2016年5月 9日 (月)

新1年生

月曜の授業の一つ、音楽分析基礎講座。

ここ数年、ロック&ポップスやミュージカルなど
クラシックでない分野の学生さんのクラスを持っていましたが
今年は、管楽器クラス。

新1年生なのですが、これがなかなか面白いメンバー。

先週、ベートーヴェンのスプリング・ソナタを扱う場所に来たとき
「ヴァイオリンのソナタだけど、旋律演奏してみる?」
と提案してみたら、なんとアンサンブルでみんな演奏してくれるという。
授業前に部屋に行くと、静かなはずの音楽理論授業の部屋が
音にあふれかえっていました。

第1楽章第1主題のフレーズの長さを
和音進行の勉強とともに考える機会としてのはずが…

別の面白さに発展。

フルート組は、ピッコロとフルート2本で二重奏。
クラリネット組は、バスクラとEsクラを借りて四重奏。
サクソフォン組は、バリトンを借りて四重奏。
トランペット組は、ピッコロトランペットとバストランペットを借りて四重奏。

金管混合組は、なんとトロンボーンをメロディにたて
テューバをバスに従えユーフォをアルペジオに。
みんなで、勝手に編曲してアンサンブルにしてきてくれました。

それぞれ管楽器は移調楽器も多く、楽譜の書き換えも大変だろうに…

「あ、移調間違えた。」など数々の大事件はありましたが、
それぞれの編成による、様々な「春」が繰り広げられました。

もちろん、テンポ感も編成によって違うし、フレーズの作り方も変わります。

「自分たちでよくディスカッションして、一つの解釈を作りなさい。」

という目標は、深くは達せられなかったものの、よく

「ヴァイオリニストがこの曲を弾くとき、最初の第3音の音の高さを選び
弓もアップで始めるかダウンで始めるかを考えるんだよ。」
と話しただけのことから、ここまで発展してくれました。

お互いの楽器についての質疑応答もあって楽しい時間。

「先生、来週はどうしますか?」

え・・・。
おっと、通常授業に戻ります。試験範囲は第9課までだからね。

やっぱり、演奏に対して独創性が持てるメンバーとの授業は
とっても面白い。

みんなが卒業するころにはどんな演奏をする人になっているのだろう。
楽しみです。

2014年11月27日 (木)

今年で最後・・・

今日は年に一度の、オルガン日。

Koudou

毎年、キーボードハーモニーに授業で学んだ数字付き低音を
オルガンで実習する日を設けているのだ。
今年も、オルガン科の先生のお許しをいただきました。

今年のクラスは、ピアノ科がほとんどのため、
バロック時代など、ピアノがまだなかった時代の作品を演奏する時
どのような事を考えたらよいのかも踏まえて
音色(ストップ)の作り方から、すべて実践していただきました。

同じ事は、ピアノを演奏する時にも生きていきます。

時間いっぱいいっぱいまで、通奏低音以外にも
普段専攻で弾いているものまでしっかり体験していくところが
今年のクラスのとっても良いところです。

しかし・・・

オルガンの先生とお話ししたところ、なんと2号館の取り壊しとともに
講堂のオルガンも壊されるらしいのです。

なんと。

なんでも、講堂のつくりに合わせてつくったもので
他に移築できないということだそうで・・・

なんと残念なこと。Kodo

しっかりと、耳に心に刻んでいこう。

2013年12月19日 (木)

オルガン

キーボード・ハーモニーの授業では毎年
オルガンの先生の許可を得て、オルガンの時間を持ちます。

これは、高校生の時クライストチャーチでオルガンを弾かせていただいた時
言葉にはしがたい感動を覚えた事、そして
どうしても現代のピアノという楽器に慣れ親しむと頼りがちな
サスペンドペダルを用いず、良い響きを指で探していけることを
求めて。

そしてそして、音色の作り方を歴史的視野から体験する事を目的に。

今年は嬉しいことに、クラスにオルガン専攻の学生さんが。
おかげで、音色と曲という観点から私も勉強させていただきました。

Orgue

↑授業前に、本日の一曲を練習してくれるオルガン専攻Yさん。


今年のキーボード・ハーモニーは、みんなで長所を持ち寄って
育っていける素敵なメンバー。

あと1度しか授業がないなんて…
とっても寂しいですが、新年もよろしくお願いいたします!

2011年4月25日 (月)

本日の授業0425

月曜日の授業もとうとう開始。

週明け月曜日の朝9時から、理論の授業。
オソルオソル扉を開けると・・・・

たっくさんの人が座っていてオドロイタ。
去年の重役クラスとは様相が違う。

さぁて。
初めて出会う生徒さんも多いので、頭柔らかい度チェック。

「Doという音を使って20種類和音を書いてみて。」

う~ん。果たして・・・


どうも、今年のクラスは真面目らしい。
破天荒な人はほとんどおらず、ひとつひとつ丁寧に順番をきめて
積み重ねる人多数。

教えやすいかもしれないけれど、おとなしいかもな。

なぁんて、思ったのは最初のうちだけだった。

いざ、バス課題を実施してみる。
ソプラノに何置こうか?ときいてみると、全員が

「Mi」とおっしゃる。

ひとしきり復習しながら、課題を実施したあと、
ソプラノ「Mi」以外にも、色んな配置で歌ってみた。

そのあと、もう一度ソプラノに何の音を置くのが好きだった?と聞いたら。

今度は全員が「Do」だって。

????

なんじゃらホイ。

末おそろしいクラスである。
いえ、楽しみと言うべきか!?

どうやって、このチームワークを解体しようかな。

そんな悪ガキが教員で申し訳ありませんが、
1年間、よろしくお願いいたします。

2限は音楽分析基礎講座。

またもやオソルオソル扉を開けると・・・。
マニアそうな面々が勢ぞろい。
こちらも、とうとう難関の(と言われる)科を担当することになったらしい。

今日はひとりひとりの専門を分析。(根掘り葉掘り質問してごめんなさい。)

守備範囲が広くて漠然としやすい科。
しかも、この教材は演奏に携わる人間にむけて文章が書かれている事が多いが、
この科は演奏系ではないのである。

ところがどっこい。

みんなきちんとこの勉強が自分にはどう関係するのかを
考えてくれているのである。

えらい!

この先もその気持ちを持ち続ける事が重要。
小難しい事を表面的に言えるようになるよりも、
きちんと自分のからだを通して意見が言えないと分析する意味が半減します。

人と意見が違って当然。
常に、自分の意見をこだわって言える人になってください。

色んな意味で手ごわそうですが(!?)とっても楽しみにしていまっす。
よろしくお願いいたします。

2011年2月 3日 (木)

節分の日に

大学木曜日系授業最終日。
9月からずっと一緒に学んできた仲間とも今日でお別れです。

そんな中・・・
キーボード・ハーモニーは試験を先週に終え
今日はオルガンの日。

毎年1度、オルガンの先生に許可を頂いて、学生さんに
オルガンに触れてもらっています。ピアノとは違って

減衰しない音
サスペンド・ペダルがない事による、指スラーと和音のポジション取りの必要性
更に、音色の選択の仕組みなどなど。
この授業で主に取り組む、数字付き低音の勉強もモチロンの事
その頃の時代背景も体験してもらいたいから。

2年生から4年生まで、楽しい仲間でした。
けして器用ではないものの、けしてコツコツ派ではないものの(!?)
のほほん度は一番!・・・いえ、素直さ一番!
奇をてらうことなく、等身大で音楽に向かう姿が素敵なメンバーでした。

Key ありがとう!


寂しくなるなぁ。


今晩も本番。
気づいたら、朝からご飯を食べていなかったtyphoon

っというわけで・・・

Oni  寝ぐせのまま本番を…

今日の共演者から頂いた豆を早速いただきました!
そう、今日は節分。

鬼はーそとっ!っと自分に投げてみた。
どうなるこっちゃら。

2010年12月16日 (木)

本日の授業1216

今日で、木曜日の授業は年内最終。

そうか。こんどみんなと会う時は新年なんだ…。
はやい。師走になって特に時間のたつのが早すぎる~sweat01

っというわけで、みんなに注文したのは

「こころ豊かに遊んでらっしゃ~いsun」っと。

モチロン、試験前だし沢山さらってもらいたいけれど
同じくらい、普段とは違う心になってほしい。

今日は、1限はメロディーと表現を、2限は和音と色合いから表現を勉強したけれど
歌ってみてもフツフツと心から表現したい!というエネルギーが
なかなか音に表れてこない。

あんなにメロディーが美しい弧を描いているのに、
あんなに和音に感情がこもっているのに。

理論的にはたくさんみんなと勉強できるけれど
そこに、心が触発されて音ににじみ出てくるかは、けっきょく
その人が、どんな人生を送っているかと表裏一体。

辛ければ辛いところから、幸せなら幸せなところから
その人の音が出ればいい。

なぁんにも出てこないのが一番寂しい。

なぜだか今日はどの時間も、歌ってばかりだったけれど、
それは、声の表現がそのひとの身体から発するものだから。

今日の最後の授業、キーボードハーモニーでは
バッハのコラールのオルガンパートを取り上げた。

言葉とハーモニーと。

なんて必然で、なんて美しいんだろ・・・。
ため息をついてしまった。


みんなとこのクラスで顔を合わすのもあと数回。
眠そうで!?、でも一生懸命で、照れ屋で、無邪気な笑顔とももうすぐお別れ。
はやいなぁ。

みなさん、良いお年を。
新年、会えるのを楽しみにしています。

2010年9月27日 (月)

本日の授業0927

<和声 III>

月曜日の授業が飛びん飛びんに飛んでいます。
っというわけで、サブドミナント諸和音を扱うこのクラス。
しばし、和声学を中断してアナリーゼの時間に。

もともとサブドミナント諸和音は、自分でしっかり意志を持って和音を選ぶということと
直結して学習するべき分野です。
和声学が、実際自分の演奏する時にどうつながっていくのか
つながらないことも多々ありますが、
実際、自分の専攻楽器で演奏する時、自分で意志を持って曲を作り上げていく
という事を考えていく時間にしてほしいのです。

なぁんて、書いていると真面目だけれど・・・実際には!?

最初はハープ屋さん。
グリンカのヴァリエーションを持ってきてくれた。
グリンカと言えば、劇場作家バリの恥ずかしいほどのくささが。
かつて、ピアノトリオで笑わずに弾くのに苦労した覚えが有り
「ねぇ、あまりにストレートだよね。」と二人で苦笑い。
いざ分析してみると、これがまた大シンプル大会。
今日は第1変奏曲を主に。転回形が変わる位置をどうとらえるか
(バスがどこで動くかにつながる)
例えば同じ I の和音でも基本形、第1転回形、第2転回形では
役割が違うので、その事を感じながら分析。

続いて・・・
本日、後期初出勤のピアノやさん。
バッハのシンフォニア。
まず、全体像としてテーマ提示の部分とそれをつなぐ部分の
緩急を大まかに捉えた後、
動機をどう扱って曲がかかれているかを主に学習。

実際そうやって一緒に細かく検証していくと、
いやー!やっぱりバッハってすごい。
一つの要素からいろんな姿を引っ張り出して有機的に書いてある。
今度はこの要素を意識して、今度はこちらの要素をなぁんて
一緒に連弾して弾きながら色々試してしまった。

続いて・・・
いつも真面目出勤で、和声学IVくらいまではすでにバッチリの音デやさん。
自分の目指す作曲分野のために、
自分の音楽のストック幅を広げたいと、クラシックだけでなく
ジャズ、民族音楽、などなどを只今研究中。
今日は、ジャズがどのように音を選んでいるのかを
月初めに弾いたばかりのカプースチンをもちいて検証。
カプースチンの場合はクラシックからみたジャズなので、
キチンと楽譜に置き換えてあるのはもちろん、形式的にもジャズとは少し違って
ソナタ形式を(かくれソナタ形式だと思う)軸にしているため
すんなりと入りやすいのだ。
解決しない付加音の話から、ラヴェルとの共通点、さらには
解決しないというところから、和音自体が音色の役割をする
ドビュッシーの書法まで広がってしまった。
なぜだかラーメンのチャルメラで具体例を挙げてしまったけれど
次回は、自分で考えてみてくださいね。

最後は、サックスやさん
来てくれてありがとう。いつも朝心配してます。
遅れてでも、とにかくいらっしゃい。
ドビュッシーが好きで、副科ピアノでもドビュッシーを弾く事にしているとか。
サックスのラプソディーを持ってきてくれました。
「せんせぇ、こんなんどうやって分析するの?」っと。
そう、和声学だから和声の分析をすると思いがちだけど、
ドビュッシーは和音の概念を変えた作曲家でもあります。

「最初からしてワカランですよ。ソー(♯)ソー(♯)って。」

あはは。そりゃそうだ。
わざわざ、和音にしてないからこそ人間の耳は
おっ!?なにが始まるんだ?って沢山の可能性を持って
楽しみに聴くんだから。
ひょっとしたらcis-mollの I の第5音かもしれないし、Vの根音かもしれない。
それらが、うやむやーっとしているうちに、すっとAsのフラットの響きに
置き換わって、そこで色合いが ふゥォっと変わる。

そんな面白さ。
和音記号を書かなきゃという小難しいことに頭を費やす前に、
なぜ自分がそのように感じるのかから入っていこう。
そうやって、え?何の和音だろうっと沢山の可能性を感じる事自体が
まずは大事なんだから。
・・・これで終わってしまった。
ドビュッシーにしては、なげやり(?)な作品なのでどこまで深く行けるか
分からないけれど、楽しみにしています。

それにしても、時代と分野がバランバラン。エライコッチャ。
っといいながら、楽しいのだ。

<和声 I>
ようやく、後期のフルキャストに出会いました。
初めましての方々から前期に引き続きの方々まで。

さて、授業はもう2週間ぶりというだけで、大混乱。

「同じ音を同じとこー」
「ほら、こんな感じ、逆行」(←両腕で拳法の構えみたいな格好している)

ハイハイ。「保留」と「反行」ですよ。

・・・。

動物園状態ですが、新しい世界に少し踏み出しました。
基本形三和音同士の連結の例外その1。

「II→V」

来週まで、理由と共にしっかりと覚えていてください!
いえ、来週と言わず永遠に。

頼みますっ。

お昼休みには、高校へ。
てろりんを少し詰めました。
今日は、イモくさい2曲をどうやって演奏し分けるか。
同じイモくささも
歌い方、速度。地声と裏声などなど。

そこまでやっていいの?という発想の自由さがとても若者、ステキです。

明日は通し練習。さて、どう仕上がるのか!? 楽しみ。

午後は、来月の下旬にせまった長野のコンサートの合わせへ。
半蔵門線に1時間ほど乗りっぱなしだったのですが、
さすがにエネルギーを使い果たしたらしく、電車では
左右いろんな人に衝突事件。
みなさま、ごめんなさーい。

どうして、じっと眠れないのでしょ。

モーツァルトのピアノ四重奏曲第1番
シューマンのピアノ三重奏曲第1番
ブラームスのピアノ四重奏曲第1番

なんだか、みんな1番だな・・・。楽しいけれど

 ガッツリ!

終わったら、モヌケノカラ状態の aiai デシタ。
あぁ、明日の検定を作らねば。カキコキはどうする!?

試練(!?)は続く・・・

2010年9月 2日 (木)

始まりました

短い夏休みが終わってしまった・・・
高校は8月末から、大学も今日から。

久々にあった学生さんたちは、変わらず素敵な笑顔でした。

始まるまでは
「あぁ。夏休みが終わってしまうぅ。こんなに忙しのに、カタギの世界がぁ…」
ひぇ~sweat01っと少し憂鬱でしたが、
やっぱり、次の世代の笑顔を見るのは心の栄養になります。

自分がどうして音楽にかかわっているのかという原点に戻れるからです。

大学は前期の最後。

「せんせぇ~、久しぶりですね!」と再会を喜んだのもつかの間
これで、みんなとはお別れですが、
また、きっと。

みなさんの成長した姿に再会できるのを楽しみにしています。

半年間、フツツカモノ aiai にお付き合い頂き、ありがとうございました!

2010年6月21日 (月)

本日の授業0621

<和声II>

相変わらず、重役クラス。
個人面談から始まり、みんなのメンタルチェック。
和声を教えてるんだか人生相談をしているんだか?
・・・とはいっても、音楽は表面的なことばかりでは何も生まれないので
じっくりとひとりひとり向き合えるのは貴重。
どこで、ひっかかっているのか、一人ひとりのペースを踏まえながら。
ふぅーdash大変だけど好きです。

ソプラノ課題のバスの感じ方を総復習。


<音楽分析基礎講座>

重役とはうってかわって元気なこのクラス。
今日は終止の第2回。
耳では終止が感じられるようになりました。

まずはメンデルスゾーンの無言歌。
いやぁ、おもしろかった。
宿題にしていたのですが、なんとなんとメロディーとバスは分かっても
ハーモニーがsweat01っとヘルプがでたのです。
っというわけで、まずメロディー、そしてバスを歌って終止を確認。
途中の半終止、フレーズ終わりの全終止は耳で確認OK。
そこから和音を具体的に検証。

そしたら・・・半終止をきっかけにして会話をしているというのです。
あぁ、確かにflair

前半は、女性が殿方にむかって
そして半終止を機にこんどは殿方が答える。

ってなわけで、無言歌に歌詞をつけようと盛り上がった・・・

   が、

やっぱり無言歌。みんなしばらく絶句してこの試みは終了。
良い作品と言うのは、表面でなく内容なのかもしれないという決着。

その後、クラリネット宇宙人にきてもらい、
なんとなんとモーツァルトのクラリネット協奏曲を演奏していただいた。
非和声音の勉強の折、この部分だけ飛ばしていたのですが
今日は、本来の学習、非和声音に加えて、
耳でソナタ形式を追ってもらいました。

チョイとまだ難しかったか!?

第2主題だ!と思ったら記憶してあとで歌ってねとお願いしたら

おぉぉ うぅぅぅ およよ・・・と意味不明な歌(唸り声?)しか出なかった。
あんな感じなのにぃ!っというところまでは行ったのですが…。

昔の人たちって、耳でこうして音楽の構成を楽しんでたんだから
優雅よねぇ、っと形式美の話で終わってしまいました。

あらま、来週もチョッパやで行かなきゃ。

いやsweat01来週は休講です。ゴメンナサイ。
補習は7月6日(火) 14h40より 2303 で行います。

2010年5月31日 (月)

本日の授業0531

<和声II>
重役クラス。今日はまた異なる顔触れがご出勤。
先週、とっても大事な属七の和音を扱ったので
今週ももう一度、復習と新重役への授業を兼ねて学習しました。

来週からソプラノ課題に入りますよ。

<音楽分析基礎講座>

今日はチャイコフスキーの悲愴第3楽章。
まず、作曲家がどのように楽譜を書いているのか。
ホルンのあのメロディーが、1+1+2のフレーズで広がっていく様子を
キチンと表情記号で表現していること。
また、そのことが今学習している非和声音の1つ
倚音の歌い方にどう関係してくるかを検証しました。
ホルンのお二人、よく揃って演奏してくれました。ありがとう。
そして、突然ふったにも関わらず、A管でホルンの相の手を演奏してくれた
クラリネットのお二人。ありがとうございました。
みんなにシャルモーの味が伝わってた思いますよ。

続いて、ハイドンのトランペット協奏曲より第2楽章。
「ハイドンってどんな人?」ってきいてみたら

「かつらのスゴイ人」って・・・・。

そこから、どうして昔の人はかつらをしていたのかという話しになってしまい
もう少しで、ハイドンはカツラというお話だけで終わりそうになってしまった。

このソリストのメロディーは掛留音が多用されているのですが
その役割について考えてみる事にしました。
みんなが和音等分析している間に、トランペットを吹いてくれる学生に
「ねぇ、この掛留音どう考える?」っときいたら
「先生はハイドンだからフレーズを長くとれって言うんですよね」とのこと。

というわけで、検証開始。

本当にフレーズは長くとれるのか。
まず、掛留音のタイをはずしてみた。すると倚音になるけれど
なんとまぁ、かわいらしいこと。
古典は、倚音と解決音の関係は明確なので、基本に忠実に
演奏してみると、フレーズが短い短い。
あの優雅なメロディーが、まるでモーツァルトのような軽やかさになる。

っということを体感して、大笑い。らしくないし、変だぁと。
やっぱり作曲家の癖(スタイル)を知る事は大事だねという結論になりました。

ダラハークラス。毎回脱線しすぎて授業がかなり遅れているとおもいきや!
今日は、あちゃこちゃからハイドンのトランペット協奏曲のCD音源が聞こえる。
よかったぁ。なんとか追いついているらしい。

さすがに、自分たちで演奏ばかり呑気にしているのは
うちのクラスだけかもしれないけれど、やっぱり
頭デッカチで表面的になるより、理論を演奏で体感した事をきっかけに
興味をもって、更に自分自身の探究心で分析をしたくなる!
というような演奏家になってほしいのです。

その道を順調に歩んでくれているこのクラス。
また、来週会えるのを楽しみにしています。

より以前の記事一覧

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コンサートのご案内

  • <石田多紀乃 原田愛 ピアノ・デュオ>

    石田多紀乃 原田愛 ピアノ・デュオ
    12月9日長野県白馬村

  • <Strings Goto & Klavier Ai>

    ~Strings Goto & Klavier Ai~
     12月1日神戸・三宮ピアジュリアン

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ