2020年10月16日 (金)

収録

毎年3月に行うデュオの東京定期公演。

今年はCovid-19にともない、9月に延期し、
感染拡大の状況から、更に来年3月への再延期を決めた。

初回のコンサートがまさに3.11であったこともあり、
毎年震災遺児のみなさんに募金を続けてきたが
今年は・・・。
でも。
こういう時だからこそ何としても送金を続けようと、収録公演を決めた。

正直、ふたりともデジタルが苦手だ。
文字も手書きが好きだし、対話も相手の目をみていたい。
こんなアナログな二人になにができるのか。

そんな時に、頭にうかんだのはHikaruくんだ。

標高1500メートルで育ち、音に心に繊細なアンテナを持っている。
長年、飼い主とサルのこのデュオの譜めくりもしてくださり
なにより、幼き頃からともにどっぷりと室内楽をしてきた仲間。

まだ若いけれど、一緒に彼ならではの世界をみてみたい。
このプロジェクトも、未来への投資とともにあるものだから。

そう考えてお願いさせていただいたら、なんともこだわりのカメラ配置。

Dsc_4403 実は5台も配置

今回の収録は、調律をふくめて半日のセッションなので、
収録とはいえ、ライブ配信に近い形となるが、
お宿に帰って、いただいた収録の一部をみると、
「え、これって大人と子供並みに手のガタイが違うじゃん。どおりで音色が違う…」
なんて発見も。

普段、客席からでは観ることのできない角度など
彼ならではのこだわりから観る世界は、私たちにとっても発見がたくさんだ。

編集はこれから。
どこまで、収録ならではの映像ができるか。

次世代人とアナログ2人のチャレンジは続く。
どうぞお楽しみに!?

なお、プロジェクトの最新情報こちらから。⇒

 石田多紀乃 原田愛 ピアノ・デュオ~今年も続けます東日本大震災津波遺児募金~

2020年10月15日 (木)

走るアタマ

いつも5時に目が覚めるのが、今日は3時45分に目が覚めた。

毎週木曜日はコロナ禍の授業運営が大変で、
準備が足りていない!という夢でガバっと起きるが
今日は、楽譜を忘れないか衣装を忘れないか?という不安が
寝覚めを早めたらしい。

朝からの授業後、今日は長野へ。
明日はいよいよ収録だ。

とはいえ、いつものデュオ本番前とは違い
合わせがままならない。
収録に向けて、色んな案がでているが、
そのための準備も、頭には組み立てられているのに
手が付けられていない。

というわけで、車中も・・・

Dsc_4405

書き込んだ分析をもとに、ト書き案を記していく作業。

東京駅出発して1時間25分後、現地に到着してからすぐに合わせへ。
ありがたい事に、編集カメラマン担当の田隝晃くんと譜めくりももさんが
立ち会ってくださる。

本当に、ありがたい。
さぁ、明日はどうなるだろか。

2020年10月11日 (日)

今年も!

もう第17回!
今年も、甲斐澤先生コントラバス・ファミリーによる・・・

Kaizawafamily

コントラバス・ソロ・コンサートです。
オーケストラで縁の下の力持ちのイメージの強いコントラバスですが
このファミリーはただ者ではありません。
みなさん、ソリストとして演奏いたします。

毎年、師匠の甲斐澤先生自らの熱演に接するたび、
「みんなが熱くなるのは必然!」
と、心から思うこコンサート。

今日は、そのリハーサル。
感染症対策として、午前の部と午後の部に分けてのリハでしたが
10時30分から始まったリハは、終わったら17時30分!

10月25日も、感染症対策を行いながらのコンサートとなります。
総勢12名!?のコントラバシストたちの演奏が繰り広げられる予定、
換気の時間も含めて、果たして17時に終わるのか!?

とっても楽しみです。

2020年9月19日 (土)

コントラバス・ウィーク?始まる

午前中の秋期講習会で若者たちと過ごした後、
コントラバシストとの合わせに、横浜へ。
今年も、コントラバスと過ごす秋が始まりました!

まずは、こちらから。

Img_20201013_0001

戸嶋さんとは、まだ彼女が高校生の頃からご一緒させていただいていますが
あのころと変わらず、音楽に対する熱量が半端ないです。
いえ・・・この状況下、更に熱くなったような!?

日に日に、師匠でいらっしゃる甲斐澤先生に似てたのでは。

10月18日(日)13時開演です。

師弟のお二人による、熱い演奏がお楽しみいただけます。
どうぞお越しくださいませ。

帰宅時、久々に最寄りの一つである京葉線越中島駅下車。

Dsc_4354

なんと、30周年とのこと。
ディズニーランドの最寄りの線。
始めていったのは中学の修学旅行。
あれから30年。
あの頃から有ったのかぁ。

2020年9月12日 (土)

ピアノ四重奏

2回目の合わせ、昨夜に引き続き。

夜中はカキコキ作業をしていたが、
やっぱり音楽に没頭できる時間はこの上なく夢中になれる。

フォーレのピアノ四重奏曲第1番。
突如、今回のプログラムとして降ってきたが、
やっぱりおもしろい。
3度調転調の色彩変化や、なんといっても室内楽に特にみられる弦のユニゾン。
どこまでも解決しない和音の連用など、
今回初めて組んだメンバーの音を聴きながら、ひとつひとつ解釈を選択していく。
解釈がドイツ寄りで濃いけれど、
フォーレと関連性の深い(とサルは考えている)シューマンとの関連が
色濃く感じられて興味深い。

そして、楽譜はベーレンライター版。

いろんな変更点があって、その意味を考える。


あっという間の大阪滞在32時間。

メンバーは・・・

Osaka3 
ゴリラも嫉妬するバナナ食いの名人英恵さん
あ、もちろんヴァイオリンの名手です。

Osaka2
お話上手の上方人、岩井さん。

Osaka1

サル。

そして、これらの写真を撮ってくださったチェリスト聖子ちゃん。

Osaka6

以上、4名によるコンサートは、
9月16日(水)13hから、大阪市中央公会堂デス。

14時には空へ。
すっかり抜け殻。
いつ離陸したのだか、目が覚めたら隣を飛行機が飛んでいて

Dsc_4324 

おどろいた。
今日は西風らしい。
ダブル着陸するほど、運行がふえたのかとおもいきや、
羽田はガラガラ。
でも、機内は以前より人が増えている。

自宅へかえり、すぐに身を清め少しさらってまたお出かけ。
本来の芸術の秋のペースに戻ってきた週末。

2020年9月11日 (金)

大学とのコラボレーション

公演情報です。

いつもなら、街中に音楽があふれる1週間。
今年は、コロナ感染拡大防止の観点から、
無料動画配信と、ソーシャルディスタンシングをとった有料公演のみとなりました。

まずは、9月13日(日)12時より配信

<配信ナンバー:特別企画>
相愛大学アートプロデュース専攻×大阪クラシック

お家でリフレッシュ ~音楽に合わせて体を動かそう~

大阪クラシック動画配信のページ

https://osaka-classic.jp/video/

なお、動画は18日まで視聴することができるそうです。
音楽の収録時に、どんな動きをするのかを
学生さんたちに少し見せていただきましたが
実際にはどうなったのか私も楽しみです!

大阪クラシック全体の情報
https://osaka-classic.jp/

2020年8月23日 (日)

東京定演延期のお知らせ

8月16日にも、お知らせさせていただきましたが
昨今の感染拡大状況を鑑み、
正式に、デュオ・コンサートの東京定期公演を
再延期させていただきます。

今のところ、サロン・テッセラさまとご相談させていただき

2021年3月12日(金)
2021年3月13日(土)

へのスライドとなっております。

既に延期公演にとお声がけいただいていた皆様には、
直接ご連絡させていただきます。
なかなか、決定ができず大変申し訳ございませんでした。

なお、2020年度も震災遺児のみなさんへの義援金を続けるべく
秋に公演配信を計画しております。
8月末に、このプロジェクトについて具体的に動き始めますので
決まり次第、こちらにご報告させていただきます。

Nec_1155

ひとりひとりが、自分の個性と役割を知り
ともに助け合い生きていける世の中となりますように。

2020年8月19日 (水)

お家でリフレッシュ

17時まで、みっちりフォーレの合わせをしたのち、
今日は、大阪クラシックの演奏収録。

Dsc_4243 曲によって配置換え

相愛大学のアートプロデュース専攻の方々とのコラボ。
「ストレッチ」や「リズムゲーム」で、
ステイホームでも楽しみながら運動不足解消とリフレッシュ。

ということで、曲も学生さんたちが選んでくださった曲。
カメラも大小たくさんで、まずは全体映像テイク。
そして、接近映像テイク!?などさまざまに工夫してくださっていました。
しかし、体操は別撮り。
演奏人としてはどんな体操が組み合わされるかが知りたい。
例えば「白鳥」でも、さまざまな解釈が可能だ。
かつて、バレエのための録音で
「瀕死の白鳥という設定でお願いします」
といわれて、限界にゆっくり演奏したこともあるしなぁ。

そんな突然のお願いにもかかわらず、
頑張って伝えようとしてくださる姿が、とても嬉しい時間でした。
日々、オンライン授業と準備明け暮れているので
演奏よりもむしろ、体操がしたい!?

こちらも気づいたら20時をまわっていました。
遅くまでありがとうござりました。
放映を楽しみにしております。

2020年8月16日 (日)

延期した公演について

9月4日(金)5日(土)に延期している東京定演ですが
今のところ、再延期の予定です。

やはり、感染拡大の状況が続いているのが最大の理由です。
ありがたいことに、このような状況であっても「今年も聴きたい」と
お声をかけてくださる方もいらっしゃるのですが、
コロナ禍で移動を制限されている方々、
お年を召された方や、遠くからお越しいただく方々にも
等しく、この時間をご一緒させていただく事を大切にしていたい。
そう考えております。

同時に、初回が3.11というあの日であった事には今年も向き合い続けています。
この状況であっても、学びの道は開き続けなければなりません。
あの年からずっと続けている、震災遺児のみなさまに送る義援金は、
今年も続けるべく、秋に収録配信を考えています。
そのことは、同じく8月以降に延期とした長野公演の主催者さんともタイアップして
「コロナ禍だからこそ、できること」
として、さまざまな案をいただいています。
また、具体化してきましたら、こちらでもご案内させていただきます。
なお東京公演の延期については、会場のサロンテッセラさんと最終調整中です。
決定次第、お知らせさせていただきます。

お盆休み最終日は、猛暑となりました。
さすがに冷房をつけて、明日の試験問題制作と採点の嵐に挑んでおります。
みなさまも、どうぞご自愛くださいませ。

20200816122826_p ナスのデュオ!?

ゴマで顔にしてみました。

2020年6月28日 (日)

縁をつなぐ場所

雲の中で、朝を迎えた。

Img_0285

今日はクローズ・コンサート。
朝からリハをして、お昼ご飯を外で食べようと出かける。

Minenohara photo by KPI

まるで雲の上にいるようだ。
帰ってから、私たちデュオもリハを。
リハの模様を少し公開。(色んな作業同時進行のため、にぎやかです。)



16時30分開演したコンサートでは雨も上がり、
濃い緑が目に優しい本番となった。

~本日のプログラム~

ドビュッシー:小組曲より
ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲 Op.1-1より
シャブリエ(メサジェ編):狂詩曲「スペイン」



田隝晃(ヴァイオリン)島貫亨子(チェロ)石田多紀乃・原田愛 ピアノ・デュオ

演奏中もマスクを着用、客席もソーシャル・ディスタンシング。
そして、この通気性!
途中からは、鳥の声も仲間に小一時間。
ともに過ごしてくださり、ありがとうございました。
フェイスシールドをしてトークをするたび
「自分は宇宙人か?」
と思いましたが、何とか無事終了。

実は当初、デュオのみでのコンサートの予定が
せっかくなので、ぷれじ~るのメンバーもとお声がけして晃くんと。
更に更に「私も参加したい!」とカエルも加わり、
あっという間に弦楽器も仲間となったプログラムでした。

終演後には、晟くんも加わって急きょメンデルスゾーンのピアノ三重奏曲まで弾いたなぁ。

会場でご一緒してくださった皆さんは、長年応援してくださる皆さんや
ぷれじ~るに縁の深いみなさま。

今までにない状況の中、今だからこそご一緒していただけた事、
感謝申し上げます。

また、お目にかかる日を楽しみにしております!

より以前の記事一覧

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo

コンサートのご案内

  •  <ピアノ・デュオ・リサイタル>

     ~石田多紀乃・原田愛~
    【長野公演】8月以降に延期
    【東京公演】3月12日(金)13日(土)に延期


  • <中止・バソン・マスタークラス>

    ~フィリップ・ベルトラン
    5月5日(祝)中止となりました。


  • <中止!アンサンブル・ヴァリエ>

    ~アンサンブル・ヴァリエ音絵巻~
    5月3日(祝)中止となりました。

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ