色

あさま620号 長野→東京

今朝もマイナス。

Img_20200306_085532

中止を決めて、どこかホッとした。
しかし、頭の中はまだまだ走り続けている。

っというわけで、お散歩に出た。

Img_20200306_121828

ひかりがきれいだ。

Img_20200306_121913  

しっかりと新鮮な空気を吸い込んだ。
さぁ帰るべ。

デュオの公演は延期になったけれど、本番やレッスンは続く。

これからの事も考え、新幹線も金沢発直後の長野駅始発を、
座席も最後尾をとったが・・・

Img_20200306_143651

だれも他には居なかった。

2020年2月11日 (火)

法要

のぞみ7号 東京→新大阪
ANA36便 伊丹→羽田

今日は・・・
祖母泰子おばあちゃんの十七回忌と
曾祖母トモおばあちゃんの二十三回忌。
法事に向けて、朝6時に出発。

Img_20200211_073936

トモおばあちゃん(曾祖母)はその昔、広島で
両手を広げて電車を止めたこともある豪快な人物。
泰子おばあちゃん(祖母)は島根出身の、とても穏やかなひとだった。

Img_20200211_121825 梅が少し咲いていました。

トモおばあちゃんには、被爆体験の話を
幼心に衝撃をもって訊いた思い出がある。
泰子ばあちゃんには、保育園児の頃からいつも一緒。
胃がんになった時の心細さは今でも手に取るように思い出せる。
いつも帰る祖母宅は、まだ庭にくみ上げの井戸もあり
飯炊きのかまどもあった。
ボットン便所の四角い紙も懐かしい。

両先輩ともに、本当に芯の強い偉大な存在だ。
自分のルーツの先輩は、波乱の世の中で
大切な存在のために全力を注ぐひとなのだ。

午後、神戸の授業で次の世代に向き合いながら
そのことをかみしめていた。

帰京して空を見上げた。

Img_20200211_204744

清らかなエネルギーをすいこむ。

2020年2月 3日 (月)

不思議な雲

のぞみ108号 新神戸→新横浜

今朝も直接学校へ。

Fuji0203

今日の富士山には、不思議な雲がかかっていた。

2019年12月14日 (土)

都会の風景

心温かな昨夜のコンサートの空気をそのまま胸に、帰京。
名古屋市内を歩いていると・・・

Img_20191214_111409 蒲焼町。

なんとおいしそうな場所なんだ。

帰りの新幹線からは・・・

Img_20191214_141420 きれいな富士山!

いったん自宅に帰り、再びお仕事へ。
都心は人が多いなぁ…とヒョイヒョイよけながら
駅の階段を下りていると・・・

「はぁーっ」

とため息をつく姿が。
階段を上る人の渦に巻き込まれてのこの存在感。

 え???

思わず足を止めた。
お荷物のゴロゴロが大変そうだ。

「持ちますよ」

とヒョイっと持ち上げたら、なんと。
四つん這いになって、階段をのぼられるではないか。

いいなぁ。
久々にすんばらしくマイペースの方にお目にかかりました。
ステテコで道の真ん中を自転車で進むような風景を見て育ったから
なんだか、時が止まったように懐かしいのだ。

その後、そのおばぁちゃまは三田線に乗りたいとご所望されたので、
駅員さんに相談してご案内をお願いして、お役御免。

無事、目的地に着かれたかなぁ。

2019年10月20日 (日)

秋雨

先週の台風から一週間。
静岡も、場所によっては大変だったそうだ。

Img_20191020_111209 いつもの場所から

今週も富士山は雲隠れ。
渡るたくさんの川も、茶色のままのところが多い。
自然の怒りか涙か…

2019年10月13日 (日)

東へ

のぞみ126号 岡山→東京

未曽有の台風。
今朝4時半ごろの満潮時の荒川が心配で、
ずっと起きていた。
何とか持ちこたえたようでホッとする。
都会の治水行政はすごい。
一方、地方の氾濫が数々報道され、
とても心配だ。

交通も、本来は飛行機のはずが欠航のの連絡。
急遽新幹線で帰ることに。

前回の時、遅延がすごかったので絶食?覚悟をしてお弁当を。

Img_20191013_125325 広島・三原名物(確か…)

ところが、順調に時刻どおり静岡も越えた。
と。熱海を過ぎたあたりから海の色がすごい。

Img_20191013_142005

手前は茶色、奥はエメラルドその奥は青。

昨日の夜のニュースで、近所の隅田川遊歩道の
水没をみていたため、覚悟をしていたが・・・無事!

Img_20191013_153008

空の色が、異常なほどきれいだった。
遠くの山が、冬並みに良く見える。

そして、部屋の中に避難させておいた植物たち。

Img_20191013_153148

ネギが、ぐんっと成長していてびっくり。

長野からは、孤立しているなどの連絡をいただきました。
少しでもはやく、心穏やかな時間が訪れますように…。

2019年9月27日 (金)

秋の秋田

こまち19号 東京→大曲

Img_20190927_111432

秋に羽後町に行くのは初めてだ。

3時間とチョイで大曲に到着。そこから在来線に乗り換え
本日の滞在地横手。

Img_20190927_145902 右の北上線は1両編成!

ん?
冬は雪がすごいくて、そちらに気がとられていたが・・・

Img_20190927_145902-2

なんと、駅の表示がこちらを向いているではないか。
不思議な光景。
よく考えたら、乗ってきた奥羽本線も2両編成。
ホームの端っこは使っていないからだろうか。

夕方には、羽後中学校で合わせを。
この時間に到着できたのは、ピアノデュオとソプラノの江口さんだけなので、
江口さんにはトニーの分まで歌っていただく。

言葉のアクセントと拍の結びつきの理解も含めて、
羽後中の3年生5人と、
室内楽の考え方を共有していく。

あっという間の2時間。

Img_20190927_164433

明日は、トニーも大学生も到着!
楽しみだ。

より以前の記事一覧

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo

コンサートのご案内

  •  <ピアノ・デュオ・リサイタル>

     ~石田多紀乃・原田愛~
    【長野公演】8月以降に延期
    【東京公演】3月12日(金)13日(土)に延期


  • <中止・バソン・マスタークラス>

    ~フィリップ・ベルトラン
    5月5日(祝)中止となりました。


  • <中止!アンサンブル・ヴァリエ>

    ~アンサンブル・ヴァリエ音絵巻~
    5月3日(祝)中止となりました。

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ