2020年5月14日 (木)

ソルフェージュ系遠隔授業

とうとうこの日が来てしまった。
遠隔授業の難しい、ソルフェージュ。
個人レッスンではなく、20名を越える集団にどう授業すればよいのか!?

Dsc_3808-1 見事な色合いに。
いつものように、22分間のヨガと筋トレ。
そして、ベランダの観察。

そして、授業のタイムスケジュールを確認。
教育実習生を担当していた時に確認していた実習ノートをみるようだ。
そして、授業30分前には

「おはようございります!
最初に出席をとりますので、meetまできてくださいませ。
・パソコンの場合
クラスルームのSolfégeIのクラスルームの画面に行くと、
クラスコードの下に、meetのリンクが出てくるのでそこをクリックしていただければ入れます。

・スマートフォン等の場合
SolfégeIのクラスルームを開くと、一番上の段に右から3つ目にビデオカメラのマークがありマス。
そこをクリックしていただければ、入ることができます。

なお、Solfégeの授業では、毎回必ず五線紙を用意してさい。
Wi-Fi環境がまだ整っておらず、授業に来られない人は、
事前に、ご連絡いただければ幸いです。
宜しくお願い致します。」

を配信。

1限は、新入生を中心としたクラス。
しかしだ。
この状況下なので、クラス分けをしていない。
状況把握のために行った事前のアンケートからも、
「難しい聴音を楽しみにしている」
という人から
「楽譜を書いたことがありません」
という人まで、さまざま。
えらいこっちゃ。

というわけで、初日は
前期最終週にはこれくらいのことができるようになりますよ・・・
と目標をもってもらう課題をやることにした。
楽譜を書いたことのない人には1題1題、楽譜の書き方や
聴音の目的、拍の感じ方などを書き込んだシートを送ってある。
(会った事もないので、不十分かもしれないと思うけど・・・)

授業開始して、1名Wi-Fi環境が無いため参加できない人がいらしたが
他は全員出席。
びっくりだ。
聴音は、リアルタイムに演奏するとデータ量がかかるのと、
音質が悪かったり、情報遅延でうまくいかないことが分かっているため
予め規定に従って録音したデータを、時間を指定して配信設定してある。
ところがだ。
予想はしていたものの学生さんの中には、通信速度が遅く

「課題の音がまだ来ません・・・」

という人も。

即座に対応しつつ、更に来週からは前日までに課題配信する人のリストの作成も。
通信事情で差が出てしまっては良くない。

4月の会議では、あらかじめ問題を配信して実施してもらい、
授業では、あらかじめやっておいてもらったものの答え合わせをする
という案もあったが、
やはり授業外に、課題時間を強制することには抵抗を感じる。
みんなそれぞれに、重視したい勉強が有るし、
ましてや、新入生にとっては1日の大半を小さな画面で
「初めまして!」
を繰り広げているわけだから。
そんな1日のはざまに、会ったこともないソルフェージュの課題を
やっておけなんぞ、とても言えない。

2限は、ソルフェージュIII。
こちらは、大半の人が既に顔なじみだ。
というわけで、やぁやぁ!と挨拶しながら希望をきいていると、
今までとりくんできたように、

「オケの聴音がしたい。」
「合奏でベースラインを聴くことを鍛えたい」
「みんなで合唱したい」
「和音の色の聴き分けをしたい」
などなど、目的を具体化した意見が多い。

しかも
「この状況で、ソルフェージュって想像つかないのですが」

と、こちらの状況をおもんばかって下さる発言も多く
ありがたいやら、嬉しいやら、悩みが増えるやら・・・
というわけで、こちらからも、
「よい方法が分かったら情報下さい!」
と腹を割ってお願いできるのも、ありがたい関係だ。
半年間、どうぞよろしくお願い致します。

午後は、KeyboardHarmony。
その名のとおり、主に鍵盤を使って実習していく。
ところがだ。
ピアノ科以外も対象としているため、鍵盤が家に無い学生さんも。
中には、家で音を出せない人もいらっしゃるし、
ピアノ科の学生であっても、防音室のため
Wi-Fiが入らないという人も居たりする。
今日の初回授業で行う和声感覚の基礎力調査でも、
鍵盤で弾いて頂く以外に、歌っていただいたり、書いて頂いたり
さまざまな表現手段で現状把握していくこととなった。
来週からどうしようかなぁ・・・。

今日一日で大人数の授業も、だいぶ慣れてきた。
テレワークが急増したためか、教員である私自身も2度か回線から落ちたが
それに対応する選択肢も自然と増えてきた。

しかし、授業初回の週だけあって添削の量が半端ない。
今日の1限の授業だけでも100チョイのファイルの添削とコメント。そしてなにより
そこからの授業計画が大切だ。
19時にすべてのレッスンが終わって、少しずつ取り組み始めるが
気が遠くなりそうな量。
でも、筆致から見える会ったこともない学生さんたちの事を想像する時間は楽しい。
デジタルな時代であっても、美しい譜面を書ける人は必ず伸びる。

2020年5月11日 (月)

遠隔授業

多くの大学が、今日から授業開始。

そんな中、月曜1限からの授業担当としては、
未曽有の事態にドキドキである。

「和声学IV」

和声の上級クラスに入る。

授業ではまず最初に、学生さんたちはWi-Fi環境にあるのかチェック。
幸いにして、このクラスはみんな自宅に環境がそろっているらしい。
というわけで、最初にこれから前期で学ぶ範囲の確認の後は
和声学IIIまでの習得状況を確認。

あらかじめ、投稿予約をしておいた課題が9時過ぎに配信され、
授業ガイダンスの後は、各々が自分に必要とされると思われる課題を選択し
随時提出するという道筋をたどった。

【1限 和声学IVの気づいたこと】

・やはり、一気にGoogleシステムを使う大学が増えたためか
殆どの学生が、音声と画像共に切っているにもかかわらず、
2度画面がカタマッタ。ハウリングもあり。聴覚過敏人間にはツライ。

・クラスの中に留学生の学生さんが4名。
しかも初めましてなので、きちんと語学状況も把握したいが
その余裕がない。

・学生さんから取り組んだ解答を送られてくることに気づくのが遅れた。(これは解決済。次回から改善できる)
しかし、回線混雑のため解答のダウンロードに恐ろしく時間がかかる。

・添削したものに対して、学生さんがどう考えたのか順番にお声がけして質疑応答をするのだが
その会話が、回線をつないでいる他の学生さん(各々課題に取り組み中)に聴こえてしまう。

・学生さんたちが、回線維持のために善意で音声と画像をシャットダウンしてくださっているが
教員サイドとしては、まったく仲間である学生さんの反応の見えないまま授業を進めなければならない。
これは無観客試合の選手よりもつらいと思う。

・授業中、質疑応答できたのはクラスの半分くらいで申し訳ない…心が残った。


【2限 音楽分析基礎講座】
履修者はみんな1年生。担当は声楽とミュージカル。
ということは・・・

楽譜が読めない学生さんが居る可能性もある。
その辺りはロック&ポップスを担当した時に経験済みだが
遠隔となると細かに対応できるか・・・

そして、今日は彼らにとって大学授業初めて。
しかも遠隔授業なこともあってか、1限の途中に
「どうしたらよいですか?」のメールが何通も届く。
しかしこちらも授業中なので、返信もままならず申し訳ない。

が!

なんと、授業時に全員揃った。

2gen

総勢34名。おぉ~
しかも、最初から言わなくてもみんなマイクと画像を切っている。
すごいなぁ。

今日までサポートしてくださった先生方の助言と、
それに応えようとする皆さんの姿勢のたまものだ。
本当にありがたい。

さまざまに、質問も行きかう授業となったことは
私にとっても大変ありがたい時間となった。
授業が終わっても、熱心に質問してくださるかたがいらしたのも嬉しい。
いつもと違い、直接反応が見えないだけにホッとする時間。

午後は、夜までほぼぶっ続けのレッスン。
終わった時には、放心状態にありながら
新たに、学生さんたちからは学校のシステムについての質問の嵐。

何事も初日は大変。
たまたま、初日の最初の授業を担当になったことで得ることもたくさん。
色々うまくいかなかったこともありますが、
みなさん、どうぞ宜しくお願い致します。

2020年4月 6日 (月)

新しい世界

すっかり更新が滞っております。

本来ならばガイダンスを終えて、明日から授業日。
奉職大学からも、授業開始が4月20日に延期の連絡を受けてはいるものの
いただいた貴重なご縁。
学生さんの「教育を受ける権利」にはしっかり向き合いたい。

とはいえ、クラシックは特に実技分野は3密を避けることが難しい分野。
その息づかいを感じられる距離にいるからこそ、
その奥の精神性を受け止められるからだ。

今日も朝から、何が出来るのかをあれこれ試行錯誤。

理論系は、PDFなどファイルでやり取りができることが多いので
大分見えてきた。
実際に、春休み中の取り組みを送ってくださる方も多い。

でも実技系は大変。
どうしようか・・・大学教員はもちろん、
フリーランスの方やオーケストラなど
教員以外の人たちとも色々、意見を交わす。

大学の実技レッスンは、
まず、普段なら演奏することに目が奪われてしまう楽曲分析を先行させる。
演奏前にじっくり向き合うべきところにもかかわらず、
ないがしろにされがちだからだ。
オケや吹奏楽、そして室内楽の授業が難しい今こそできることなのではと。

でも。やはり実技は生で向き合ってこそ、分かることも多い。

というわけで・・・
んー。SNSは嫌いだ!といいつつ、
今日もオンライン・レッスンの可能性について
実験をあれこれ。
FacebookメッセンジャーとGoogleツールのひとつDuoで実験を行う。
(Hangoutsはなぜかつながらない。)

例えば、スタッカートの連続を弾いてもらい、
タイムラグや音質の確認。画質も?
そんなこんなであっという間に時間が過ぎていく。

田舎育ちの人間としては、閉じこもって半年くらいじぃっと本を読み続けていいんじゃ?
と思うこともたくさんあるけれど、
都会に住むことを選択してしまったからには、責任を負わねばならぬ。

不思議の国に踏み込んでしまったけれど、
どんな時も、本質は変わらない。

毎日が冒険のようだ。

このブログもとぎれとぎれ。
3月中旬からの動向は、時間があるときに少しずつ思い出しながら
備忘録として補う予定です。

Img_0800 悟りの窓(2012年2月)
ステイ・ホーム!

2020年2月10日 (月)

おめでとう!

後期実技試験最終日にいつもやってくる
サクソフォーン専攻の卒業試験。

Img_20200210_195432

おめでとう!
1年生の頃から演奏はモチロン、授業でも
ご一緒した方も多く、感慨深いです。
これからの道も、ひとりひとりの個性が生きるものとなりますように。

それにしても9時間にわたって審査してくださった先生方
ありがとうございました。
そして、舞台の裏を支えてくださった有志後輩の皆さま
おかげさまで、演奏にしっかりと向き合えました。
ありがとうございました!

2020年1月14日 (火)

試演会

今日は、3回ある副科試演会のうちの1つ、学内の試演会。
中でも、打楽器専攻の1年の生徒さんによる編曲は、
マリンバはもちろん、ヴィブラフォンやシロフォンにグロッケンシュピールなど
たくさんの楽器が必要でたくさんの方々の協力が無くては実現しない編成。

でも心強い仲間がたくさん!

Img_20200114_204829 終演後の風景

そう、演奏する前も後も大変なのがパーカッションのみなさん。
ボーヤではないけれども、仲間の編曲の初演を快く引き受け
みんなで演奏後の楽器解体運搬も行う。

悩殺の日々の中の、心温まるひとコマ。

2019年11月14日 (木)

鍵盤から

毎年、キーボードハーモニーの授業の一環として
オルガンの先生にお願いして、オルガンを弾く機会を作っている。
最初は、バスに対してハーモニーを右手で作る段階において
近い配置に(指スラーで)行くことの意味を、
耳からだけではなく、手でも感じる機会にと考えての事だったが
やっぱり、本来の「音色を作る」という意味合いでの授業が
主体になってくる。

Img_20191114_143520

自分が用意してきた(勉強してきた)曲に対して
どんな音色が欲しいのかを、しっかりイメージしていただき
更に、それを実現するために、
8フィート以外にどんな積み重ねの可能性があるのか、
華やかな音色とは、温かみのある音色とは、など
実際に自分で組み立ててもらう。
基本の部分だけとはいえ、
オーケストレーションと似た作業だ。
今年は大半がピアノ科の人の履修だったので、
なおさら、そのことを経験していただきたかった。

今年度の学生さんは、宇宙人が多いが
それでも、インヴェンションなど思い思いに弾きたい曲を
持ってきてくださっていた。

2019年5月24日 (金)

リサイタル講座

大学の授業、「リサイタル講座」。

毎年、各専攻の成績優秀者の希望者がとる授業だそうで
今日は、リサイタルを行うにあたってのレクチャーを兼ねたリサイタル。

デュオの相棒、石田センセがソロ・リサイタルで担当という事で
短いお昼休みにリハを聴きに行く。

Img_20190524_121945 シルバーマウンテン

ピアニストは自分の楽器を運ぶわけにいかないので
使用する楽器の選定、そしてピアノのご機嫌伺い。
今日は調律師さんが立ち合いでないため、
音による音色のバラツキや、アフタータッチなど
チェックすることはテンコ盛り。
使用するピアノに慣れていかねばならない。
もちろん、会場の響きにも。
(残念ながら、吹奏楽など用の仕様のため残響はほぼ無し。)
演奏曲目を考えながら、サルも耳を皿のように広げ?
ピアノ位置や車輪の向きを変えていく。

授業では演奏が終わった後に、レクチャー。
プログラミングについてや、ドレスの着こなしについてなど。

特に、四半世紀以上毎年、ソロ・リサイタルを
すべて異なる曲でプログラムを組んできた人だけに
「自分で"無"から曲を作る作曲家ではないからこそ、
邦人作曲家の作品などを紹介するようにしてきたことも…」
のお話は、とても心に響いた。
そう。演奏家が紹介しないと、作品は埋もれていってしまうのだ。

充実の金曜日3限だった。

さて、今からピアノコンチェルトのオケ伴。
ピアノ科の先生のところへ、レッスンについていくのは
副科ピアノおさぼりマンだったおサルには敷居が高く、
緊張する時間でもあり、とっても楽しみな時間。

さぁ、貴重なお話をムネにばんがる。

2019年5月19日 (日)

身体を保つ

勉強は、教育や演奏に関わる人間であるならば常に続けるものだが、
本番のためとなると、期限がある。

自分のためだけの勉強であれば、自分の責任でコントロールできるが
学生さんと一緒の本番だと、そうはいかないのも事実。
ストレスでもあり、でも結果的にいつも貴重な時間となるから不思議だ。

モーツァルトのピアノ協奏曲に取り組むにあたり、
殆ど強弱記号が書かれていないので、その解釈を
形式はモチロン、和音や音型などからも。
そしてアーティキュレーションとカデンツァの可能性など。
楽書を読みあさりつつ、今一度頭を整頓していく。
去年もちょうどこの時期、フォルテピアノの演奏前に
追究をしていたっけなぁ。

学生さんの考える力を引っ張り出すには、こちらが答えを用意するのではなく
ありとあらゆる可能性を整頓できるだけの裏付け、
つまり普遍的なものに向き合う必要がある。
すごく楽しい時間だ。

一方昨日は、吹奏楽譜しかないスパークのソロ曲を
ピアノ伴奏で演奏するために、編曲に取り組む学生さんとの本番だった。
普段、ピアノを弾くことのない人にとって
ピアノリダクションは、特に様々な想像力を働かせねばならず、
オマケに吹奏楽はほとんどが移調楽器なので、記譜法によっては大パニック。
事実、本番までに編曲が間に合う状況でなくなってしまい、
安易に手を貸すことは学生さんのためにならないと分かりつつ
自分も一緒に人前で演奏するという責任感が勝って
夜な夜なスコアを読んで頭に叩き込む。
本番は何とか乗り切ったものの、卒業までに編曲に必要な書法はモチロン
心構えと忍耐力!?も一緒に向き合わなば
と、考えさせられた出来事だった。

そして、夕方からはフランスから来日中の
ドゥラングル氏の公開マスタークラスの伴奏へ。
サクソフォン協奏曲のピアノリダクション版での伴奏だが、
意外にも、サクソフォニストはスコアを精査する機会が少ないらしく
(現代曲は、楽譜が出版されていないのが原因)
他の楽器のオケ伴奏をする時と勝手が違うのが、いまだに慣れない。
フランスの出版社は、譜ミスが多いのもストレス。

公開マスタークラス中も気になって、スコアを確認していたら
「○○小節から一緒に演奏してくれる?」
という言葉が頭を通過するのに、しばらく時間がかかってしまった。

疲労回復に今日のお昼ご飯。

Img_20190519_131342-1 ざるそば。
セリとともに。

千葉の農園さんが立派なせりをひと束を100円で売ってくれたのだ。
まだ、セリが有るなんて!
ありがたやぁ。
田舎育ちには、何よりの栄養。

2019年2月12日 (火)

おめでとう!

快晴!

試験日程最終日。サクソフォン4年生の卒業試験。
門出にふさわしいお天気だ。

前田ホールの舞台に一緒に立つと、緊張よりなにより・・・

「一緒に演奏できる幸せ」

が、身体の大部分をしめる。
そして、作曲家の思いを伝えようという何にも代えがたい心と。

もちろん、作品が深すぎてとても消化しきれないうちに
今日を迎えた曲もある。

でも。
それよりなにより、どういうわけか。

一緒に演奏できることへの感謝が、演奏の集中力となっていく。

Img_20190212_181831 終演後

これからの人生が、ひとりひとり
その人にしかない個性がいきるものとなりますように。

4年間、ありがとうございました!

2019年2月 9日 (土)

あと少し!

すっかりブログが飛んでおりますが、何とか生きております。
実技試験も、12日のサクソフォン専攻4年生卒業試験を残すのみ。

Img_20190209_170957

今朝は雪で、本番時間を繰り上げたのか
到着するなり演奏する事件も。

そして夜は、学生さん企画の自主おさらい会。

Img_20190209_173513

昨日プログラムをいただいてオドロイタ。
全員参加なのだ。すごいなぁ。

Img_20190210_083720

演奏はモチロンだが、お互いに講評も書いて
意見を交換する。

みなさんが1年生の時のことをしっかりと覚えています。
あれから色んな舞台を共にしてきました。

皆さんの作品に対する真摯な姿に
発見や助けられることもたくさん。
作曲家の心が、そんな皆さんを通して
聴いてくださる皆さんに届きますように。

12日(火)10時開演 前田ホールです。
彼らの熱い姿に会いに、是非お越しくださいませ。

より以前の記事一覧

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo

コンサートのご案内

  •  <ピアノ・デュオ・リサイタル>

     ~石田多紀乃・原田愛~
    【長野公演】7月上旬に延期
    【東京公演】9月4日(金)5日(土)に延期


  • <中止・バソン・マスタークラス>

    ~フィリップ・ベルトラン
    5月5日(祝)中止となりました。


  • <中止!アンサンブル・ヴァリエ>

    ~アンサンブル・ヴァリエ音絵巻~
    5月3日(祝)中止となりました。

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ