2017年12月 7日 (木)

長野へ

かがやき513号 東京→長野

授業後、16時頃まで成人式コンサートの打ち合わせをしたのち
東京駅へ。

19時過ぎ、長野市芸術館に到着!

いやぁ何年振りのおサル室内楽だろうか…
メントリ(メンデルスゾーンのピアノトリオ第1番)を取り組んだのは
彼らが、小学4年生と中学1年生の時。

今や身長も抜かれてしもうた。

いやぁ、嬉しいなぁ。
またこうして、一緒に演奏できるなんて。

譜めくりは、SORAくんが。
彼にピアノパートを変わってもらう日も近いかなぁ。

いろんな思い出と共に、明日コンサート。

以下、コピペですが詳細です。

発表演奏会&スペシャルゲストコンサート

303Cafeでのイベント、
音楽・医療関係本の読書会の参加者さん、
音楽サロンや、ピアノ教室に参加してくださっている方、
何らかのご縁で繋がりのある方による発表演奏会を開催し

ます。

■日時
2017年12月8日(金)
17時30分開場 18時開演
入場無料

■お問合せ
090-8687-2924(たじま)

ワリワリのデュオは19時15分頃からの予定だそうです。

どうぞお越しくださいませ。

<番外編>

芸術館1階 22時前…
Dsc_2857 ん?

珍しいダブルケースの姿が。チェロとヴァイオリンの持ち替え!?
優しいにいちゃんです。
明日も明後日もお世話になります。
いつもありがとう。

2017年11月12日 (日)

須磨

目が覚めると。

つい6時間前にはつぼみだったハイビスカスが…

Dsc_2670 開花!

今日も、いい日になりそうだ。
この花の主、聖子ちゃんはとってもパワフルな人。
きっと、お花にもエネルギーが伝わるんだなぁ。

神戸でのお仕事の後、今日の本番は須磨。

Gotoh

と。
やっちまった…
気づいたら、美しい瀬戸内の夕暮れが。
おもわず見とれていた。

っということは!?

ハイ、明石までもう停まりません。
しまった。

見事な夕日をバックにした明石海峡大橋たもとを往復して
何とか須磨に到着。
遅れて申し訳ございませんデシタ!!

今宵は不思議なトリオ。
ヴィオラ・チェロ・ピアノだ。題して、

「秋の夜長の三重奏」

低音トリオ。
しかもメンバー全員が熊に関係している。
(さぁて、なんでしょ?)

これだけでも、けっこうおもしろいと思うけれど、
名古屋からすんばらしいゲストさまも合流。

バッハの無伴奏、そしてシベリウスもバルトークも。
盛りだくさんなプログラム!
最後には、「枯葉弾ける?」という言葉に誘われて
半分しか知らない曲も即興で弾いたような・・・

いやぁ、楽しかった!
このメンバーとしかできない音楽だもの。

個性派ぞろい揃い踏みの夜デシタ。
お付き合いいただき、ありがとうございました。

このメンバーで、12月1日も演奏予定。

Goto2

是非、お越しくださいませ。

2017年11月11日 (土)

良い天気に…

今年はよい天気に恵まれました。

お昼前に会場のスマイルの敷地内に入ると、
子どもたちがお仕事している姿が!

清掃からチラシ配り、催しもののご案内など
子どもたちが主体の「ミニずしシティー」。

Minizusi

私たちが演奏させていただく会場には、
なんと、日本楽器時代の鍵盤象牙のピアノがありました。

Dsc_2665 この色合い

いろんな方々の思いがにじみこんだ鍵盤。
そんなピアノとともに、コンサート。

ミニずしシティーにちなんで、地球シティー?探訪。

Zushi2

ピアノの歴史のお話とからめて、演奏させていただきました。

演奏していて、やっぱり NIPPON GAKKI の意味を考える。
というわけで…

Zushi1

こうなりました!

こどもたちの生き生きとした目は、
わたしたちにとって宝物です。

また、みなさんとお目にかかれますように…

終演後には、こどもたちの御点前お茶をいただきました。
季節の柿を模したお上品な和菓子に、お抹茶。

御丁寧にごあいさついただきありがとうございました。

さて、今夜は大阪で合わせ。
というわけで、逗子の教え子さんが持ってきてくださった

Dsc_2667

亀焼き?とともに新幹線へ。
甘すぎず、縁起も良く!おいしい。

Dsc_2669 小田原辺りより

明日はどんな日になるかな…

2017年11月10日 (金)

ミニずしシティー

盛りだくさんの秋が続いて、
すっかり更新が滞ってしまいました。

10月は、本当に移動と本番の多い月でした。
2日に1回は舞台に上がっていたような…。

時間が取れたら、少しずつ過去を振り返って
この1ヶ月を更新したいと思います。

さて。

明日、逗子市でデュオとして演奏させていただきます。

Smile

会場では1日、子供たちが主役の
「ミニずしシティ」が繰り広げられているそうで、
私たちのコンサートも、子供たちが運営してくださるとか。

次の世代とともに、コンサートをさせていただけるなんて!
とっても嬉しい限り。

ワクワクです。

是非、お越しくださいませ。

2017年10月22日 (日)

第14回コントラバス独奏演奏会

台風が接近している中…

Dsc_2594

朝から続々と集まるコントラバス!

甲斐澤バス・ファミリーによるコンサートの日です。

雨の中、コンサートにお越しいただいたみなさま、
本当にありあがとうございました。

Bassfamily かわいいプログラム!

今年はいつもに増して、大きな曲が多く
なんと、コントラバス・デュオによる力演まで。

2時間半にわたって、コントラバシストのみなさんによる演奏が
繰り広げられました。

いやぁ、贅沢な時間。

こんなにたくさんの個性とご一緒できるなんて。

そして、最後には。

一緒に演奏してくださったみなさんお一人お一人から
赤い薔薇をいただいてしまいました。
しかも、耳には甲斐澤先生自ら演奏してくださる
「愛の賛歌」の温かい調べ。

もうビックリ…

Dsc_2595_2 小さなお手てからも!

スタッフのみなさんも、演奏家のファミリーのみなさんも
みんなで作るコンサート。
甲斐澤バスファミリーは、とっても大きなあたたか家族。

幸せな時間の仲間に入れていただき本当にありがとうございました!

また、みなさんとご一緒できますように。







2017年10月20日 (金)

歌で広がる輪

今夜は、いよいよワークショップ。

お昼、標高1400メートルから山をおりていく紅葉前線をとともに
長野市内の長野芸術館へむかいます。

おりしも、会場と同じ建物では
衆議院議員の期日前投票が行われており、てんやわんや。
あやうく、メディアの出口調査につかまるところでしたsweat01

そんな中でも、心温かなスタッフのみなさんのおかげで
順調にリハが進みます。

Uta1_2 photo by Hikaru kun

そして、いよいよ本番。

客席のお客様の中に、普通に座っていた竹内くんが突然

「おぉーそぉ~れ みぃおぉ~!」

と歌い始め、見事にカタマルお子さんも。

そりゃぁそうです。
隣に座っていたお兄さんは、
どんな大きなホールでもオーケストラをバックに
マイク無しで歌うオペラ歌手ですから。

前半は、発声のしくみのレクチャーとともに
実際にみんなで歌ってみるワークショップ。

一番よい発声をしているのは、赤ちゃんなんだとか。
なので、今日は赤ちゃんの泣き声もあふれるパワーも大歓迎。

呼吸のしくみの実践では、園長先生や女の子たちにも
ご協力いただき、嬉しい限りでした。

Wao_2

みんなで歌う曲に取り上げたうちの1曲、
「ゆうやけこやけ」。

この曲を書いた草川信さんの直筆楽譜や
使用していた楽器の展示が、同じ建物1階にあります。
ゆかりの作曲家の作品を歌うことも、とても感慨深い時間でした。

後半は…

ミニ・コンサート。
今日は夜ということもあって、我々もフォーマルで。

日本語の美しさをお伝えしたく取り上げた日本歌曲。

そしても、もちろんイタリア歌曲も。
「私は家を建てたい」
では、お客様に真剣に歌いかける一幕も。
(受け止めていただき、ありがとうございました!)

そして、最後はオペラ。

Uta2_2 カルメンより~花の歌~

コンサートの最後に、希望される方には
舞台上でもどこでも、自由にきいていただきました。

それは、演奏家の体の使い方や息づかいなどを
身近に観察していただきたかったからです。

すると…
子どもたちのほとんどが舞台に上がってきてくれてビックリsnow

すごいなぁ。

興味を持つ力は、生涯エネルギーになっていきます。
私たちも、たくさんエネルギーをいただきました。

あっというまのひととき。

ご来場いただいたみなさま、ともに歌ってご参加いただき
ありがとうございました!

そして、さいごになりましたが
企画いただいた303Cafeの田隝加代子さん、
(17日ブログ後半は加代子さんの文章です。後日の報告ページ
ボランティアのみなさま、

Dsc_2584 プログラムも素敵な手書きshine

リハから音響を注意深く聴いてくださったおサル兄弟の仲間たち

他にも、それこそ世代を越えて
たくさんの皆様にお力添えをいただきました。

本当にありがとうございました!!

また、お目にかかれますように・・・

2017年10月17日 (火)

声の和をつなごう!

いつも大切に思っていること。
世代や立場をこえて伝えていくべき事と向き合う機会を
今週の金曜日、長野でいただきました。


今日は、その最終合わせ。

Utaouawase_2

日本の歌では、改めてその日本語の美しさに心を寄せ、
オペラアリアでは、オーケストラの音色を連弾で表す試みを
などなど。
あっという間に時間は過ぎ去りました…

今回は、生まれたばかりの愛娘のパパ竹内くんが
「よい声」の仕組みのレクチャーと共に
参加者みんなで、しっかり歌う楽しい時間をサポートします。
是非お越しくださいませ。


歌って健康!三世代でつなぐ声の和
〜ワークショップ&コンサート〜

2017年10月20日(金)
18時開場、18時30分開演
長野市芸術館  アクトスペース

赤ちゃんも大歓迎の体験型スペースです。
家族一緒に歌った思い出は、一生の宝!
声を出すこと、呼吸すること、表現すること、
生き抜く力につながります。

世代を超えて、長寿の信州から、
この日の【新月】という宇宙のリズムにのって、
どんなメッセージを、誰にとどけようかな。

お子さんに、子守うたを歌っていますか?
家族みんなで歌える曲は、ありますか?
リアルな音楽を、赤ちゃんの頃から体感していますか?
オペラ歌手の声の秘密を知って、生活の中で役立ててみませんか?
マイク無しの生声と倍音をあびて、皮膚から聴く、第三の耳を使って感覚を研ぎ澄ませてみませんか?


あなたは、誰とでかけますか?
このイベントに参加して、誰をハッピーにする?
そのために、一緒に歌いませんか?


当日までの楽しい関連イベントや詳細その他、
追い追いアップしていきます。
お楽しみに!

当日は、
声の歴史や、身体の仕組みなどのレクチャーや体験。
世代をこえた歌の交流と、お役立ちミニ講座、
本格的なオペラ楽曲やカンツォーネを全身で聴いたり、後世に伝えたい日本のうた、心のうたをともに味わうなど、盛りだくさんな内容です!

通常ならば、未就学児が入場できなかったりするコンサートも多いですが、
堅苦しい演奏会とは違い、どんなに小さなお子様でも、赤ちゃんでも、ご参加いただけます。

また、子どもだから、わかりやすい曲を!という内容ばかりのプログラムではなく、芸術性の高い楽曲の演奏も含みます。

子連れ歓迎で、この時間?
どうして昼間じゃないの?
と思われたかもしれません。

はい。

ママと赤ちゃん、祖父母、仕事帰りのパパ、
世代をこえて、お互いに協力してこども見ながら、
チームワークで参加してほしい気持ちがあるからです。

もちろん、ママと赤ちゃん2人でも、
気軽に、お一人参加も大歓迎。
教育関係者、医療福祉の現場で仕事をされていて、音楽に関心がある方も大歓迎。
シニア世代もウエルカム!!


東京都内や都市近郊で開催した場合、
この出演者と内容で、こんなに安い参加費でいいの?と言われてしまうかもしれません。

しかし、今回、この参加費用で設定し、
長寿の国 信州で、健康につながる音楽の空間を試みるには、理由があります。

それは、なるべくたくさんの方に、気軽に足を運んでほしい。
そして、より多くの方に、体感してほしいからです。

これからの未来、人工知能との付き合い方を模索していくと同時に、
本来、わたしたち皆が既にもっている、自然から授かった力や、人間力、創造力などを、
リアルな体験、対話、共振共鳴をもって、
呼び覚まし、もっと育てていく必要があります。

自然のリズムに同調しながら、自分らしいリズムで、自分自身の人生を奏でるために、

また、仲間と分かち合う体験を通して、
より豊かな毎日を、今この瞬間を生きることを味わうために、

ぜひ、この機会に、たいせつな方とご参加ください。

《参加費》
大人 1800円
こども(高校生以下すべて) 500円
赤ちゃん(0歳児)無料
ペア(大人とこども)2000円

《お申し込み》
フェイスブックのメッセージから直接メッセージを送信。または、下記アドレスか、電話へ、
お名前、
連絡先電話番号、
人数
以上をお知らせ下さい。
折り返し詳細の連絡を差し上げます。

《出演》
竹内俊介 (テノール)
石田多紀乃(ピアノ)
原田愛(ピアノ・作編曲)



《ボランティア、お手伝い募集》

当日、あるいは事前準備などお手伝いしてくださる方を募集中。
ピン!ときた方、ご質問等はメッセージからご一報ください。
よろしくお願いします。

●チケット購入はこちら
URL: http://ptix.at/UXAoqw

●お問い合わせ
090-8687-2924
kayokolabo@gmail.com
担当 たじま加代子

2017年10月 8日 (日)

コントラバス・ウィーク

10月1日に開幕したコントラバス・ウィーク!

本日は、コントラバス奏者甲斐澤先生と
門下生の皆さんによる演奏会のリハーサル。
お部屋の扉を開けると…

Dsc_2548 壮観!

ずらりとコントラバスが並びます。

なかなかみられない光景に、
なかなか体験できないコントラバスに奏でられる音楽。

今年は更に力が入って、コントラバス・デュオも。
コントラバスでソロ曲を演奏しようという
個性豊かなみなさんとご一緒できる時間は
色んな世界を旅しているようで本当に幸せ。

そして最後には…
甲斐澤先生によるプロトのカルメンファンタジー全曲。

毎年、先生自らの力演にたくさんのエネルギーをいただいております!

お昼に始まったリハーサルも、終わったら20時前。

アッという間でした。

コンサートは2週間後。

Dsc_2549

個性的なみなさんに会いに、ぜひお越しくださいませ。
すぐ隣の海の見える丘公園も、薔薇が満開です!

2017年10月 2日 (月)

優しい時間

思い出の学年。

言葉にはしないけれど…
音で、音楽で一緒に取り組んでいく過程が
ひとりひとりの人生そのものだった学年。
あれから、何年たつのだろう。

そんな仲間の一人、吉田優さんのリサイタルです。

Yoshidakun

クラシックから、ジャズまで。
バッハから、2017年新作も。

彼にしか見えない世界に、お供させていただきます。

なにが見えるかな…

楽しみです。

心優しき空間に、
是非、お越しくださいませ。

2017年9月 9日 (土)

街の小さなコンサート46

月曜日からドンガラガッチャンで
ギリギリになってしまいまいたが
コンサートのご案内です。

Machi46 ぼやけていてごめんなさい。

大先輩の先生である、古曽志洋子さんが
長年手作りで続けてこられたコンサートに
参加させていただきます。

フランスの小さな町、ポワティエに滞在中、
夕方になると町の人たちが教会にお出かけし
そこで催される若者たちの演奏に惜しみない拍手を送る姿をみて
始められたのだとか。

今回は、フルートとホルン。
二人の若き演奏家とともに、
さわやかな日曜日の午後を過ごしませんか。

もれなく、
「ひと昔前はワカモノだった・デュオ」
が、ついてきます!?

より以前の記事一覧

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コンサートのご案内

  • <石田多紀乃 原田愛 ピアノ・デュオ>

    石田多紀乃 原田愛 ピアノ・デュオ
    12月9日長野県白馬村

  • <Strings Goto & Klavier Ai>

    ~Strings Goto & Klavier Ai~
     12月1日神戸・三宮ピアジュリアン

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ