2020年3月 5日 (木)

アット・ホーム

今日の長野公演は中止。
しかし。

Img_20200305_113628 セッティングが。

「うちのスタッフの研修として、やりませんか」
とお声がけいただいた。

お客さまは2名!

「どうせやるなら、吹雪の中というシチュエーションはどうだ!?」
など、ユニークなアイデアもたくさん。

席の間はしっかりとあけて、しかもどの椅子に座るかは選択制だ。
外は吹雪だけど、換気も充分に行う。

ピアノには…

Img_20200305_141919

「行きたいけど行けないから」
と小さなお子さんが作って、置いていってくださったとのこと。
短いけれど、心温かな時間。

ぷれじ~るさんでしかできない発想とつながり。
本当に心にしみます。
ありがとうございました。

終演後、昨日の取材の続き?

89201882_279493089700825_618620971619713 photo by HIKARU

デュオ東京定期公演延期のお知らせ

3月13日(金)14日(土)のデュオ・リサイタル 東京定期公演は
コロナウイルスに関する世の中での状況を鑑み、
会場のサロン・テッセラさんともご相談し、
2020年9月4日(金)9月5日(土)に延期とさせていただくこととなりました。

既にご予約いただきました皆さま、また状況を見ながら考えてくださっていらした皆さま
ご心配とお迷惑をおかけし、申し訳ございません。
9月には更に進化した状態で、そして笑顔で皆さまにお目にかかれますように…

ご予約くださった皆さまには、チケット代の全額ご返金もふくめて
これから個別に順次ご連絡させていただきます。
よろしくお願い申し上げます。

なお、延期公演は以下の通りです。

2020年9月4日(金)19時開演  サロン・テッセラ(東京・三軒茶屋)

シューベルト:4つのレントラー D814
シューマン:東洋の絵「6つの即興曲」 作品66
山中千佳子:月うさぎ、波うさぎ(連弾版初演)
サン=サーンス(演奏者編曲):動物の謝肉祭
   (サン=サーンスは9月4日のみ演奏します)

2020年9月5日(土)14時半開演 サロン・テッセラ(東京・三軒茶屋)

シューベルト:4つのレントラー D814
シューマン:東洋の絵「6つの即興曲」 作品66
山中千佳子:月うさぎ、波うさぎ(連弾版初演)
デュカス(ロック編曲):交響詩「魔法使いの弟子」
リムスキー=コルサコフ(作曲者編曲):スペイン奇想曲 作品34
   (デュカスとリムスキー=コルサコフは9月5日のみ演奏します)

2020年3月 3日 (火)

長野公演延期のお知らせ

3月5日のデュオ・長野公演は、
主催者の「熟考に熟考を重ね延期に。」というご連絡をいただき、
延期をさせていただきます。

Konjoran コンジョーラン

現在のところ7月上旬に、同プログラムで開催予定です。

2020年2月29日 (土)

コンサートの行方

3月13日(金)14日(土)のコンサートに関する現在の状況です。

2月26日(木)のメッセージ、
「多数の人が集まるような全国的なスポーツ、文化イベント等については
今後2週間は中止、延期または規模縮小等の対応を要請することといたします。」
を、受けまして悩みに悩んでおります。

現在のところ、会場のテッセラさんには「どうぞ!」とGoサインをいただいております。
私たちとしては、開催できるとしても少しでも安心してご参加いただけるよう、
衛生面での対策と準備しております。
(具体的な事に関しまして、ご予約いただいている皆さまからのご質問を受け付けております。)
70席限定であり、「ご参加くださる皆さまとご連絡が取れる状態」ならではの可能性を考えておりますが、
今後の状況によって、中止もしくは延期せざるを得ない場合は

石田多紀乃のホームぺージ http://takinoishida.com/
もしくは、こちらのブログ http://aiharada.air-nifty.com/

そして、既にご予約いただいている皆さまには個々にお知らせさせていただきます。

もし開催の運びとなりましても、当日発熱等でコロナウイルスに不安をおぼえて欠席されるお客様には
モチロンご返金させていただきます。

まさに3.11が初回だったこともあり、毎年コアに応援してくださる皆さまが本当に多いコンサート。
大切なみなさまにご迷惑にならないよう、可能な範囲で正しい知識を得て判断する所存です。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

2020年2月22日 (土)

第27回バソンの会 in OSAKA

楽しみにしていた日がやってまいりました!
新大阪のムラマツリサイタルホールの扉をあけると・・・

聴こえる聴こえる!

個性のカタマリ、バソンの音が。

舞台袖も・・・
Img_20200222_162904 姿も個性的バソンたち

こんな姿も!

Img_20200222_163017 傘立てに…

なんでも、「ちょうどいいから」とのこと☀

この大らかなメンバーから奏でられる音は、本当にひとりひとり違う。
お供をさせていただいていて、
ワクワクするったらありゃしない。
そして、ソロはモチロンだけど、バソンアンサンブルも。

Img_20200222_153132

オルガンのような響きだ。
今回は、ハープの譜面をいただき1曲仲間に入れていただいた。
(フランス人の手書きペダルが読みにくい…)
なんと幸せな事か。

今回は曲もさまざま。

Img_20200318_095501

まさかの事態も、とにかく「バソンが好きだ!」という
エネルギーにあふれるみなさんのおかげで乗り切りました。

Img_20200222_195925 終演後

すてきな赤い薔薇とともに。
なんでもモナコからの特別なものだとか。

そして、今回も撮らせていただきました。

Img_20200222_200258 クランポンのマーク付き

日本にも数本しかない、コントルバソン。

とにかく個性のカタマリ「日本バソンの会」
こんどは5月のマスタークラス。
楽しみです!

2020年2月 4日 (火)

いつのまにか・・・

毎年3月に行っている、デュオの東京定期公演。

2020duo

いつの間にか、チケット発売日が過ぎ去っておりました💦

毎年応援してくださる皆さまからのお問い合わせで
ハッと気がつく今日この頃。

 20ken おいしそうな14日のチケット色。

3月13日(金)19時開演
3月14日(土)14時30分開演

両日とも、三軒茶屋駅徒歩1分のサロン・テッセラさんで行います。
トーク付きの(去年は朗読も。あ、ことしも13日はアリ〼)コンサート。
今年で10回目を迎えます!
是非、お越しくださいませ。

70席ですので、事前にご予約をお願いいたします。

2020年2月 2日 (日)

ミックスジュース

昨夜は最終で神戸へ。

Img_20200201_224211 ここはどこでしょ?

新神戸駅改札を出たところに、ピアノが。
2年ほど前、福山駅の改札内でグランドピアノを見ましたが、
とうとう神戸にも。

今日は、神戸市北区で本番、通称ミックスジュースだ。

Vill 本日のプログラム。

前半は ベートーヴェン生誕250年にちなんで。

ベートーヴェンの作品1-1のトリオは、
ボンからウィーンに出たころの作品で、アイデア満載。
弾きながら、そのトリックに自分がはまりそうになる。

後半は、フランス。
後藤さんのまさに美しい音並び、聖子ちゃんのふくよかな音に
思わず聴きいってしまい、弾くのを忘れそうになるほど。

そして、最後はなんといってもマイスタージンガートリオ。
学生の頃勉強したことが、途中から湧き出てきて
とっても不思議な時間。

満員御礼のお客様にお越しいただき、ありがとうございました!
それにしても、ここのお客様は音楽や、音そのものに対するこだわりをお持ちです。
色々お話をしていたら・・・

今回は肝心のミックスジュースを撮り忘れた💦
お味はやっぱりピカイチ!でした。

さぁ、明日からもばんがる。

2020年1月24日 (金)

藝大ミニコンサート2020 in Ugo

今年もこの日を迎えることができました。

84391785_2797256763696973_29326489558439

雪のなかたくさんの方々にご来場いただき、
たくさんの勇気をいただきました。
今回も、ベートーヴェンの第九をはじめ、
歴史をしっかり背負う羽後町だからこそできるプログラム。
そう信じて、演奏者はモチロンの事、
ご参加くださる皆さんのご協力なくては
成り立たないプログラムとなりました。
プログラムに楽譜も挟み、

「ドイツ語歌いたいけど、見えない!」

など、忌憚なきご意見をいただきながらの120分。
たくさんのエネルギーをいただいた時間でした。

84466068_2797252293697420_50210823397368 終演後

14人の吹奏楽部員のみなさん。
そして、受験生の受け持ちで大変な中、
ご尽力いただいた佐々木先生のおかげで、
普通では考えられないプログラムを実現できました。
14人しかいないから。ではなく、
この14人としか出来ない演奏会をしたい。

そんな無理難題を提案し、なおかつ背中を押してくださった素敵な皆さま。

83156041_2319869324830918_48686551701724

おもえば、今年の中学3年生は
初年度から一緒に舞台を踏んできた皆さんでした。
夏と冬に少しずつ仲良くしていただき、
その積み重ねがあってこその今日でした。

私たちにとって、年々の積み重ねはクラシックそのもの。
ここでしか実現できないことに向き合える幸せに
たくさんのエネルギーをいただきました。

また、素敵なみなさんとご一緒できますように。
ありあとうございました!

2020年1月23日 (木)

羽後町2020

楽しみにしていた日がやってきました。
秋田へ!

この冬にも、羽後町にご縁をいただきました。
例年より雪が少ないというより「雪がない!」と聞いておりましたが・・・

20200123152122_p

本当に雪がありませぬ。
それでも、湯沢から羽後町に行く途中には・・・

20200123152945_p
少しずつ雪景色も。

夕方、羽後中学校へ。
Img_20200123_161809
ついてビックリ!いつもなら1台で運べる楽器が
その量をはるかに超えていた。
なんと第九もティンパニーにチャレンジしてくださるとか。

わぁお。

我々も驚きつつ、とってもうれしくて搬出のお手伝い。
トラックの荷台にティンパニーやドラムを載せて会場まで運ばれていく様は
壮観!

さて、会場についてさっそくセッティングとリハ。

Img_20200123_173348

総勢14名の羽後中の仲間たち。
なので、1年生であってもみんなほぼソロだ。
年末年始にそれらの事を考えて編曲したとはいえ、
やはりやるからには大いなる遺産にみんなで向き合い、
今持てる力を出せる状況を作っていきたい。
というわけで、明日のコンサートにむけて真剣にリハーサル。

あっという間に、お迎えの19時30分になってしまいました。
そう、登下校にはご父兄や送迎バスが必要な地域、
たくさんの方々のご理解をいただいて、明日を迎えます。

20200123154148_p

前半は、オリンピックイヤーにちなんで。
後半は、ベートーヴェン生誕250年をお祝いするプログラム。
会場の皆さんにもご協力いただき、最後はみんなで歌う予定です。

是非!お越しくださいませ。

2019年12月25日 (水)

第38回クリスマスコンサート

朝からいつものようにセッティング。
少し変わったことといえば、
今年から搬入の時間が30分ほど遅くなった。

しかし!仕込みの時間が短くなろうとも
舞台スタッフさんとのこれまでの積み重ねと信頼は絶大。
正午過ぎに音出しが始まってからは更に、
大里ファミリーのあうんの呼吸に助けられ
どんどんリハが進む。

いつもながら、あっっっっという間に本番。

Img_20191225_183603 
バッハのドッペル

Img_20191225_192822
バルトークのルーマニア民俗舞曲。

今年も小さな子どもたちから大きな子どもたち?まで
一致団結。

最後は、おなじみクリスマスキャロル。
今年は特に、小さな子供たちが多く、
舞台袖で待っているだけでも、ニコニコ。
みんなとってもかわいい。
教えていた生徒さんのお子さんも舞台デビュー。
時のたつのは早いなぁ。

このコンサートを迎えるたびに、いつも
地球の仲間、そして天界の大切な存在に
こころからの笑顔と感謝があふれる。
また、来年!

Img_20191226_102824 かわいいメッセージ。

変曲でしたか!?
歌ってくれるお子さんの気持ちを考えながら
あーでもないこーでもないと工夫を重ねて編曲したのは
私ではなく、もう大学生となった大きな生徒さんデシタ。

より以前の記事一覧

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo

コンサートのご案内

  •  <ピアノ・デュオ・リサイタル>

     ~石田多紀乃・原田愛~
    【長野公演】7月上旬に延期
    【東京公演】9月4日(金)5日(土)に延期


  • <中止・バソン・マスタークラス>

    ~フィリップ・ベルトラン
    5月5日(祝)中止となりました。


  • <中止!アンサンブル・ヴァリエ>

    ~アンサンブル・ヴァリエ音絵巻~
    5月3日(祝)中止となりました。

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ